[イベント感想]MPのない音楽会VII ~好敵手~

1701291.jpg


年に一度のお楽しみ!
宮城県仙台を中心に活動しているゲーム音楽吹奏楽団「しかしMPがたりない」さんの演奏会に行ってきました!

日曜日の五時からという、普通の社会人と学生には厳しいスケジュール!
でしたが、行ってきました!ぼっちで!

今回は、以前にも増してマニアックな曲ばっかりで、興奮してしまいました!
そして一方で相変わらず楽しい寸劇もあり、演出凝りまくり。

これで無料……行かねばならぬ!!
推して参る!!




会場と雰囲気


今回も東北大学川内キャンパスにある川内萩ホールが会場。あー地下鉄が出来てほんとよかった。
前回も思いましたが、やっぱり萩ホールは、音がいい、気がします!! MPさんが吹奏楽で、音量が大きいからってのもあるのかもしれないけど、いい音が聞こえます。とくにドラムの音が最高に気持ちよく聞こえてくるです!最高だな~!と、今回も思いました。

今回は日曜の夕方なので、お客さんの入りはどうなんだろうって思ったんですが、予想以上に入ってました。わりといい場所に座った私の隣の席・前の席が空いてたんで、満席ではなかったですが、でもかなり入ってました。

お客さんもみんなすごく楽しんでいました。休憩時間に入るたびに、「すっごかった~!」という感激の声が周囲から聞こえてきましたよ!あと、帰りに前を歩いていた小学生の男の子二人も「楽しかった!!ねえ、ママも楽しかった?!」と、言ってました。毎回思いますが、老若男女が楽しめてる、ほんと楽しい演奏会です。



第1部


今回は、アンケートに割りと一生懸命書いてきたのでここに書くことそんなにないかもしれないけど、相変わらず乱文で書かせていただきます。

まず、最初はソニックワールドアドベンチャー。ソニック全然やらない私なので曲は全く知らなかったけど、入りが最高に気持ちよかったです、突き抜けるような大音量で、カッと目が覚める!すごく掴みのいい選曲、音のバランスもすごくいいなあ!と思いました。


次はリズム天国ベスト+メドレー。友人Aさんがストーリーがヒドすぎると文句言ってたことを思い出しました。私はやってないからわからないんですが、新曲ばかりのメドレーだったようなのですが、とても聴き応えを感じました。リズム天国って、以前にコンサートで何回かネタ的に演奏されてるのを聴いたことあるけど、今回の演奏はネタではなく、音楽としてすごく聴き応えを感じました。いい曲あるんだな~と思いました。そう思わせてくれるのはすごいな!と思いました。


次が、その名も「こうじょうメドレー
なっ、マニアックすぎる!工場のBGMだけのメドレーだと!? 思わずマニア心がくすぐられてしまう!すごく新しい試みだ、と感動しました。
私もそんなにゲーム音楽コンサートに行ってる方じゃないんだけど、メジャーどころだとやっぱメジャーな曲を演奏するコンサートが多いと思うんですよ。マニア的には、またこの有名曲か…的なね、退屈があるわけですよ。でも、お客さんの大半が分かる曲で、お客さんの多くに楽しんでもらおうとすれば、そういう選曲は仕方ないんだよね。ところが、そういう配慮を完全に振り切って、マイナーな曲であるというだけでなく、あえて「こうじょう」に絞るそのマニアックさの暴走!素晴らしい!無料だからこそ出来ることなのかもしれないし、ここ仙台という地方だからこその個性なのかも、あるいは個性的なメンバーさんたちのなせる技なのかもしれませんが、とにかくほんとに素晴らしい冒険心!!
そんな冒険心に感動しながらも、「こうじょう」ステージの特徴について思いを馳せる濃厚な時間を過ごすことが出来ました。工場は、テクニカルな印象のリズムと、不安な鉄琴などの音に彩られた、心細さと奇妙さの入り交じる神秘性を備えているのですね。こうじょう、すげーなこうじょう! 工場系が必ずしも吹奏楽向きの曲というわけじゃないだろうに、すごくきれいに聞かせてきてて、これまた感心しました。
ちなみに「工場」ときいたとき私の頭に一番最初に浮かんだのはアインハンダーの工場だったんですが……アインハンダーは流石にムリっすよね…なので、プロジェクト・シルフィードお願いします!!ってアンケートに書いておきました!


