FC2ブログ

[イベント感想]MPのない音楽会VIII~失われた旋律を求めて

1801251.jpg


今回も行ってまいりました!
仙台で活躍中のゲーム音楽吹奏楽団「しかしMPがたりない」さんの演奏会!

寒~~い1月の日曜日…防寒対策バッチリで向かいましたよ。
今回はなんと! ゲーム音楽には全く興味のない友人Aさんを誘ってね!

今回も楽しい演奏会でした!




しかしわたしのMPがたりないため
今回の感想は…いつになくグダグダですご了承ください…!


会場のようす


今回も川内萩ホール。これまでの演奏会で聴いたとおりとってもいい音なので、安心です。
無料の演奏会ですから今回は開場の30分前に列に並びました。今回はすごく寒かったせいか…いつもより列が少ないような気もするなあ…と思っていました。
なんとなく、前回よりも人の入りが少なかったような気も? 終演18時なので、月曜日の予定によってはちょっと足踏みしちゃう感じではありますよね。
私はいつもどおり1階真ん中あたりの席が取れたんですけど、友人の隣も空いたままでした。それからウィング席に結構空席が見て取れて、意外だな~。ちょっとあそこも座りたいよな~楽しそうだよな~でも音はどんななのかなあ?? と、思ったりもしました。

今回は…魔王や邪神などのダークサイド(暗黒面勢力)による被害が相次いでいるため会場警備が外部委託で強化されている旨のアナウンスが何度かあり、ダークサイドってなんだかわからんが、物騒なのかな~盗難とかあるのかな~危ないな~。外部委託って、警備会社の人かな~でも警備会社の人とか見かけなかったなあ…などと、ぼんやりと思っていました。

私達の後ろの席の方、隣の席の方の話しているのが聞こえてきて、もうベテランな感じで何度も来ていらっしゃる方な感じでしたね~。そして私みたいに、MPさんの演奏会未経験者の方を連れてきている感じでしたね~解説なさっていましたよ! ああ~こうして広がっていくんだな、ファンが…。今後どんどん、来場者数が増えていくに違いない…。
後ろの方もね~、ヤス大会の回が面白かった…と言っててね~私はウンウン!!と頷いてました。あれは伝説の神シナリオだったんじゃないでしょうか…!




第一部の感想


開演…そして一発目から「女神の詩」ですよ!

MPさんの演奏会はNテンドー率がすごく高いのと、ほんとにマニアックな曲が来たり、レトロゲーが来たりととにかく縦横無尽ガラパゴスマニアックなので、私はそのまま行っても分からない事が多いんです。そこで今回は私、いつもよりもかなり予習して行った方でした。

ゼルダもあんまりやっていないので、この曲も予習してったわけですが、あまりの素晴らしさにですね~聞きに行く前からものすごく感動してました。なんて力強くも孤独で、ゆえにこそ人間らしい真の勇者像が現わされていることか。大地と風の中に生きる一途な人間の野性味、理論や概念ではなく肉を持った英雄の姿だ。聞けば聞くほどに素晴らしい…。完璧!
この曲、原曲が豪華すぎて構成も録音も完璧すぎて流石にこれは…MPさんどう料理してくれるんだろう? と思ってました!

ので、いきなり一発目からこれが来た時の私、うぉっ心の準備がまだ!てなりました(笑)
辛口で申し上げれば、なかなか、あの豪華すぎる構成と迫力を吹奏楽でと言うのは難しかったかな~と、正直聴いてて思った。意外と、入り方が派手でなく実直な感じの曲なので、開演の掴みとしては物足りない感じもしたし、意外と短く終わってしまう点もあって、あっさりでした。
ん~…期待しすぎちゃったかな、ん~残念もう少し…と思っていたんですが、いや~この後…まさか、あんなことに、なるとは、ね…

それでいつものように、話し方だけで分かっちゃうほど人柄の良い真面目な団長さんの張り切りご挨拶が入って、いきなりメインディッシュ的なマリオカート8メドレーが来るわけです。
マッリォカァァーットッエイッ!!!
(会場笑)
そして始まる、綺羅びやかなマリオカート8のテーマ! ああ~これぞ吹奏楽の醍醐味!
マリオカートもSFC以外全然やってない私ですが、最近のマリオカートかっこよすぎか!!って、予習してびっくりしました。超かっこいい、大人びたお洒落マリオカートのテーマ。吹奏楽にぴったりな、かっこい~いテーマ。MPさんの音にぴったりの元気さと勢いとかっこよさなのですよ。うおお~これは期待大!とメモメモしているうちに、


ん???


