[感想]ファイアーエムブレム 覚醒



ファイアーエムブレム 覚醒

個人的おすすめ度:rating_46.gif(でも、気に入ったキャラがいれば楽しめます)

予想以上に軽いシナリオで恋愛を楽しめるシミュレーションRPG(笑)



プレイ時間50時間超、だいたい遊んだので感想。

ファイアーエムブレムというと、仲間が死んだら生き返らない難しい戦争シミュレーションRPGと思ってたんですが、そうじゃなかったという作品です。
難度はお望みなら難しいものを選ぶことが可能ですが、シナリオについては重たい戦争は期待しちゃだめです。

キャラクターは、いろいろ好きにカップリングして、恋愛会話を楽しめます。マイユニットも登場キャラクターと結婚できます。このキャラが好き!とか、このキャラを組み合わせたい!というのがある方におすすめです。






一応ネタバレ無しで感想です


まとめ


・話が薄い、軽い、納得出来ない、あっさり終わる
・すべてのキャラの個性が異様に強く、しかもどこかで見たようなキャラづくりで、浮ついた印象を受ける
・ゆえに、シリアスな展開のつもりでも、全然そう感じられない
・美男美女しかいない、中年~老年キャラがほとんどおらず、色んな意味で違和感を覚える
・好感度を上げると発生する支援会話がかなり多く、やりこめる
・キャラクター同士結婚させられる。特に主人公(マイユニット)は異性をすべて攻略可能
・ストーリーと関係ないバトルでキャラをどんどん強くできる。主人公無敵な感じにできる
・簡単・死なないモードでプレイでき、疲れた社会人にも優しい
・音楽が壮大で豪華だが、壮大過ぎて薄っぺらい本編に合わないと思うのは私だけでしょうか
・アニメが表情豊かでキレイで素晴らしい!
・ボイスは思った以上に少なくて、もったいない…
・有料のダウンロードコンテンツが本編よりも10倍感動的だった…救われた
・無料の追加配信コンテンツは、本編よりちょっとむずかしいので、簡単モードでもやりがいがあった
・好きなキャラクターがいれば、きっと楽しい





シナリオ


ストーリーの重要部分全部ネタバレ状態(wikiで読んだ)で、アマゾンの酷評をたくさん読んで念頭に置いて遊んだにも関わらず、あまりにも薄っぺらい展開・演出に、非常にうんざりしました。予想を上回る薄っぺらさでした。どうでもよすぎて…というか、目も当てられずというか、そんなかんじで、セリフを半分読み飛ばし続けました…。自分としてはここまで期待値を下げてプレイしたのに、それでも残念な気持ちになるとは…想像以上でした。

ん~~~、まあ、ネタバレしてなきゃ、もうちょっと注意深くセリフを読んでいたとは思うけど、展開に説得力がない苦しみは更に強かっただろうなあと思います。とにかく説得力に欠ける、こういうのどっかで見たな…っていう展開の連続で、ほんとに辛かったです。
シナリオに期待して購入した人だったら、ほんとにがっかりしたと思います。

設定自体は王道ではあるけど熱い展開になりそうな設定だったのに、演出やセリフやキャラクターや…のせいで、全然厚みが出せなかったのが残念、とてももったいなかったです。もっとキャラクターの感情を描いたり、もっと説得力ある脇役をたくさん登場させたりしたら、だいぶ面白いゲームになったと思います。

しかし、有料のダウンロードコンテンツ「絶望の未来」で描かれるもう一つのエンディングは、本編のシナリオをある意味で補完したような感じで、泣けました。こういう話だったら良かったのに…という思いが相まって、非常に感動しました。私の中では、あの話を中心にすべて作りなおした完全版なストーリーが脳内に展開し…すると、すべてが許せる気がしてきました。この体験がなかったら… … このキャラデザが好きな方で、なにか好きなキャラがいる方向けの、やや残念なキャラゲー、としか言いようがなかった。
ぜひ、ダウンロードコンテンツの「絶望の未来1~3」をプレイして下さい。そこで初めて、真のエンディングが見れる!



