[感想]ポケットモンスターSPECIAL Ωルビー・αサファイア



ポケットモンスターSPECIAL Ωルビー・αサファイア



私はポケモン世代より少し上なので、基本的にポケモンに思い入れがありませんでした
そんな私が、試しに読んだら熱烈ファンになってしまった恐るべき漫画それが
ポケットモンスターspecial 略して 「ポケスペ」

コロコロだからって子供向けと思って甘く見ないでください!
大人の私が読んでも、伏線が激アツなんです!

で、こちらのルビサファリメイクのコミカライズですが、
我慢できずに買ってしまいました、そして、
とんでもなかったので感想を書かずにいられない!





ポケスペについて


あまりにも…あまりにも素晴らしいので、熱すぎて… 感想を書こうと思ってもなかなか書けないでいます。
あまりに思い入れがあると、感想書けない…この気持分かってもらえませんか…
そんな、素晴らしい漫画です。

なんと20周年だそうですね、すっごい、おめでとうございます!
私はほんの数年前に、コミックレンタルで読み始めた初心者なので、その歴史の長さに圧倒されます。
子供の頃読んでましたという方を結構お見かけいたしますが…ぜひとも、大人の今でも、さあ、手にとって読んでいただきたい。子供の頃初代の頃読んでた方、大人読みしてください、さあ一気に。今50巻以上になっており、一気に読むのも大変な量ですが、読んでいただけますと、すごいなってきっと分かっていただけると思います。だって繋がってるんだもん…

脚本日下先生の、灼熱の血潮のごとき伏線の張り方…
この漫画は一言で言って、 熱いんだ!! 熱いんだよ!!!!
熱く爽やかで、活き活きとして、驚きに満ちた、少年漫画なんだよ!
私はそう思っている!

実は最近、惰性で買ってた漫画はほとんど売り払ったり買うのをやめたりしてしまって、今、購入してるコミックは3タイトルくらいしかないんですが、その中にポケスペがあります。今も期待に胸をふくらませてくれるのがポケスペです。(ちなみにほかは、藤田和日郎先生…いま、双亡亭ですね  と、渡辺道明先生の続ハーメルンのバイオリン弾きです)

あああ、BW2編が、うおあああそう来たかここに来てそう来たかー!!!という設定なので、めちゃくちゃ待ち遠しい…早く新刊出してほしい。でも、次々に書いてて山本先生大丈夫かなって心配になってる…



で、オメガルビー・アルファサファイア


ポケスペの中でもルビサファ編は特に私、もう、めっちゃ感動して…特に大好きなんです。多分そういう人多いよne!!!
だからこのORAS編は、ああああもう、嬉しいよおおお!!
という感じで待ちわびてたんですけども、最近、普通のコミックサイズで発売が始まったんですよね。だから継続しているちょっと大きめサイズの本編への収録は、まだ先になるんだろうなと…思いながら、それでもしばらく我慢して待ってたんですけど、本編(現在BW2編)もなかなか新刊出ないんで、もう我慢できずに購入してしまった!!!

だって、3巻の表紙! あれみたら無理です我慢できんとよ!!

ポケスペのすごいところは、ずっと話が続いていて、リメイクのコミカライズは本編の続きとされるところです。故に このORAS編は、本編のルビサファ(エメラルド)編の続編にあたります。本編のルビサファ編は15~22巻ですね。ここを読んでないと、正直、ORAS編、半分くらいはわからない気がします。
あまりに長くなりすぎたシリーズなので、新参の方が途中からでも読んで欲しいとのことでこのサイズで発売になったらしいと見かけましたが…ORASについては、ここから読んでも…ちょっと、無理じゃない…か? っていうくらい、ガチな続編なのがこれまた熱いのであります!!

そして内容については、ひとことで言うと…たぶん、大人向けです。悪い意味じゃないですよ。何か良くない表現があるとかじゃなく、凝縮しすぎな濃さだし、扱われる問題がこれまた複雑、言わんとする主題もまた、深すぎる。ってことなんです。
描かれてることがとても深く複雑で、子どもでこれ理解できるのかな?!ってびっくりしちゃうくらい。繊細な感情、難しい議題、解決できない問題、終わりのない葛藤と因縁、深遠な謎、そして…根底にある愛…。たくさんのキャラクターがでてきて、それぞれに心のなかにそういうものを抱えています。彼らの一言、一つの表情、一つの行動の底に、それらが見え隠れしています。
なんという濃厚さだ…。



二人の愛とその人生を、語り切った


3巻で収めていいんだろうか? 3巻でここまで濃厚に書いてしまってもったいなくなかったのか?
というほどに…これは、ルビーとサファイアの人生の物語でした…
…おっと、ネタバレしそうになる、これ以上は言えない!