なんか曲調が急に暗くなったが??ん??
と、顔を上げたらそこに魔王がいたのだった…。あ、魔王だ…。

突然闇より出でし魔王に「お客さん困ります~」と団長さん困惑…
問答無用で魔王は演奏会を乗っ取り、演奏者たちに呪いをかけてしまう…

(まだマリオカートが始まったばかりで途中なのに…どうなっちゃうの…?)

会場の観客の思いを代弁するかのように、聞きに来ていた社会人えむぴさんが舞台に上り…
魔王の呪いのかからなかった
・ピカチュウ(名探偵)
・マイケル
・警備を委託されていたティオちゃん
の一匹と二人の仲間と共に、封鎖された萩ホールの中で、演奏会を再開させるための冒険を繰り広げていきます。



ティオちゃんの戦闘は、軌跡のバトル画面をかなり再現していると思われ…(やってないから分からないが)、すごいな~コマンド画面とかがすごくかっこよかったです!
相変わらずスクリーン演出がすごすぎてですね、目のほうが気を取られてしまって、音楽のほうに細かい意識が向かないというか… 
これはブログで書いても見たことない人だと分かってくれないだろうな~。いっぺんMPさんの演奏会を見に来て!すごいから!なんかすごい気合入ったおもしろ映像を見せてくれちゃうんですよ! あんなに手の込んだ物を一回しか見れないと思うと、目の方が釘付けになってしまって、なるべく多くの情報を得ようとしてしまって、そっちに神経使っちゃうよ。バトルだからスピーディだし何のコマンド選んだかとか結果とか気になるし、小ネタも多いでしょ。も~嬉しい悲鳴というか 困ります!!


実は、今回はいつもより音楽+劇の時間が長くてですね、っていうかほとんどそうだったので…
音楽の方に全神経を向けられる時間がほとんどなくてですね…
ゲーム音楽に詳しくない人や、音楽自体にそれほど興味がないと言う人やお子様は、退屈しないですごく楽しめたのではないかと思ったんですけども、一方で、私のMPさんの演奏する音楽自体を聞きたいという気持ちは、ちょっと複雑な思いがしました正直。
展開と画面を追うことと、あとメモもしていたので忙しくて(笑)…忙しくて疲れたのと、音楽の印象が薄くなってしまったという…。
いや、あれかな、逆に私が予習しすぎていたから、音楽に対して、意識が向かなかったってのがあるのかもしれない。知ってる曲だと多少流れていくから、知らないほうが、シーンとのマッチ感とか新鮮味とかあって、気持ちが音楽に向いたのかもしれないな~…ああ~そっかなるほど次回は予習しないで行くかな~
「Get Over The Barrier!」も、耳覚えがあったせいで逆にスルーしちゃったかもしれない。


次に…今回は「片翼の天使」が曲目にあったので、正直、(片翼か~…)と思ってたのは私だけだろうか。
私の片翼に対するこの複雑な思いは、語りだしたら長い。ので、省略するが、とにかく、片翼、有名だし、よく演奏されるし、聞き飽きてるし…うーん…と思ってたわけですよ。
だが、今回も、してやられた!

前〃回も、「時の傷痕」が、聞き飽きてるなあと思ってたのに、かつて無く感動的で新鮮な演奏に驚かされたわけですが、
今回も、「片翼の天使」をこんなに素晴らしい演奏、素晴らしい再現度で聞かせてくれるなんてッ 私の低い期待度をちゃぶ台返しされた! そうか~そういえばあの曲、吹奏楽向きだったんだ~!金管の素晴らしい迫力!冴えるコーラス!なんて素晴らしいんだ…!!

毎回言ってるけどMPさんの演奏は、はっきりと大事な旋律が聞こえてきて、すかっとするんですよね。考えてみると、昔のゲーム音楽は、音の鳴り方がプーとかピーとかブラスっぽかったからなのかな、と思ったりもしますが、とにかく編曲がいつも素晴らしいです!その上片翼は、ブラスの見せ場が多く、超かっこよかったです!!><
ここまでで一番盛り上がったな~!と思いました。

んで、マイケルのポスターの謎が明かされて、そうだったのか~外で並んでる時気になってたよ~!と…
これは来た人しかわからないが…周囲もみんな、隠された細かいネタに感心してました(笑)
ってかセフィロスと戦ってたのか…気づかなかったぜ…さすがマイケル様でs


その後ついに魔王との最終決戦で…「四魔貴族バトル1」で、ロマサガ3風画面で、ロマサガ3大好きな私ですからさ、技名とか陣形とかドット絵再現度とか色々見どころ一杯でさあ…
分かってくれますか? 音楽に神経が向かないわけです、ほんと困りました。
あ!ひらめき?!いや見切った!とか! ほんと困ります、そんなに色々小ネタ…
メモ見ながらいま書いてますけど、ここらへん音楽の感想全然メモしてませんよ? 困ります!!
と言う感じで魔王を倒して第一部完!!

