[感想]龍眼 -ドラゴンアイ- RT(リアルシング)



龍眼 -ドラゴンアイ- RT(リアルシング)



コメントで情報をもらいまして!情報ありがとうございあした!
やっと読みました!
い、いや~ まさか再開してたなんて…キセキ!!と思いました。

ずーっとまえにすごい途中で休載しちゃった龍眼の「続き」!
RT2巻まで読みましたので軽く感想!





続き! 普通に続きだ!


ZERO巻で、今まで展開してた試合の話の締めくくりをやって、1巻から新章に入っていく構成でした。
ZEROで総集編みたいなことをやるのかと思ったら、ほとんどそれもなく、普通に続きで解決までガンガン展開していきましたね。

いや~…感慨深い…嬉しい。でも、しばらく読んでなかったから忘れてた、普通に忘れてた…。この人だれだっけ…が結構多かった…。たまに龍眼は読み返してたんですが、1から読み返して読み返しが序盤で終わってたからな…。最後の方はさっぱり…。よし、また読み直そう!

でも、響の件はね、なんとなく覚えていましたよ。彼はご贔屓なキャラみたいだな~と思ってたから、一体どんな因縁があるんだろうかと気になっていましたからね。ついにそれが明かされましたけど、まっ  まさかそう来るとはおもわなかっった…おもわっなっかった… ぎゃああ萌える展開キターッ!! 葵さん…葵さんはこの漫画の、中央に咲く水の花ですわ…あの清涼感、美しさ、優しさ、強さ…愛…葵さんは全人類に愛されるべき!そう、愛されるべきなのです! そうだ、葵さんのために世界を回せよ響ィ!!最高だーッッ!!世界を取れよ響ィーッ!! こういう頑張り屋のツンツンで人間嫌いの攻撃的な野郎の純愛は完全燃焼で萌えるしかありません、思わぬ萌え設定に、興奮しましたありがとうございましたー!! 頑張れ響。だが言っとくが、きっと葵さんはお前のものにはならんぞ、全人類に愛されるべき存在なのだからね…。

イッサくんは、まあ、なかなかの包容力でした。おいしいとこだけ持ってっちゃった感で、あんまり活躍してなかったけど。他のすごキャラのほうが活躍してましたね。なんかすごいキャラが目白押しでしたね。


1巻以降の新章


ん~~~… とりあえず、レイラかわいいレイラかわいい。久しぶりにレイラの平和な感じが見れて、ん~~~~かわいいあ~…ってなりました。そういえばこの子、成績優秀だったのか、完全に失念。ただの可愛い子ですね。

双世さんは、いつもいつでも危うくて、まあ、それでこそ双世さんなわけですが。
そんなこんなで双世さんたら、なんだか昔と同じ展開してて、ええ~…成長してないのかこいつ…しかたないな、それでこそ双世さんでもあるわけですが…。でもまあ、ぶり返しているよね、いつも双世さんは同じことやってるよね…、というのが正直な感想ですね(笑) もう一度言うけどそれでこそ双世さんって気もするんだけどね。

イッサくんは、まだまだ謎の多い人物と言う感じは残していると思います。イッサくんが本当は何を考えてるのか、まだちょっとこう、読みきれないっていうか、なんだろうな、まだちょっと底が見透かせない。人間好きだし、大切、ってホンキで思っているのは分かるんですが、一番肝心な行動原理が隠されているような気がします。今回の決断も、どうも急な心変わりに見えるのはそのせいなのかなあ…って思ってる。まだ、本音喋ってないよね? イッサくんにとっての人間とは何なのかについてが、蓮玉さんのおかげでやっと語られそうですね。底が見透かせないってのが一番美味しいので、まだまだ底を見せない男でいて欲しいです。

侍以前のイッサくんの過去についてさえすっかり私忘れてたんですけども(笑)…そういえばそうだったね。そのへんのこと、改めて気になりますね。

敵(ダラク)の皆さんは、何を考えてるのかさっぱり分からんですが、意外と小者感があるような感じがして…あんまり脅威と思えないのが玉に瑕…。なんか、わりと普通の会話しているし、思考や手段もコソコソしててあんまり強そうでなく、人間味あふれてるので…。
感染の話もあるから、ウィルスの正体は、世界を動かす人間たちの構造的な秘密!みたいなアレになっていくのかなぁ。。それは最近ありきたりなので、違う話だといいな…

他のライバルたちは、楽しそうですね。ライバルのチームメイトとかもうキャラが多くて、覚えるの大変な気がしてきた。

あ、(?)は! ずっと謎だった犬が!! そう来たか、っていうか普通に可愛くて驚きました。なんだKAWAIIやつめ!しかも、雪村サンの心配してるなんて、意外にもめっちゃ可愛い忠犬ですね?こいつちゃんと零番隊のいち員なんだな、って思いました。 零番隊ってマスコットキャラクターの巣窟なんじゃない?全員マスコットキャラクターじゃない? マスコットキャラクターの塊じゃない?