キャラクター


キャラクターの作りは、アマゾンの皆さんの評価を読んでるとほんとそうだよな~って思う表現が多いのですが、「出落ち」で、「記号的」です。どのキャラも出てきた瞬間から、「ツンデレ」とか「空気キャラ」とか「俺様」とか「ドジっ子」とかそういう個性を全開ゴリ押ししてきます。そういうのは意外な一面にするとすごく効果的なのに…登場した瞬間にそれを提示される…食傷になりそうです。
軍隊なのになんでこんなイロモノキャラしかいないんだろう…って思います。最初は特に苦痛を感じました、ほんとに。
しかも美男美女少年少女が9割。おっさん・熟女はほとんどいなくて追加で少し出るくらいな感じで、じいさんばあさんキャラは、脇役としてもほぼ出てこない…平均寿命短い世界なのかもだけど。おっさん・熟女がいるといないとでは、違うもんですよね、なにかこう、物語の厚みが…。それをこれほど痛感したゲームもあまり記憶にありません。

しかし、キャラ同士の支援会話を読み進めると、キャラクターの記号的な個性を逆手に活かした展開を見ることができるので、ある意味でこう、後ろから進んでいく新しい手法なのかもしれません。最初は強すぎるキャラ付けにうんざりさせられてても、支援会話を一個ずつ全部見て行ったら最終的にはどのキャラも愛せるようになるんじゃないかな。そんなかんじです。

…えっと、肝心の主人公クロム・プレイヤーの分身マイユニットも、そんなに褒められたキャラではないです。特にマイユニットは、自分の分身キャラ的なもんですが、わりと性格付けがはっきりしていて、意外と可愛くない・出しゃばり感が気になる、ような気が、します。自分の分身が「軍師」っていうのはあんまり良くない設定だったのかも。
主人公のクロムさんは…あんまり個性が活かせないまま話が終わりましたね。でも私はクロムさんのデザインがかっこいいからというだけの理由でこのゲームを遊んだので(笑)、あんまり気にならずに済ませられました。そうじゃない人にとっては、魅力の無い主人公に映るんじゃないだろうか…。


ゲーム部分


私はつかれた社会人なので、ノーマルカジュアル(カンタンかつキャラがロストしない)でプレイしましたが、失敗だったかなという気がします。確かにリセットしないで遊べて時間的には無駄がないのですが、メインシナリオはあまりにも簡単すぎて、達成感が全く無く、やりがいもなく、戦術もなく、記憶にも残らない、完全にゲームバランス崩壊…ここまで簡単だとほんとにやる意味ないってかんじでした。せっかくの、戦術ゲームとしての面白さが皆無になるほど簡単すぎます。
というわけで、あまりにも疲れ果ててゲームやりたくない…と言う人以外は、ノーマルカジュアルはやめたほうがいい、と思います。

追加配信マップや、絶望の未来(難度4)については、ノーマルカジュアルでも戦略を求められるので、面白かったです。
ん~ この手のゲームって、2~3度やり直すくらいじゃないと面白く無いのかもしれませんね!
私は簡単モードでしか遊んでいませんから、簡単じゃないモードで遊んだ時は、面白いかもしれません。


やりこみ


やりこみはすごいですね。兵種はたくさんあるし、スキルもいろいろあるし、しかもシナリオ進行と関係なくザコバトルを無限に遊ぶことができるんで、すごく強く出来ます。クラスチェンジ・クラスアップもアイテムが普通に売ってるんで無限にできます。好きなキャラを一騎当千国士無双の強さにすることが出来ます。

膨大な好感度会話(支援会話)もあるので、レベル上げと同時にそれを上げていくこともできて、やりこみはそうとう延々と楽しめるといえます。

私はたぶんメインシナリオだけなら30時間以内だったと思うんですが、クリア後も支援上げやらレベル上げやらしていたら60時間近いです…。ここまでやってもあまりに膨大な支援会話は、まだ半分も見ていないです。たぶん4分の1も見てないか…っていうくらいですね。それ全部見ようとしたら…時間が大変ですね。


支援・支援会話


キャラクター同士の好感度によってオープンされる会話で、特定の異性間では最終的にお付き合いとか結婚をします。各組み合わせ最大で4個の会話がありますが、一個もない組み合わせもあります。マイユニットはたぶん全員との会話が用意されていて、異性ならほぼ誰とでも結婚可能という、ギャルゲー仕様です。

会話の長さはそんなに長くなく、3~4個全部合わせて一連のストーリーになっています。すごく短いサイドストーリーってところですね。会話の質については、そんなに高くもないですが、組み合わせによってはちょっといい話もある。組み合わせによっては、実のない話もある(笑)
各々長くないものの、組み合わせが膨大になるので、会話数も膨大です。