次にポケモンDPメドレー、期待してました! DPの音楽好きなんですよ~とくにどうろ系が大好きで!
でもどうろは1曲だけでしたね。ほんとはDPどうろメドレーでも良かったと言うほどどうろを聞きたかった私です。しかし1曲だけだったけど、私のなかの、ポケモンどうろナンバーワン名曲である「209ばんどうろ」ををををを……ずっとずっといつか、コンサートで聞いてみたかった曲なのです…感激しました…。特に209番道路は上品なオケではなく、MPさんのような、ギターやドラムがしっかりしてる楽団で聞きたかったので、ホント嬉しかったです! でも、今回はちょっとミスが目立ってしまってましたかね、いつかぜひ再演してほしいなあ!と思いました。シロナさんのピアノソロも迫力すごかった。
スクリーンにギラティナが描かれてたので、ギラティナやってくれるのか!?と期待したんですが、なかったです…ギラティナ…MPさん、以前やったりしてた?毎回行ってるわけじゃないのでわからないですが、ギラティナのあのカオスもMPさんなら演奏できるんだろうなと思うんで…


次が零式の我ら来たれり。以前、他のコンサートで聴いたことがあるんですが、実はそのときの印象は「暗い曲だな…」程度だったんですよスミマセン。でも今回の印象は「あっっつ!!すげえ熱量だ!!これは戦火だ!ものすごい!!」でした!ド迫力の演奏でした。これは正直ホントに演奏の良さだと思いました。団員さんの一部をコーラスにしての、つまり楽器を減らしての演奏だったようなんですが、そんなのものともしないというか、むしろ冴え渡って、素晴らしい完成度でした。原曲知らないから、再現度についてはわからないんですけども、知らない私にも伝わってきたこの壮絶さ…。タイトルからしてこれは若き戦士たちの行軍と戦争の様子を描いているんだろうなあと想像するのですが、楽器構成も、メンバーさんたちも、それに相応しいんじゃないかと思いました。軍と言えば弦ではなく管だし!若き歌い手たち!そして、若き女性指揮者さんのまさしく鬼気迫る指揮の様子は、これは魔法放って敵軍をガンガン撃破してる!絶対!!って感じでしたから!すごい戦気が放たれてました、指揮も演奏の一部だなあ!
これが一部最後の曲となっているのも、よく計算されてる!と思いました。終わったときの会場の熱気ときたらね~!みんなすごい興奮していましたよ!



第2部


1701292.jpg

▲説明書の出来がもう、どう見ても もはや商品だっ!
私は伊達静ちゃんを攻略したいです。静ルート見たいですってアンケートに書いておきました。
萩野調は地元民的にぐっと来るネーミングですね(笑) 周囲からも聞こえてきました…「…あのチョコレートのアレだよ…」地元民的に、盛り上がります。そういえば髪の色が…。
が、お話は響ルートでした。


順調に進んできた響ルートで卒業式が終わり、
伝説の桜の下でついにえむぴは響ちゃんに告白を…
これまで二人で過ごした甘酸っぱいメモリアルが胸に蘇る――

その瞬間

恋のライバルたちと共に、異世界での響ちゃん争奪戦が始まる、えむぴロワイヤルに変貌!!
勝った男が響ちゃんと付き合えると神さまに言われて頑張るライバルたちだったが、
そこには戦慄の陰謀が隠されていた…



というシナリオでした。やっぱり一筋縄ではいかないよね。大体、ルートエンディング直前のセーブデータロードから始まる面白すぎる演出に会場爆笑でした。
スクリーン演出が相変わらずすごくて、えむぴメモリアル#も えむぴロワイヤルもオープニングムービー付き!目がスクリーンに釘付けで、全編通して音楽を聴くのが疎かになってしまったくらいでした(笑) 舞台上の演出も面白くて、最初の神さまの「避けろ!」の演出が最高に面白かった!ワンワン~~!!!! トラブル時のアドリブもすごかったです。あとね!みんなダンスがすごく上手で感心しました。私は踊れない絶対…と思った。

