[感想]ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く - 生田 哲



ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く
著:生田 哲



がんのビタミンC療法については、先日感想を書いた本「ビタミンCがガン細胞を殺す」で読んだのですが、風邪に対する効果は?ということで、この本も一緒に買って読んでみました。

こちらの本は、薬学博士である著者が、ビタミンCが効くという論文と化学的な機序を詳しく解説した本。
化学的・理論的にビタミンC療法について知りたい方におすすめです。

スポンサーサイト
テーマ: 健康 | ジャンル: ヘルス・ダイエット

[感想]自信を育てる心理学 「自己評価」入門 - ナサニエル・ブランデン



自信を育てる心理学 「自己評価」入門
著:ナサニエル・ブランデン



wikipediaの自尊心のページを読んでたら、すごく引用されてて、Amazonでみたら、評価も高いから買ってみました。
結果… もしかしてあれはステマ…だったのでは…などと思うくらい自分には合わない本でした。残念。


[感想]街道をゆく (2) 韓のくに紀行(朝日文芸文庫)



街道をゆく (2) 韓のくに紀行
司馬 遼太郎



ふと、
そうだ、街道をゆくが読みたかったんだ、と、思ったので、近所のブックオフでゲットしてきました。
それがまた、たまたま売ってたのがこの韓国紀行で、とても面白かったです。

[感想]ひみつの花園 アーティスト・エディション - ジョハンナ・バスフォード



ひみつの花園 アーティスト・エディション
ジョハンナ・バスフォード




大ヒットした大人の塗絵「ひみつの花園」の厚くていい紙で切り離せるバージョンです。
これは飾るのに最適。枚数も本バージョンよりも少なめなので、モチベーションが続く可能性もあります(笑)

私も買ってみて、本よりこっちのほうが後々のことを考えるといいなと思った。


先に海の楽園のほうを買って塗ってたんですが、ついついこっちも買ってしまったんですよ。で、今はこっちのほうが塗りやすいんで、海の楽園を放置中です…。

[感想]ラーマーヤナ(レグルス文庫)



ラーマーヤナ(レグルス文庫)
河田 清史 訳著



有名なインドの叙事詩「ラーマーヤナ」を、童話風に読みやすい言葉で短くまとめてあります。
縦長型の文庫版?で薄め、手に取りやすく読みやすいです。
なお、上下巻に分かれています。

そして内容も かなり面白かったです。
わたしのように、ラーマーヤナを手軽に読んでみたい方には大変おすすめです!


テーマ: 本の紹介 | ジャンル: 本・雑誌

[感想]パニック障害なんてこわくない! - ベヴ・エイズベット



パニック障害なんてこわくない! - ベヴ・エイズベット




オーストラリアの人気マンガ家さんが自分のパニック体験をもとに、パニック障害の心構えを、イラストとシンプルで明るい言葉づかいで書いた本。

表紙にあるイラストがこの方の絵です。本全体にコミカルな絵がちりばめられています。
コマ割りされた漫画になってるわけじゃないけど、文字も大きくて少ないし、横書きだし、文章には必ずイラストがついてるかんじで、漫画っぽいとも言えます。

とても気楽に読むことが出来る本です。


テーマ: 心と身体 | ジャンル: 心と身体

[感想]才能の見つけ方 天才の育て方~アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ



才能の見つけ方 天才の育て方~アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ
著:石角 友愛



ギフテッドとは、先天的な才能を持った人のこと…らしいのですが…
この本を読んでも、一体ギフテッドとは何なのか…ということは結局よくわかりませんでした。

わかんないけど、わたしはとにかく、ギフテッドとは「天才」のことではない、と思います。
この本に「育て方」とあるように、たしかに、育て方次第で「天才」になる人もいるとは思いますけどね~。


この本は、親の視点から見たギフテッドの特徴と育て方を、アメリカでの教育を中心に解説しています。
ギフテッドの子供を持つ親御さんには、おすすめの本だと思います。


[感想]ビタミンCがガン細胞を殺す - 柳沢厚生



ビタミンCがガン細胞を殺す
著:柳沢厚生




どうしても風邪を早く治したかった時にネットを検索したら、風邪にビタミンCを大量に飲むと効くという話が出てきました。
とりあえずビタミンCサプリを買って飲んでみましたが、早く良くなったかどうかは不明でした…

先日読んだプラシーボ効果の本「抗うつ薬は本当に効くのか」を兼ね合わせて考えると、ビタミンCにもプラシーボ効果があるのではないかと思ったんですが、がん治療にビタミンC大量投与という方法が有効という本がいくつか出てきて、興味を持ったので読んでみました。


[感想]「あの世」からの帰還―臨死体験の医学的研究



「あの世」からの帰還―臨死体験の医学的研究

マイクル・B・セイボム



心臓のお医者さんが患者などからインタビュー調査した「臨死体験」についての研究の本です。
非常に懐疑的な立場から研究を開始していて、件数は100件程度と少なめながら、科学的な手法で分析されています。

テーマ: 死後の世界 | ジャンル:

[感想]抗うつ薬は本当に効くのか - アービング・カーシュ



抗うつ薬は本当に効くのか - アービング・カーシュ



プラセボ(偽薬)と抗うつ薬についての分析研究を行ったアービング・カーシュさんの本。

処方されている抗うつ薬も、その効能の大部分がプラセボ効果だ、というびっくりな内容です。