でもほんとに感動します、ルビサファ編を読んで、今おとなになった方向けで書かれたんじゃないかなあって、本当にそう思う内容でした。そして二人のすべてを語りきった…。全てを…。そう思いました。
これは、ふたりの、人生の書だ…

…ってことで思い返すと、エメラルドがかなり割食ってるんです(笑)
小さいし(笑) マスコットキャラのようなもんになってるような気さえするラルドかわいいな。
ラルド&フーパのトリッキーな活躍ぶりは、まさにかわいいスパイスのようでした。フーパの存在は意外にストーリー上重要な役を担っていましたが、あくまでかわいかったのがよかったです。小さいくせにラルドがすごい男らしいところも、ぐっと来ました。
あ、小さい小さい言ってごめん!



エピソードデルタの苦悩


ORASで批判が多かったエピソードΔ(デルタ)のコミカライズです。あのエピソード、ルビサファオリジナルを遊んでいなかった私でさえ、これはちょっとまずくないか?と思うほどのストーリーでした…。
そんなエピソードを素晴らしき日下先生がどうまとめてくるんだろうかということも、注目でした。

正直、濃いです。エピソードデルタは、取り扱っている問題が難しいんですね。
社会正義の本質、自然とは何なのか、人間の業…
ポケスペでは、更に、地球生命の意思、人の「あした」と愛、過ちと憎悪さえも絡めて、多くの勢力・キャラクターそれぞれの思惑が交錯しあう複雑な物語になっていました。
うおおおおあああ なんだこの濃さは。なぜ3巻にしたんだ。3巻で描けるものなのか? なんという密度…。

ゲームで批判が多かったヒガナの扱い、大変だったろうなあと、読んでて思いました。ヒガナのあの性格の裏にある悲劇と彼女の結末も、ゲームより納得のいく描かれ方になっていました。んん~なるほどなあ、大変だったろうなあ……。

キャラが変わっちゃってるアクア団マグマ団の皆さんについても凄い展開でまとめてきてます。んんんすごすぎる日下先生。パラレルワールドにはしないんですね、あくまで続編として力技でもぶち込んでくる、そのストーリー構成技術が、痺!れ!る!!

あと、今まで登場した多くのキャラがガンガン出てきてとても忙しいです。3巻は ちょっとさすがに、短すぎたんじゃないかと思うくらい たくさんのキャラが出てきてしまいましたね。
容易に感想文など書けないほどの…濃密さです…。へとへと。






ここからは、ネタバレいいですよね?
いいですよね?
ちょっとだけ、言いたいこと書いておく!!











ネタバレあり、かんそう


ルビーくんのイケメンぶりがほんとに、すごかったです。最初から最後まで。あれっ、ルビーってこんなにまで中身イケメンキャラだったっけ? むしろ主にはコンテスト馬鹿だったはずが、さいしょからずっとシリアスイケメンキャラでした。かっこよすぎてむずむずするようなキャラでした。まあいいけどね、わたしルビーくんのファンなので。かっこいいルビーくんを見れて最高でした。

ルビーくんがかっこいいことの理由の一つは、サファイアの恋情にあるように思います。あるいみサファイア視点というか。彼女にとってのルビーはいまこんなふうに見えてるんじゃないかなと。だからなおサファイアに感情移入できるかもしれません。
ほんとにねー、3巻の、ルビーのプロポーズには、私もサファイアと同じく目が点に… あまりの萌えに卒倒しそうになりました! 何です、と? それは、一生の愛の告白、いわゆる プロポーズにほかならない…です、よ、……ね … バタッ

本当にありがとうございました!!!
本当にありがとうございました!!!