BGMとして演奏される曲たちもまたまた、マニアックで、私はほとんど分からなかった(笑) アルトネリコはサントラ持ってたけど思い出せなかった…。
印象的だったのはラストバトルで使われた、「戦え!ワンダフル・ワンダブルオー」。熱い歌声と、スクリーン演出がぴったりマッチしてて、すごく盛り上がりました!尺がピッタリ一致して終わったのもすごかった!
あと、エンディングに使われた「シオカラ節」は、これは予習していきました。これまたすっごい盛り上がってましたよ。お祭り感最高でした!音をいじって、歌声にしてたのがバッチリハマってました! ちなみに、前述の、帰りに私の前を歩いてた小学生の男の子は、「今日の演奏会で一番良かった曲はシオカラ節!」って言って、口ずさんでいましたよ♪

ただ、今回あえて申し上げさせていただきますと、お話に予想外な展開が少なくて、4回目5回目の演奏会のカオスなシナリオと比べると、驚きは少なかったなあという印象でした。えむぴさんは主人公補正(笑)で、スムーズにロワイヤルを勝ち上がってたし、ラスボスはオープニングムービーで予感させた通りだったし、予定調和なきれいなハッピーエンドでした。どっかでまたカオスなどんでん返しが来るのではと、ついつい期待してた私がいたのだった。でもそんなのは私だけかもですけどね…うん、多分そうだな、周囲のお客さんの反応は最高!って感じでしたから。あ、あれか、私が…MPさんの超クオリティに慣れすぎてしまったのか…!?
あと、今までのドラクエ的なセリフの効果音がなかったのがちょっと寂しかったのです…



第3部


すでに、第2部までで2時間経ってて、最終的に3時間!!…予想はしてたけど、ほんとに長く、それでいてあっという間で濃厚な演奏会でした。明日に響くよ~!って思って時間は気にしてたんだけどね…でもあまりにもあっという間で楽しい時間なので、3時間、むしろありがとう…!!!本当にありがとうございました!

で、カービィのエアライドメドレー、すごくかっこよかったです。MPさんはほんと、ニンテンドー系が多いですね。そして私はニンテンドー系のゲームをほとんどやってないんですね。まあ最近ゲームそのものをやってませんけども。で、カービィのエアライドの音楽を前日から慌てて予習した私だったんですが、聴いてあまりにかっこいい曲が多くてびっくりしました。なにこれカッコイイ!!
そりゃ、そんな名曲揃いをMPさんが演奏したら、確実カッコイイわな! かっこよかったです!ぜひまた聴きたいメドレーだなと思いました。一回じゃもったいないくらい。


すでに満腹満足だったのに、MPさんの本気はここからなんだよ?ここからがメインディッシュなんだよ?
不死身か!


最後のライバルメドレーはこの期に及んで長大・盛りだくさんの4楽章構成。
聴いて、思ったのは、とにかく、予想を遥かに超える大ボリュームとバラエティ。もう、頭がついていけないレベルで。

まず第1楽章は表紙でも目立ってるポケモン赤緑のVSライバルで、のっけからクライマックスです。いい演奏!と思ってるうちに次々と曲が変わっていって、いろんなライバルたちの思い出が蘇ります。あまりにいろんなライバルが出てきてさ~!スクリーンのイラストもとてもかっこよくて、もう、忙しかったです。イラストに見入るのと音楽を聞くのとライバルに思いを馳せるのと、そんなの一度に出来ないよ~という嬉しい悲鳴ね。


