[プレイ日記]妖怪ウォッチ3 スシ(4)クリアしました



妖怪ウォッチ3 スシ



レベル40台前半で、たぶん50時間前後でクリアしました
 時間は寄り道など楽しんだからなので結構かかっています。

2は感動的な部分が少しあったけど、今回はUSAだからか、感動って言うよりは全体的に明るくてハデなかんじでした。別にシナリオには期待してないんで、失望は特にないです。

むしろ、クリア後にやっとやりこみに専念できるぞ!という開放感の方がデカイ!






クリアパーティ


ファントム、犬神、サイコウ蝶
USAピョン、虫歯伯爵、モテマクール

でした。ほぼ前列以外使いませんでした。
まあ、別にファントムや犬神が有効だったってほどではなかったんですが、なんとなくです。ファントムは吸収するんで、回復量が足りなくてもなんとかなるかなってところで前列に置いていました。犬神は 単に見た目好きだから?っていうか…。です! 属性的に効果がある時はかなりいい線で活躍していましたね。一番活躍してたのは蝶でした蝶。

今回のバトルシステムは、常に移動が可能なことが一番重要だから、むしろ頻繁に入れ替えしないほうが安全、という感じがします。入れ替えは直後でも動けるっぽいけど、入れ替えしていると、その分だけ操作煩雑になるからやりたくないっていうか。プレイヤーの手をフリーにしておくほうが重要、って感じがします。
フィールド上に出るアイテムも、迂闊にとらないで放置しておくし、必殺技も使わない。必殺技は威力があんまり高くない気がするのは気のせい? そのわりに手間がかかって、その間にエリア攻撃受けると大変だから、基本的にボス戦ほど使わない。複数の敵が出てくるバトルじゃないとあんまり意味が無い気がするなあ。あとは、床効果のものと組み合わせないと意味が無い気がするなあ。
結局この盤面システム、あんまりいい意味では使えなかったなあ。攻撃避けるだけだったなあ。

でも陣形効果は、それなりに意味があったかな。後列に回復を配置するのは。追撃はあんまり意味を感じていなかったけど。
しかし攻撃対象から逃れるということであれば、1~2のシステムでも、スキルや装備品などでできたよな~。
なんとな~く、前作までのサークルくるくる方式のほうがシンプルで戦略的で新しかったような気もするんですよね。一個回すのか、180度回転させてしまうのか。操作がキーで出来たところも良かった。今回はタッチが忙しい…気がします。

まあ…でもいいや。別に…。私はバトルにそんなに期待していないから。目新しい要素を加えなきゃいけなかっただろうから、仕方ないと思う。ブラスターは、助かるし、ちょっと楽しかったからいいと思う。ブラスター、仲間確率アップもあるところがいいですよね!



ラスボスとか


ラスボス周辺はだいぶあっさりでしたね。前作までの とりあえずやっつけていいな!ッて感じのラスボスよりは、割りと…救いがありそうなラスボスだったという感じがしました。まだ続きがあるよ~ってかんじで終わったので、その後に期待したいところです。この人のドリームな世界って、ちょっとだけ変えたらきっとすごい楽しい夢の様な世界も実現できそうじゃん。改心して、力をいい方向に使って、もっとドリームな世界に、ゲームの中だけでもしてもらいたいな☆ と思いました。きっと宇宙と交信する世界を実現してくれるんだろうと思ってたんですけどね。普通にエンディングでそうなるのかなって期待してたんですが、サラッと終わっちゃった。 アプデに期待します。

じゃけえの人も、あれで消えちゃったのちょっとかわいそうですよね。復活してくれるんだろうか? …っていうか、ボスの能力が本領発揮できれば、誰でも復活できるはずだが。

黒服とのバトルは疲れました。戦いすぎだ! というほど戦ったな~終盤は。おかげでレベルアップしたけど。
終盤になっても全然戦わないもの変だから仕方ないか。

あ、あと、ラスダンは、ルーレットなのはちょっとおもしろい趣向だな!って思いました。が、クエストが全部今までのミニゲームなどの焼き直しってのはちょっと…さすがに新鮮味に欠けました。徹底して焼き直しでしたね。 でもね~ ワルボが妙に可愛かったので、すべて許せる気分になってしまったのだよ…なんだろうね、やつ、妙にかわいいですよね??? ヤバイな、これは…と思いました。ヨップはちっとも可愛くなかったのに対してこいつは…可愛すぎる…ぞ…コノヤロー▼皿▼



エンディング


あっさり過ぎてまあどうでもよいエンディングでしたね。前作は結構泣かせたのに、今回はまったく…中ボスやっつけたよ!くらいのノリでしたね。大型アプデがあるんだから、この程度で問題ない、ってかんじでしょうね。うん。確かに、まだまだ遊んでいない要素があるんで、壮大なエンディングなくてもいいな、と思いました。むしろ、エンディング後が本番だから。実際。これから遊びますから。ここまで全部序章だから。と、思えるほど膨大な要素が僕らを待っているからいいんです。これからむしとりとさかなつりと、地下道探索とか、妖怪集めとか、その他様々な!ものを頑張るんです!

