[プレイ日記]ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (4)クリア!



ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて



なんとかお盆休み最終日に、一応クリアしました。

しかし今作はクリア後のお楽しみもボリューミーなようなので、まだまだこれからか!!ってかんじですけどね!






クリア感想だからネタバレあると思うので、気をつけてください


魔王を倒した…


1708191.jpg

ラスボスまではもう少し長いかな?って予想してたんですが、案外早めにラスダンでした。
ラスダンも難しくないし、しかもやさしいことに、何度も戻ってセーブや回復ができる…親切設計のダンジョン。魔王親切設計すぎじゃない…? 暮らし安さを重視した結果ということか。
雑魚敵も弱いのでほとんど無視して突っ込みました。っていうか3Dモードだと敵が見えてしかも簡単に回避できるのでほとんど戦闘しません(笑)

1708192.jpg

で、クリア時のデータがこちら。レベルは57でした。
パーティは最終的に、勇者、シルビア、マルティナ、グレイグだったと思う。たしかやっぱりロウ様が打たれ弱くて死んじゃって…、最初は多分ロウ様入れてたんだと思うんだけど。

やっぱりさあ…ラスボスといえば、一番の必殺技ってさ… いてつくはどうですよね!
どんな恐ろしい攻撃よりも、いてつくはどうでこころがいてつくんですよ。ほんとに。

なかなか安定しない戦闘のなかで…どうにかこうにかちまちまダメージを与えて、倒したって感じでしたね。
でもダメージ量は思ったほどでもなかった気がした。あ、もう忘れた(笑)
とにかくレベル57でもなんとかなりました。あんまり綺麗な戦闘ではなかったけど。
たしか…マジックバリアの出来る盾が大活躍でしたね。フバーハは諦めました。

結局主戦力はマルティナですね。マルティナ最高です。とにかくマルティナにだけはバイキルトをなんとかかけて、ばくれつきゃくをしてもらう。HPが減ってきたらミラクルムーンである程度補充してもらうこともできる。マルティナは攻撃だけでも運用しやすい素晴らしい性能です!
他のメンツは回復と補助基本で運用。結局勇者にバイキルトかけても、回復に廻っちゃって攻撃チャンスが少なかったです。あと、私の勇者、ミラクルソードを覚えてないので…。

グレイグは打たれ強いので、回復・補助として盤石です。あんまりグレイグ好きじゃないんだけど、最後はやっぱり使いやすさですよ。グレイグに賢者の石を持たせて、暇ならいつでも賢者の石。賢者の石係。ロウ様みたいに回復役なのにすぐ死んじゃうとほんとにガタガタに崩れるんで…今更ながら、僧侶は結構防御力が高いということが重要なんだなと思いました。ロウ様は賢者型だから、打たれ弱いんだよね。

セーニャは、私の進行させ方の問題か、かなり後期加入になってしまって、レベル差が10くらい出来てしまって、基本的に使えませんでした。とっとと進めて仲間にしておけばよかったのね。途中でメタル狩りとかしたから…すまん。でもセーニャを入れたとしたら、どうなったかな。単にシルビアさんの代わりをセーニャにすることが出来たってことか…。確かに…。やまびこベホマラーは神ですね。


ちなみにプレイ時間は、カジノでかさ増しされてます(笑) カジノで…数時間は遊んだから…ね。



そしてクリア後へ!


1708193.jpg

私、クリアまで一度も電源を落としたことがなく、ずっとスリープ対応してたので、このあらすじ画面を、クリアして初めて知りました!
なんと! 下画面にキャラが出てて可愛い!
こんな仕様だったなんて…知りませんでした…。


クリア後の展開は…きっとそういうことだよね~って、読んでたぜ…!
ベロニカのあのイベントのあとは、もうタイトルの意味、なんとなく想像できましたもんね。世界崩壊の時点で大体イメージできましたが…うん。

ベロニカのあのイベントは…言うまでもなく号泣しました…。こんな辛い展開が待っているとは…。プレイヤーもみんな、ベロニカだけは、あの明るさで戻ってくると思ってたよね…。あんな別れは、泣くしかありませんでした。
二人が双子で生まれてきた理由は…っていう話を、以前からラムダの人たちが言ってて、そういう理由だったのか…って言われると、本当に悲しすぎました…。

だが、ドラクエがこのまま終わるわけがない、こんなエ○リス展開で終わるわけがない!
というわけで、クリア後の展開は、うんうん!って感じでした。が、一人だけ…って言われた時はショックで、さすがにすぐには頷けず、平和な町々をちょっとウロウロしてから飛びました。

その後の、王様がもとに戻るまでの展開は、全く緊張して目が離せませんでした! 面白かったです。ドラクエでここまで緊迫感を持ってプレイしたシナリオがあっただろうかというほど、ドキドキしました。勇者、おっとりさんだからねえ…。自分からは何も言い出さないですからねえ。