特に第2楽章がソロや複雑な曲調の曲ばかりで、MPさんの技術にも選曲にも、度肝を抜かれました。よく考えたら4楽章構成なんだよね、そうだ、ほんとに交響曲のような構成と考えると、第2楽章がこういう感じで暗さを出してきたのもなるほどです。
っていうかアルベドですよアルベド! 667だよ! 無限のテロメラーゼだよ! こっ、……こんなところでアルベドに再会できるなんて考えもしなかった…ほんとにびっくりしました私。ん~なんか聴いたことあるような不気味な旋律が…と思ったら、アアアアアルベドオオオオオオ!!??マジで暴走しかけました!!!ゼノの黒歴史ゼノサーガ、その中でもアルベドですよ、よりによって。ライバルだから? いや…ゼノサーガのライバルってアルベドだっけ…あいつは単なるルベドのライバルで…だったらfatal fight(マーグリス)でもよかったんじゃ…とか混乱しながら考えてしまいましたよ!あの狂気的なソロを、歌っちゃってる!アルベドだよ!アルベドだよ! ァアアアアルベドオオオオオ!!!(暴走)アルベドファンの私のために演奏してくれたのか!と思いたい、ほんとにありがとうございましたー!!><  私の中で、山ちゃんと言えばアルベドとガイナンなんだからね、今でも!はい、ブログでも暴走してしまいましたスミマセン。大丈夫、会場では、クールな私ですから、騒ぎませんでしたよ、アンケートとメモに暴走しといただけです!


あと、第3楽章も怒涛の展開すぎて…もう、感極まってわけわかんなくなってましたね。まさかのヒガナには驚きました。ORASのサントラ持ってないんだよ…もう、ヒガナの曲、覚えてなかった…惜しかった。あと、まさかのアッシュ、まさかのTOAまさかのバンプ!(meaning of birth)これはマジで驚きました!たぶんみんな驚いたと思う!純粋なゲーム音楽でしかもマニアックな曲ばかり来てる中で、バンプ!?っていう。光ってました~! そしてなんといっても なんといっても機の律動がさあああ………  もう、言葉を失います。 リズム最高でした、私ノリノリでした。使い方がめっちゃかっこよかったアレなにもう… …
第3楽章終わった時拍手が起こったんですよね。あまりにかっこよくてみんな感極まっちゃって、完全に満腹でしたね、第3楽章の時点で。それってすごいことですね。

私ももう、感動の嵐に疲れ切って、頭抱えて聴いてましたほんと。ああ~もう、なんだこれ、どうしよう~!ってなってました。今回は実はずっとメモ取りながら聴いてたんですが、第3楽章終盤からは、パンクして、ほぼ何も書いてません(笑)


第4楽章はなんといってもワールドチャンピオンシップスで、戻ってきた!見事に締めてきた! 冒頭早くてちょっと消化不良だったあのライバルが! 大満足の構成でした。


アンコールはやっぱりカービィで。スクリーンのカービィがあまりに可愛くて私もカービィに目覚めそうになったじゃないですか…。私の中で、カービィってむしろMPさんのイメージなんですよね。カービィに縁がなかったから。いつもMPさんに行く度カービィだから(笑)



終わりに


パンフレットにクリア特典として、なんと、ネットでプレイできるえむぴメモリアル#アフターストーリーが付いてて… このいたれりつくせりのお・も・て・な・し! もう、何も言いようがないです。 このやり過ぎ感、これぞ、好きだからなせる技ですね。作ってる人たちの苦労と、そして楽しさが、すごく伝わってきます。お疲れ様でした、そして楽しかったです。

パンフレットにも書いてあって、ご挨拶でもおっしゃってましたが、MPさんはガラパゴス式のマニアックさを志向していくと。

そういう個性的な楽団が、この仙台に。
たくさん楽団があるわけじゃないこの田舎に、こういう個性的な楽団があるということ。
なんというラッキーなんだろう! と私は思う!!

フルオケの本格的な楽団よりも、マニアックで面白い楽団のほうが、好きに決まってる!!


これからもがんばってください!


MPさんの狙い通りに、MPさんのおかげで、知らなかった曲を聴いて、ゲーム買おうかなあ?と実際私も思わせてもらいました。新パルテナが気になってます。スプラトゥーンとカービィのエアライドは、今回の演奏会のために聴いて、勉強になりました!
次回はすでにマリオカート8と発表されたので、これから予習しておこうと思います!
あーほんとニンテンドー系ばっかりだから、まったくどのゲームもやってないんだよ~。


次回は、友達か甥っ子か、なんとか連れていきたいものです…今回は日程的にムリだった…

ゲーム音楽吹奏楽団 「しかし MPがたりない」さんについては↓

公式サイト http://lackofmp.web.fc2.com/

関連記事
スポンサーサイト
[プレイ日記]Minecraft: Pocket Edition(1) 吐きそうなほど面白い | Home | [感想]ポンパドール ホットラブ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する