レベルファイブさんは、エンディングイラストがいつも極上なので楽しませてもらってますが、今回も良かったですね~。特にマックのイケメン度アップ感が非常にぐっと来ました。あのスタイルで登場してくれてもいいんだぞ☆ マックは…ケータ君の友達の中では、一番こう…なんというか、好男子というか…いいよね。男らしさがあり、それなりに常識的でもあり、それでいて勇気と好奇心があって、主人公らしい少年だ。トム・ソーヤーをモデルにしているんだろうとは思ってたけど…それよりちょっといいっていうか、むしろハックなのかな、まあ、マックだし…ハックなのかな。ハックはいいよね…。うん。どことなく魅惑的なんだ。マックもそうかもしれませんね。主人公を導く憧れの友人ポジションだ。そして語りすぎてないから魅力的でした。

ところで、終章にしてやっと気づいた…マルダーとカクリーって、丸と四角だったのかっていうことを。いや…モルダーと、なんだっけなんだっけ…なんだっけ…ってずっと思っててそればっか気になって、全然気づかなかった。顔の形が変だと思ってたけど気づかなかった不覚(笑) そして、今調べてやっと…スカリーか!って…すいません、見てなかったので、ほんと知らないんですよ…X○ァイル。…ちゃんと見てみたくなりました、妖怪ウォッチの威力はすごいかも。 この二人、出番があるようでそんなにはなくて、終盤も黒服にされた割にあんまり絡んでこなかったりしたけど…なんか森のあたりで伏線を張っていたような…? ちょっと気になってる…。



エンディング後


まだエンディング後…開放感にひたってて、ブラブラしててほとんどプレイしていませんが、ああ…ケータ君で自由にプレイできる開放感、やった~!! これまでよく頑張ったぞ~俺~!!! って思ったんだけど、それと同時に深い虚しさがこみ上げてきたのだった。そう、本当はね   フミちゃんでプレイしたかったんだよ。ケータ君で自由にプレイ出来たって、それはまだ抑圧状態なんだよ! 本当はフミちゃんでプレイ出来たらそれでついに本当に解放されたというものなのですよ! まだまだ苦しいんだよ~! うううう…。とりあえずフミちゃんの家にすぐに上がり込んでフミちゃんに挨拶しましたけどね…。

これからでもいい。アプデでフミちゃんが操作できるようにしてもらえないだろうか。ムリだと分かっていても。アバター的に見た目だけ切り替えでもいいから…。ムリだろうけど。でもね~一時的にフミちゃんプレイのクエストが実装されるんじゃないかっていう気はしてるんだよ…勝手に期待してるんだよ! アニメでもパラレルとして1話だけあったから、ああいう乗りで、あるんじゃないかと思っているんだよ! 期待しています!勝手に!

これから… 主にえんえんあぜ道とか楽しみたいですね。 ニャーKBの生写真探しもウォーリーを探せみたいで楽しいですね。これは、今までなかったのが悔やまれるほど楽しいです素晴らしい。宝探しもね。
魚と虫は、ほぼ放置していたので、これから頑張る。しかし、USAの魚は思った以上に少なかったなあ…それが残念でした。もっといろいろいても良かった気がするんだけどなあ? まあいいか。日本の魚も増えてるんだろうか??増えてないのかな?これから、じっくり楽しみたい。

エンディングで…いくつかの曲情報が出ていたので、音ゲーももっとあるのだろうか? まさか、これから実装? わかんないけどそこも楽しみにしています。



ところで、ヒーローについて


今回は妖怪ヒーローたちが、結構…主役なのか?と思いましたがあんまり出番なかったような…いや、あったんだけど、なんかそんなに素性がわからないというか置いてけぼり感でした。これから、ヒーローたちについての細かいクエスト出てくるのかな? 彼らのことをもっと知りたいですね。
よく考えて見れば、前作までの主役級強い妖怪だったオロチやキュウビもそんなに細かい話はなかったかもしれませんね。1では絡んではいたけど、彼らは彼ら流の勝手な行動を取ってただけで、距離感あったなそういえば。仲間にはなったけど。2では素性(?)クエストあったけど、それまでは素性は結構放置なかんじでしたね…。

私はスーシーにしたのですが、ヒーローチームは、実際見ているとスーシーのほうが個人的に好みだった気がする…かな? テンプラは、ドクロの人だけちょっと…いや、すごく、すごく気になりますが…。あとはスーシーのほうがいい…か、な…いや、いや、待てよ! あのサメの人?はすごく気になるよ!!!うおおおお!!ツンデレなドラマが垣間見えてたもん…。あっ!? 今更だけど、あのひとサメじゃん。なんとなくヨップルの人たちはシャチとかイルカなどの哺乳類だと思ってたのに…サメはサメじゃん。魚じゃん…似てるけど違うじゃん全然!! まあいいか。きっと天才だからだ。外れ者だからなんだ。アウトローなんだ。

ほかは、バニーちゃんすっごいかわいいですし、オリジン気になるし、いいんじゃないでしょうか。オリジン…どうしても……ウィスパーに色合いが似ているせいで、とても、深読みしたくなるんですけど…すごく深読みしたくなるんですけど…どうなんですか…。



そんなところかな~…。
要素が多すぎて語れない。アンジーのところは、あたたかくて切なくてよかったけど…あれ、テンプラだとキャラが違うのかなあ…気になります…。







妖怪ウォッチ3 スシ



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲームプレイ日記 | ジャンル: ゲーム
[感想]海の楽園 不思議いっぱいのぬりえブック - ジョハンナ・バスフォード | Home | [プレイ日記]妖怪ウォッチ3 スシ(3)ただいま6章入

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する