それでも、個人的には、組み合わせによっては支援会話が一つも用意されていないキャラがあるっていうのがとっても残念でした…。主人公が全員との会話があるのはすごいけど、この二人は会話がありそうなのに…という二人が会話が無かったりするとがっかりです。また、支援レベルは会話をオープンするだけでなく、隣接とかダブル時のサポート効果が上がるわけで…用意されていないキャラはつまり戦闘においてもずっと協力しあえない状況なんですよね、仲悪いってことなんですかね。なんか寂しいです。

これだけ会話が用意されてるんだから、これ以上無理ってことだとは思うけども、あんまり仲良くならない組み合わせだとしても、1個位は会話があったらよかったなあ~と思います。

また、結婚の展開が突然すぎる印象があるのと、テンプレ感があるのがかなり残念でした。支援レベルはC・B・A・Sの順番で上がっていきますが、A(一番仲良し)とS(結婚)の間が…急展開すぎる。どれもこれも。というのは、Aまでならほとんど誰でも可能なので、Aまでは「強い友情」であって、Sが突然「恋愛関係」になってしまうからで、仕様上は仕方ないのですけどね…。
仕方ないのわかるけど、腑に落ちないのばっかでした。とつぜん「じゃ、結婚するか」とか「指輪は用意してある」とか、言い出すから…。………戦時なので、いつ命を落とすかわからないので、結婚も超特急、明日死ぬかもわからぬ身だから…結婚してほしい!ってことだ、ということにしておこうかなあ、と…思います。

このゲーム、キャラゲーと言われてもいますが、このあたりの繊細さがあったらほんとにキャラゲーとして秀逸だったんじゃないかなと、思います。キャラゲーじゃないから、不自然感も仕方ないと言われればそれまでですね。


グラフィックとアニメ


戦闘グラフィックは、発売頃に見た時はかっこいいな!と思いました。一人ひとりが戦う姿がちゃんと出てくるんで。特にクロムさん(ロード)の戦闘モーションはすごくかっこいい!!と思います。
しかし、なんかの都合上、足首より下がないんですよね。これは、気になりだすと致命的に気になります。立っている間は見ないように出来るけど、殺されて倒れた時とか…直視できません!! すごく残念でした。なるべく見ないようにしています。

また、顔以外は、性別と職業によって共通のモデルになっており、デザインも動きも同じ…このキャラがこんな格好するかな?とかこのキャラがこんな動きするかな?とか、体格が違う…んじゃ?という違和感がある場合があります。キャラの多さ・兵種の多さ故に仕方ないのだろうとは思いますが、クラスチェンジして楽しんでいると、新鮮味がなく残念な気分です。

イベントに挿入されるCGアニメは、数は思った以上に少ないのですが、素晴らしいクオリティでした。文句なし。特に目の表情が豊かな点に感動しました!! もっとアニメがたくさん見たかったなあ!!っていうくらい素晴らしかったですよ。でも少ない割に効果的に使用されてるな、って感心します。


ボイス


ボイスは豪華な声優さんを使ってるんだと思うんですが(声優さん詳しくないのでわからん)、これも容量の問題か、すごく省データな使い方で、残念でした。わたし、こういう使い方苦手なんですよね~ セリフ冒頭にだけ効果音的にボイスがつくやつ。似たような意味合いのボイスがついてて、セリフと一致していないやつ。たとえば画面には「行くぞ、最後の決戦だ!」って出てるのにボイスは「運命を変える!」と言ってる、というようなかんじです。どうしても違和感があって、嘘っぽくって、すごく嫌です。そういうボイスの使い方しているのはこのゲームだけではないですけど…こんなふうにするくらいなら、イベント時はボイスなしのほうがいいと、いつも感じます。なお、ちゃんとセリフ通りに声がつくシーンは、ごく僅かながらありました。

ずっと、思い出してたんだけど、幻想水滸伝ティアクライスは、びっくりするほどボイスの使い方が上手でした。重要なシーンで、見事な名演で、セリフにボイスがついていて、素晴らしい臨場感でした。あんなふうにここぞというときだけでいいから、きちんとボイスがついてたらよかったのに…ってすごーく、思いました。


