[感想]暗殺教室(アニメ 1~2期)



暗殺教室1 (初回生産限定版) [Blu-ray]



なんか、流行ってたな…と思って、タイトルと殺せんせーのは知ってたんですが、内容はほとんど知りませんでした。
学生が先生を暗殺するというテーマだけ知ってたけど、そのテーマに興味があんまり持てなかったのですけども、たまたま見る機会があって、タイトルとテーマから連想される内容と違ったなあという感想です。

これは、暗殺よりも「理想の教師」と 学校をめぐるいろんな問題を描いたお話。
「暗殺」っていうのは、キャッチ(煽り)に過ぎない、と思う。
いろいろなことが、よく計算されているなあと思いました。





あらすじ


ある日、地球の衛星、月の七割が突如消失した。
その信じがたい破壊活動を行った怪物は、あらゆる攻撃を受け付けないマッハ20の超生物。
来年3月、超生物は地球を破壊すると予告した。
全世界の人々は秘匿されたこの事実を知ることもなく、為す術もなく破滅を待つのみなのか…

その頃、エリート中学「椚ヶ丘中学校」の3年E組の生徒は絶望していた。
3年E組は、成績・素行不良の生徒が落とされる「落ちこぼれ学級」…通称エンドのE組。
辺鄙な山の中、古すぎる木造校舎に疎外され、他の生徒たちの蔑視の対象であった。
3年E組の惨状を見ることで、生徒たちはそうなりたくはないと奮起努力するというのが学校の方針なのである。
這い上がることの出来ない、絶望の壁の中――

そこに新しい担任教師が赴任してきた。
多数の触手を持ち、マッハ20で移動する超生物、国家機密であり世界の脅威…
それが3年E組の担任教師。
来年3月までに、先生を殺すことが、E組の新たな目標となった。
殺すことができれば なんと100億円の賞金が手に入るのだ。
3年E組はその日から、「暗殺教室」になった。

――だが、この超生物はなぜ自ら教師になったのか?
なぜ、落ちこぼれ中学生たちの教育に文字通り命をかけるのか?
暗殺を仕掛ける生徒たちは、卒業までの間に本当に この先生を殺せるのか?
この、限りなく理想に近い、いつも味方でいてくれる、暖かすぎる先生を。





理想の教師は人間ではない


この作品は、じつに典型的な「先生モノ」だと思う。
しかしならばなぜ「暗殺」なのか、それはジャンプという媒体において必要とされるキャッチーさだからだろう、と思う。一方で、理想の教師を描くための条件でもあった、理想の卒業(巣立ち)を描くための条件でもあった、精神の強さを描くための要素でもあった、と、色々と深読みできるんですよね。すごいです、よく計算されているなあと思いました。

この作品の主人公である教師「殺せんせー」は、完全理想の教師像なのですが、この作品を振り返ると、教師の理想像とは生身の人間では不可能だ、ということを示しているとも思えます。怪物である殺せんせーは、音速で移動し、多数の腕を持っている。そんな化物じゃないと、理想の先生なんて実現できないんじゃないか、我々が教師に対して抱く夢はあまりにも、非現実的で、高度すぎるのだ、と思い知らされました。

 この作品の面白さは、殺せんせーが最高の教師であることに尽きる。暗殺があろうがなかろうが、とにかく先生が素晴らしい先生だから面白いのだと思います。同じ目的のストーリーでも先生が教師として無能だったら、何も面白くないと思います。
我々が「先生モノ」にもとめているのは理想の教師である。そして、「先生モノ」というジャンルは普遍的な人気を持っている。つまり多くの人が、先生に過度な理想を求めているんだと。

先生の仕事って本当に大変らしいですよね。昨今は特にモンスターペアレントなんて問題で大変らしいですよね。それはやっぱり先生に求めるものが高すぎるからなんじゃないかな。先生だって同じ人間なのに、人間じゃできないようなことまで先生に求めてしまってるんじゃないかな。30人以上の生徒を、全員完璧にケアして、家族以上に理解し、育て上げるなんて、そんなこと、音速の化物じゃなきゃ出来ない…ってことなんじゃないでしょうか。
殺せんせーは、「モンスター」と呼ばれていましたが、それは、モンスターペアレントに対する皮肉の意味を含んでいるんじゃないだろうかなあ、と思いました。

殺せんせーの特徴は、
・音速で行動し、分身さえできる
・自由自在の触手を多数持つ(すなわち手が多い)
・あらゆる知識を身に着けている
・再生可能な生命力を持つ
・軍隊でも殺せない戦闘力(防御力?)を持つ
・それほど強いのに、あからさまな弱みを多数持つ
・教育に文字通り命を捧げている
・すべての生徒を認め、愛してくれている
・すべての生徒をいつでも見守ってくれている


