[プレイ日記]逆転検事その4 だらけまくり↓

逆転検事(通常版)

逆転検事[NDS] - カプコン



たぶん最終話の第5話プレイ中。
終盤に入っていると思うんですが、これどのくらいの長さがあるのかがわからないシステムだなぁ。

かなり・・・・・・・・だらけてきた↓↓↓↓↓↓↓↓

真相に近づいてきたとかいうアレだろうにだらけてきたコレ。

ダラダラ続いててぐったりしてきたので、結構放っておいてる期間が長かったりする。
あっというまにクリアして売るつもりだったのに・・・


一応追記でだらーっとネタバレありかも感想を。

スポンサーサイト
テーマ: 逆転検事 | ジャンル: ゲーム

[プレイ日記]逆転検事 その3・・・ちょっと↑

逆転検事(通常版)

逆転検事[NDS] - カプコン



ちょっとテンション上がってきたかなーな、
今4話序盤。

2話までは全然テンションが上がらなかったけど、
3話からやっとメインキャラ?が登場してテンションが上がってきて、
4話でファンサービス・・・

ミツルギスキーなら、 とりあえず4話だけでも満足できるに違いない・・雰囲気です。


シナリオ・キャラクターのほうは少しテンション上がってきたけど、
システムについては評価は変化なし。相変わらずだらだら続いている~。

てなわけで、いまんところ、
ミツルギファンにならばっちりオススメできます(笑)

テーマ: 逆転検事 | ジャンル: ゲーム

[プレイ日記]逆転検事 その2・・・ぐぅ

逆転検事(通常版)

逆転検事[NDS] - カプコン



土日はアクティブにでかけていたので検事さんはほったらかしでした。
というわけで今朝ちょっとぶりにプレイしまして、2話をほぼ終了しました。(2話のエンディング部分に入ったところでやめてきた)

えっとねー
簡単に言うと、やはりまだ私の予想は覆されないまま、ダラダラしたゲームが展開している感じです。
まだまだ燃えないです。


あとはネタバレあるかもしれないから追記にします。

テーマ: ニンテンドーDS | ジャンル: ゲーム

[プレイ日記]逆転検事 その1・・ローテンション

逆転検事(通常版)

逆転検事[NDS] - カプコン



ついに来たよ、みつるぎが。

以下はネタバレしてないけどテンションの低いプレイ日記です。

なんかあんまりやる気ねー・・・とか思いながら(失礼)
昨日の夜からプレイ開始。現在は第2話の序盤です。



で、1話は・・・・・・・・

だるかった・・・・・・・・


かなりだるかった・・・・・・・
まあ、毎回一話は簡単でだるい設定になってるのが逆転シリーズなんだと思いますけども、しかしむしろあんまり簡単って気もしなかったというか・・・。

微妙に、これは何を選べば?????? っていうのがありました。
逆裁てけっこうそういうのあったりしますよね。いいたいことがわからないとき。
このシリーズは、単なるクイズと言うよりも、テキストに誘導されながら言いたいことを推理していくってかんじなので、その誘導についていけるかついていけないか・・・が スムーズなプレイが出来るかどうかに繋がる。と思います。
読み進めて選んであげるっていうか。自分が答えを作り出すわけじゃないんだよね。

だからちょっとついていけないところがあった、という。
まあそれはシリーズにおいても珍しい出来事じゃないからいいとして!



新システムについてですが。

とりあえず1話だけやった限りは、

法廷パートがないのは やっぱり・・・だらーーーっとしてて、メリハリがない印象でした。
現場で不意に法廷パート的なのが始まるのかよ。
気分が切り替わらない。


ロジック(まとめる)システムについては・・
まずどのタイミングでまとめにはいればいいんだか???ってかんじで。
まとめる作業についても、なんだかぼんやりしていて爽快感がない。
現段階で疑問を繋げて考えをまとめるだけなので、これだあああ!ていうような段階じゃないかな?


現場に対して矛盾を突きつけるっていうシステムは、
・・・・・・ ぱっとしない。
とにかくこれら新システムが、ずっとつながったままだらだら行われている感じがして、
それぞれのシステムが独立していなすぎる。
と言う印象でした。


こうして考えるとやっぱり、今までのシステムでは、サイコロックが一番、見た目も素晴らしいし緊張感があって、面白かったなあーって思いました。あれはドキドキさせられた!突然 じゃらじゃらーー!ってなると、ひいっ!!!!ってなってさ。シリアスさを増してくれたよね。

システムの見た目などを総合したアイディアとしては、今回のロジックはシリーズ中でも一番つまんないんじゃないの?という感じがいまのところします。とてもごく普通なんだもん。あってもなくてもいいんじゃないのかなという。
4の間違い探しシステムも、かなりだるかったけども・・・まだあっちのほうが、アイディアとしては作った価値があったかな。と。実際プレイしては面白くなかったけどさ。


まあ そのへんシステムの演出に関しては2話以降に期待することにしますか・・。



ちなみに、お話のほうは・・・1話は毎回先が見えてるのでつまんないのは恒例ですね。
でも今回は1話目からハッキリと、全ての物語が何に繋がるのかが提示されているのが珍しいかな???と思いました。
あんまりテンション・・上がんないけど・・;
面白いことになるといいですが。


キャラ的には、ミツルギの魅力を思い出していただこうと頑張っている感がありますが、やっぱりミツルギは主観で見るよりも、ライバルかつ友人として他者視点で見るほうがカッコイイかな・・と思います・・・;
でも苦手関係で頑張ってたりとか、たまに動揺したりとか、かわいいところは出してくれてます。


グラフィックは・・・・ドット絵にはやっぱり別に、感慨を覚えませんでした。
まあ細かいドット絵に、懐かしい魅力を覚えることはありますが、
ミツルギだからとか、逆転だからとか、そういうものはないなあー。
あと、恒例のやりすぎキャラクターリアクションは、4のときからもう辟易だったんですけど今回も・・どうでもいいやもう・・ってかんじ(汗) ばさばさうるさかった(やればわかります!)


すっげーテンション低いプレイ日記その1でした・・・・・・・・・
ふう・・・。
もっとミツルギもえしてプレイするように努力しようかな・・・今更か。
テーマ: ニンテンドーDS | ジャンル: ゲーム