ルビサファ好きとして、本当にありがとうございました!!!!m(__)m


二人の晴れ姿、そして二人の宇宙へ続くヴァージンロード…

二人の愛、永遠です。

見開きの二人の星空のシーンとか、泣くしか無いでしょ…泣きました。
映画ですね。恋愛映画ですね。この二人。いろいろありましたね3巻の間に…。ガチでベタなくらい、韓流?ってくらい、熱くて濃厚なふたりの愛の物語でした…本当にありがとうございました…m(__)m
振り返ってみて、語りきったなって思いました。この二人の物語にはこれ以上なにも付け足す必要ないくらい。っていうかもう普通に夫婦(めおと)じゃろ? 夫婦じゃろ、な? 何歳で結婚できるの? ところでこの二人何歳? 可能な年令になったら、満場一致で結婚だと思いますね、真面目に。うん。うん。
いや、ちらっと見なおしてみてもなんでしょうね、この3巻のクライマックス…  愛と生命をむしろ比喩的に表現したんじゃないのか? 帰ってくるところなどもう、ゼノギアスですか?みたいな。
本当にありがとうございました



二人のこと以外にも、いろいろとんでもなくて、言いたいこと多すぎ、一ページずつ 深読み考えたくなることたくさんあります。
あー、サカキさんとヤツの因縁の件なども一ページ程度で済まされるレベル越えてるよね…やばいです。サカキさん…ねえ…。…カリスマすぎるおとうさんです…

ヒガナについても、うまくまとめてきたなあと…大変だったろうなあと、ほんと思います。彼女がかなりひどい目にあってたあたりでちょっと溜飲が下がりました正直…。ヒガナ難しすぎるキャラクターですね、そうとう丁寧に描かないと、描ききれないと思う。これを読んでも、大人じゃないと、彼女のことはなかなかわかりにくいんじゃないかなー、やっぱポケスペORAS編は大人向けだと思うんです。彼女は悲しい憎悪のキャラクターですね。大人になれば、彼女も…変わるんだろうと思いたい。

大人向けといえば、ルビーの複雑な感情と涙の表現も、衝撃的でした。明日についての想い、過去についての傷、一コマ一コマに、なんと深い感情が描かれているのだろうか…。お父さんのことも、そう、お父さん、「いのちがけ」を使ったシーン、涙が止まりませんでした。いつも厳しいけど、ほんとはね…お父さんの何より大事なものなんだよね…。見てて辛くなるほどの愛です。

親子といえばダイゴさんとお父さんのこともありましたね。ふたりの親子らしさを見れるシーンもあって微笑ましかったです。ゲームでは、デボンがかなり悪役扱い?になってたけど、なんとかうまくまとめてきましたね~ほっ。この…科学・社会・自然・人間の関係は、昨今の日本における災害に関わる問題の比喩のようにも思われました。この話全体が、そうであるようにも見えますね。最終話のルビーのモノローグが、特にそう思わせました。

マツブサさんとアオギリさんの話は予想の遥か上空、衛星軌道を超えて上の方に行ってておどろった…。なんだと…。なんかもう、すごすぎてよくわからん! すごすぎたのにアッサリ退場するのもどうなのか!? もう少し長生きしていただきたかった、最後まで絡んでいただきたかった!!!!(汗) でも、登場キャラ多すぎてもうたいへんな状態だったんで仕方ないかな。

レッドさんとブルーちゃんは、なんかね、もったいなかったです(笑) 出さなくても良かったかくらいの…まあいいか。
ゴールドくんは一瞬しか出てないくせにさすがのうるささ、やべえなあいつ、ほんと威力絶大。

あー…

濃すぎて、感想が、止めどないんで… このへんで…


あとね、 メガシンカのとき、

めがっ ていう効果音なのが なんかかわいいです。





ポケットモンスターSPECIAL Ωルビー・αサファイア


二人の晴れ姿… もうこれ見たら買うしか無い!! 

ところで、サファイアの訛りっぷり、
わたしは東北人なので、博多弁の多彩な言い回しが、とても新鮮で面白かったです。
ところでなんか彼女の声さえ聞こえてくるような気がしてたのは…

 ふと思い出した、そうだ、らんるちゃんか!! 
アバレンジャーの樹らんるちゃん、かわいくて、博多弁ったい!
アバレンジャー面白いよ!おすすめだよ!! あっ、関係ない話でした
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 漫画の感想 | ジャンル: アニメ・コミック
[感想]ケンガンアシュラ(裏少年サンデーコミックス) | Home | [プレイ日記]妖怪ウォッチ3 スシ(5)えんえん…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する