蓮玉さんは、すごくカッコイイです、好みっぽいキャラです~。不敵で、妖しくて、しかもイッサくん好きなんですね? いいですね~。いろいろ困らせたってくださいね。

話の進みはどうしても双世さんの話が昔のことを繰り返している気がして、なんだかあんまり進んでいないような気がします…情報量やキャラクターが多くて濃厚なんですけどもね。あとたぶん、敵がどうも人間臭くて緊張感がない気がしているからかもしれない、なんか遅い感じがするのは。



改めて思うところ


思い出しても読んでみても、改めて、この漫画はすごくNARUTOっぽい、と思います。
ネオジャパネスクなデザインと、異能力者の戦闘組織な学園モノ感。異形を内包する主人公等など。
豊富なキャラクター、少年たち、それを導く指導者達。暗躍する謎の組織。
ん~、っぽい。
そういう作品は数あるが、すごく っぽい作品だなあと、客観的に感じる。

では主観的に、どのへんがこの漫画の魅力的かと考えてみると、
やっぱりキャラクターと絵柄かな~。
少年漫画だが主人公が少年ではないということ、そして主人公が導いていく少年たちがいる。
やっぱりイッサくんが主人公だってことが、この漫画の魅力なのかもしれませんね!

前も書いたけど、イッサくんはいい大人だけど、しょうもない子供で、どーしようもない子供で、諦めたいけど諦めきれない自分の思いがあって、どこかでは諦めながらも、中身では全然諦めてなくて、だから大人のくせに子供みたいないい男なんですよね。
これで一人だとただの子供になっちゃうだろうけど、レイラや双世さんという大切な家族がいるから、今は大人でもある。そこのバランスがいいんですよね。

私、主人公が嫌いだという漫画は、まあ、読みませんけど、かといって、主人公が「一番」好きだという漫画も、あんまり無いかもと振り返ってみた時、龍眼は、イッサくんは、イイよなあ、イッサくんは、すごく惹かれる、すごく好きなキャラクターだと、思いました。好きだ、イッサくんやっぱり好きだ!!!!
イッサくんは、ハラハラさせるところがいいよね。いい大人だから、カッコイイんですけども、かといってちゃんとしてないからすぐに失敗しそうな危うさもある。でも結構頼れるヤツなのだ。いいヒーローなのです。いい男なのです!
シノブさんの評 まったくもってその通りなのだっ!!読んでてめっちゃ同意した。

170514.jpg


そうそう、その通り!マジで! なんで皆(この漫画の登場人物たち)わかんねーの?
イッサくん、最高の男だろ。ちいさいこと以外な。うんうん、同意。
イッサくんは皆に愛されるべき!葵さんの次にな。
ちなみに桜庭さんはどっからどーみても全方位愛されキャラすぎるので、あえて放置したいです。
私はシノブさんの側に立つぜ。イッサくんファンクラブ作ろーぜ心のなかで。


ところで、1巻がイッサくんで2巻がレイラちゃんで、3巻は当然双世さんなわけですね。双世さん表紙~~~めっちゃ楽しみだな~~えへへ~~。などと思っているあたり、自分でも改めて、絵柄が好きなんだな?て思いました。 楽しみでーす!

 



RTは表紙デザイン、シンプルですごくカッコイイですね。

ぜひ、完結まで頑張ってほしい!!!応援します!!



あ、ところでこのZERO巻の表紙も、9巻の続きになってるよね?

 →→ 



ほら、マントを脱いだ!
…それにしても9巻のイッサくん、誰???
っていうくらいイケメンだよね…ずー―っと思ってる、これはきっと永遠にそう思う。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 漫画の感想 | ジャンル: アニメ・コミック
[感想]ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く - 生田 哲 | Home | [感想]小椋佳全集(音楽のある風景)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する