っていうかですね、魔王戦で、今回初めて全滅しました!! 2回めで倒しました。
いや~あれは初見殺しですよねさすがに。でも2回戦目でもあまり有効な策がないまま倒しました。
マジックバリア、マホカンタとかをしておくと少しは有利ですが、どうせ消されるし、マホカンタしているキャラは狙われないので、他のキャラが狙われすぎる。勇者だけが戦力なので、勇者だけ活かせばなんとかなると思って初戦でマホカンタかけてみたんですが、むしろ仲間がバタバタ死んでしまいました。ひかりの装備はその点、役に立つかも。
途中で気づいたには、仲間は何も出来ないならば防御しておけということ。いつもは防御なんか使わないんだけど、今回だけは防御で救われました。

勇者はギガ~など全体攻撃で戦ってるとあっという間にMPがなくなってきてやばかったです。結構杖のHPが高いので、攻撃は本来魔王だけに集中したほうが楽なんでしょうね。2回戦でなんとか倒したあとの今思うと、もっとうまく戦えた気がしてきます。
回復は1ターンしか出来ないので…回復量をいかにあげるか、誰を犠牲にするか、そのへんがパズルですね。
面白いバトルでした。


その後は…、レベル差をどうするんだろうなと思ってたら、あっさりと、ご都合展開で元通りに…。
これはちょっとがっかりした(笑)

このあとどうなるのかな~。自分が救ったあの世界のみんなに会いたい…って結構切なく思います。みんな何も覚えてない。あの冒険を切り抜けた、あのいろんなドラマ、苦しみ悲しみを切り抜けた真の仲間たちじゃないのかって思うと悲しい…。
でも、これって別の時間軸とか可能性世界とかじゃなくて、単に時を巻き戻しただけで、みんな忘れてしまっただけなんですよね実は。最近のSFではパラレルワールドが基本だから、つい、みんな別の人間なんだ…って思ってたけど…。単に時間を巻き戻して忘れちゃっただけ、あの喪失やあの戦いのあとの世界が単になくなって、時間が戻っただけ…と思えば、悲しくないのかな。
クリアしてみないとそこらへんはわからないのかな?

レベル上げやクリアする自信がないんですけども…エンディングは見たいので、いざとなったら攻略サイトですね!ここまで一切攻略とか見ないで進んでたんですが。


あ、そうそう、今回はメタル族の出現率高くないですか? 結構よく見かけますね! レベル上げ嫌いのこの私が、一時期メタル狩りしたくらいです。
それに、メタル斬り以外でも結構ダメージを与えられるのが気楽。手数の多い攻撃が通る! グレイグにメタル装備させて手数の多い攻撃をするのが一番かな?


音楽について


今更ながら思うんですけど、ドラクエの一番の特徴って、鳥山先生のキャラデザでもなく、シナリオでもウィンドウでもバトルでもなく、すぎやませんせいの音楽ではないでしょうか。私にとってはそうです。

今回の音楽は正直期待してませんでした。すぎやませんせい、もうお年だし、Xでも曲数少なめだったし。やはり今回の曲数は少なめでしたね。仕方ないことだと思う。
でも、なんでこんなシンセ音なの………って、それは逐一思った。PS4はフルオケ生音だったりするんじゃないかと思って動画を見たらそうでもなさそうで、ガッカリ。生オケ音だったら…これらの曲の盛り上がりや神秘性も高まるのかなあ…どうなんだろう、って悩みながらプレイしてます。

バトルの曲は結構いいですよね。戦闘だけでなく戦闘的なシーンなどでも使われてたと思いますが、ちゃんとハマってて、いいかんじでした。普通にボス戦で使用されても、テンションが維持できました。
しかしフィールドは、どうも勇壮すぎて心境に合わないです。全然合わない。今回の勇者の旅ってこんなに最初っから勇壮じゃない…むしろとても孤独で荒涼として風の旅だったと思う。IVの勇者の故郷ほどの悲しさではないにしろ…いや、よく考えれば最初の方はそのくらい悲しいな…。なのにあんなに ッヴァン!って始まってタッタターンタッタターン…トットレ~レ~レッレ~♪フォロロロラン♪ って…楽しそうすぎる。勇壮なだけでなく、なんか楽しそうなリズムなんだよね…!! うーん…。
ま、今更ですね…。

ケトスの曲も正直全然ピンとこなかった…。ちょっとイントロが、らしくないな?って感じました。いや、ケトスはその見た目自体が…違和感が…。

ああもういいや…。とにかく早くオケで聞きたいですね。オケで聞いたらきっと違うんだろうな!?





ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲームプレイ日記 | ジャンル: ゲーム
[プレイ日記]アナザーエデン 時空を超える猫(2)やっとクリア! | Home | [感想]俳句歳時記 第四版増補 夏 (角川ソフィア文庫)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する