そんな先生いないわ、そりゃ。怪物だわそりゃ。
でもそんな先生を、我々は心の奥底で渇望しているんですね。そんな先生に守り、育てられたいと。だからこの作品で、心が温まり、居心地がよく感じるのだと思います。

「世の教師は殺せんせーを見習ってほしい」というご意見もあるようですが、むしろこの作品から、殺せんせーみたいな教師を求めるのではなく… そんな人間はいないということを学ぶことのほうが、今は必要なんじゃないかな…。殺せんせーみたいな生き方できるはずもないし、そんなことしたら、すぐに体を壊しますよ。同じ人間だもん、殺せんせーのような教師になれと言われても、私には到底無理だもん、だから、世の先生にも求めまい と、改めて教えられました。
理想の教師は、マンガの中だけにしておきましょう。
会いたくなったら、マンガを読もう。殺せんせーを思い出して慰めてもらおう!

「君に合ってる」って言葉は、ほんとに泣けてくるほど、素晴らしい言葉ですね




キャラクターとか


ん~、殺せんせーはすごく好きだな~って思ったんですけども、生徒たちが全体的にやや薄味な印象でした……なんでだろう。クラスメイト30人ちかくもいるので、そりゃあ大変だったと思うし、個性はそれぞれにそれなりに出せていたと思うのに、なんか、あんまりピンとこなかったな~。人数のせいだけなのかな…

渚くんの家庭事情については、うわぁ…と、同情した。実は身の回りでもこういう話を聞くので、こういう家、世に実はたくさんあるんじゃないかなあと、切なくなりました…。親のことは他人が言うほど そうカンタンなことじゃない、痛いんだっていうシーンがどっかの話(竹林の話だっけ?)にあったと思ったけど、きっとそうなんだろうなあ…。先生が立派でもそう簡単に解決できる問題でもないんだろうなあと思いました。ちゃんと向き合った渚くんはすごく立派でした、こういうことは現実には…なかなか出来ることじゃなさそうだ。
しかし、そういう事情を暗殺に絡めるのは、ちょっと無理矢理では!と思ってました。なんか私的にはこの話において暗殺はあんまり要らない要素だったような気がしてならなかったのです。そんなのあってもなくても、教師と生徒の素晴らしい物語だから、むしろ暗殺という直感的に相反するようなテーマがあることで、気持ちが集中できないような、そんなかんじがしました。私だけかもしれないけどね。でもまあ、たしかに暗殺×先生モノという意外な組み合わせが世の心を掴んだんだと思うんですけどね。

殺せんせーは、なにより顔が可愛いのが何よりも素晴らしいなあと…、内容知らなかったけどコミックの表紙を見たときから思っていました。憎めない顔ですよね~。顔文字ほしい。( ˙-˙ )←検索するとこれが殺せんせーの顔(白い時ですかね)に似てるってでてくるけど、あのニヤついた顔が再現したいところですよね…単純なよーで奥深い殺せんせーの顔… くっ 顔文字の限界か…。
あと、福山さんの名演が本当に素晴らしかったです。かっこよさとコミカルさを併せ持つのみならず、先生らしい優しくて少しフォーマルな、角を丸くしたかのようなあの喋り方が、ほんとにびっくりするくらい素晴らしかったです!! やっぱり殺せんせー最高ですね!

烏間先生とビッチ先生は出番も多くて、好きになりました。二人ハッピーエンドなところが特に良かったですね~ヌルフフフ

しかし、触手とか ラスボスとか、殺せんせーの過去周辺の話は、逆にありきたりすぎてというか……、理想の教師と学校の話という日常からかなりかけ離れた話で、なんだかこう、自分の中であんまりしっくり来なかったです…。特にラスボスの小者感、なおかつ胸糞感が、はやく忘れたいな、くらいの。中ボスレベルの雑魚感がどうも…。中盤ではイトナ君の噛ませ犬感も辛かったです。



音楽


1期最初のOPテーマねえ…、ヤバイぞ!しかも誰作ってるんだ!って見てまた驚きました。田中先生×畑さんって、そりゃあ究極の(電波)アニソン確定じゃん!どーりで!!!!! しばらく脳裏を離れなくなりましたね、やーりきってーないからやりきーれなーい♪やーりきってないからや★り★き★れ★な★い♪ くううっ、恐ろしい!!なんという恐ろしい脳内暗殺ソングなのでしょう!! 頭から殺しに来るとはねっ!!
あとは、2期のQuestionのシリアスさが好きでした。かっこよかったです。

劇中音楽も、なかなかいいなと思うところがありました。目立ってなかったけど、いい曲がありましたね。





あ~しかし…あの巨大プリンうまそうだったですね…
フルーツソースをオブラートで包んで仕込むというアイディアがもう私感動してしまいました…




暗殺教室1 (初回生産限定版) [Blu-ray]

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメ・感想 | ジャンル: アニメ・コミック
[感想]映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! | Home | [感想]シーバ デュオ 旨みがつお味セレクション

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する