音楽


音楽が素晴らしいっていう噂は聞いてた。私はこのゲームは全てにおいて期待しないで遊びましたが、音楽は確かに想像以上に豪華で素晴らしかったです。しかし、それが逆に気持ち悪い、と思ったゲームでした。そんなゲームもめったにない。

音楽は、中世の戦争ゲームらしい雰囲気のクラシカルで壮大・重厚なかんじなのですよ。とてもシリアスで、雄大です。
しかし、キャラクターが前述のとおり、チャラい(失礼)…こいつらほんとに戦争に参加している軍人なのですか?というキャラしかいない。展開も、納得出来ない展開続き。
それなのに音楽が深刻で壮大で、感動的で、重厚で、本格的。
ものすごい違和感を感じました。その違和感で、嫌な気持ちになりました…そこまで苦痛を感じるのは私だけかもしれないけどね。

このキャラクター、このシナリオにはもっと軽い音楽がついてるほうが合っている。クラシックな感じじゃないほうがしっくりくる…。と思いました。決戦の音楽とか、コーラス入ったりしてもう壮大壮絶、悲壮勇壮、感動極大!みたいなかんじなのですよね。でも全然話がそんな風に思えない。そんな展開ちっともなかったやん。って思うと、ほんとに気持ち悪くてつらいんですよ…私には。
悲劇が起きてめちゃくちゃ泣かせに来る音楽演出が素晴らしかった、でも、全然泣けないし、全然悲劇と思えなかった。それなのにすごい感動的な音楽が鳴ってる、この置いてけぼり感!!
え、なにそれそんなことで大丈夫なのというシナリオが終わって、軽いノリの支援会話を読んで、そしてフィールド画面に戻った時、鳴っている雄大で本格派のクラシカルなフィールドテーマ……全く印象に合っていなくて、すごく気持ち悪いんですよ、吐き気がしてくるほどでした。
…私が大げさに感受しているだけかもしれないですけども、でも私はほんとにそう感じました。音楽が素晴らしい、そして内容に合っていない、と。

ただし、DLC絶望の未来を遊んだあとは、このシリアスで壮大な音楽は、絶望の未来編にはぴったりだ!!!って思いました!!
ゲームサントラ好きの私ですが、このゲームのサントラは要らないかなって思ってたんです。素晴らしい音楽だったし、テーマが耳残りして印象的だったけど、聴けばまた違和感を感じ続けるだけだから…って。でも、このゲームはほんとは絶望の未来のほうが本編だったんだよ!と脳内で妄想することで、ぴったりだ、素晴らしい音楽だ、と思えるようになったんで、サントラ買おうかな!!と思い直しているこの頃です。

曲については色々と感想もあるんですが、サントラ買ったら感想書こうかと思います。
ちなみにゲーム内の、ユニットビューアーというモードでBGMを選択して聴くことが出来るありがた仕様です。




おすすめか、といわれると


…正直、おすすめではない、と思います。
戦争ゲームなのに戦争に説得力がないのは致命的です。キャラが良くても、膨大なキャラゲー要素があっても、たとえシミュレーションゲーム部分がいかに面白かったとしても、戦う意味が感じられず感情移入できないシナリオでは、強敵と戦って倒した感動だって、ない。達成感がない。

でも、このキャラがもうめっちゃ好き!結婚したい!というのがあるなら、まあまあよいゲームだとおもいます(笑)
私はクロムさんかっこいいほんとかっこいい!!という動機だけで遊んだので… 多少は…楽しめました。それでも、いろいろ違和感があったり、それにメインシナリオではあんまり萌えられませんでしたけど…。あとは脳内補完ですかね。

しかしこのライトノベルのようなライト感…そう、ライトノベルのようなライト感なんです! ライトノベルを楽しめる、中学生くらいには、すごく楽しめるゲームかもしれません!!!




ファイアーエムブレム 覚醒

個人的おすすめ度:rating_46.gif(でも、気に入ったキャラがいれば楽しめます)

ライトノベルのようなシナリオで恋愛を楽しめるシミュレーションRPG(笑)

関連記事
スポンサーサイト
[プレイ日記]ファイアーエムブレム 覚醒(7)妄想注意*どうしたらもっと俺的に面白いシナリオになったか考えてみた | Home | [プレイ日記]ファイアーエムブレム 覚醒(6)我軍の現状

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する