だったのですが、四魔貴族が1しか演奏されてなかったっつ~ことは、推して知るべし。
まだ戦いが終わってないということそのもの、だよね~。と、真顔でこっそり思っていましたよ私はぁ。
お話も、あっさり過ぎて、まずこれで終わりなわけ、ないよね~??


第二部


さて第二部どうなるんかな~ よし、気を取り直して~!と、メモを構えて聞き始めたら、
「えっ!? また!?」
と、私 声に出してしまいましたよ。
なんと第二部も頭に「女神の詩」が演奏されるではありませんか。
いや、たしかにさっきちょっと物足りなかったし短かったし、この曲は何回聴いても素晴らしいから10回位余裕ッスけど、ん~? スクリーン演出も同じだし うーん…?? もしかして、ゲームを起動したときのように毎回この曲が流れる演出なのだろうか…と、悩んでいたのですが、演奏が終わって出てきた団長さんが再び最初と同じ挨拶をして…

実は会場では第一部の演奏会がループする現象が発生していたのであった…!
魔王の呪い 恐るべし… 魔王を倒しただけでは呪いは解けていなかったんだ…。
再びえむぴさんと仲間たちが集い、再び魔王討伐に向かい、再び魔王の手下?たちと戦う展開に。


基本的に第一部と戦闘相手も同じで展開も大体同じなのですが、演出と曲が違いましたね。

「彼の者の名は…」が演奏されるとは~!!思ってなかったので、すごく嬉しい衝撃でした! BDFFは体験版しかやってないんですけど(笑)あの曲がやっぱり一番かっこいいよね! そしてMPさんの演奏にすごくあっていて、カッコイイ! 最高でした!!テンション↑↑でした


それから次に、艦これの「シズメシズメ」、艦これもやったことなかったので音楽だけ予習しましたが、これを演奏するなんてね~! 艦これだと他にも、吹奏楽向きの曲があったのではないかという気もしたのですが…、選曲ってどうやって決めてるのかな?あえてガラパゴス化するがモットーのMPさんだからこその選曲なのかもしれない。
この曲はコーラス入りだけど録音向きの曲で、コーラスは今ひとつ聞こえないのが味なんだろうから、生演奏だとせっかく歌ってるのにはっきりは聞こえないのがちょっともったいないような気がしました。

そして画面は艦これでした。プレイしている方だと、興奮大!なんだろうな~!って思いました。
あとね、空母棲姫さんの顎は分解して持ち運ぶんだな~ってのが暗闇の中でこっそり笑えたポイントだった。
コスプレすごい完成度でしたね。特にティオちゃんの杖がすごすぎて驚きました、どうやって作ったのあれすごい。そのままコスプレイベント行けますよね。オークションで売ったらレイヤーさんが飛びつくんじゃないかっていう気がしました(笑)


次にマイケルさんの…登場時にちゃんと説明していた、作っちゃったゲーム「Michael Jackson's Moonwalker」の曲で…
ちゃんと踊ってて最後ビシっと決まって、すごくかっこよかったです! 前回も、踊りうまいよ~…って思ってたけど、MPさんは踊ったり歌ったりほんとになんでもやっちゃう。ほんとに楽しい舞台ですね!!


そんな戦いの陰で…どっきーさんの裏切り(買収)が発覚…(笑)
そして彼の闇の欲望にそまった没曲メドレー!
楽しくて、どの曲もとても良かったです。なんでだろうね、没曲のほうがイキイキしているような気さえしましたよ!?
同人とかアニメとかも、ばっちこいですよね~ 是非今後も色々演奏して欲しい。
基本はゲームなら、ありだと思う!!!ありだとおもいます!


そして再びの魔王戦は、思った通りに「四魔貴族バトル2」でした。
バトルの画面演出を見ているとあっという間に曲が終わってしまっていた…見切りつけてて有利になってる!とか、すごい技でた!とか…見ていると…。もっとじっくり四魔貴族聴きたかった~と思ってしまいました。演奏はそれなりの時間やってたんだと思うんですけど、目のほうが忙しくて…ってことなのですよ。とても迫力ある演奏でした。

そして第二部が終わったのに、「第一部終了」のアナウンスが会場に響くと、観客全員の中に(えっ、もしかして…まだ呪い解けてない!!)という嫌な予感が…。


第三部


後ろの席の常連さんらしきお客様が、「今回は休憩時間が長いようなきがする…」とおっしゃってて、そういえばそんな気もしました。どうだったかな? 劇付きだからか、あっという間に休憩時間になっちゃう感じがしちゃうし、なぜか今回は、休憩時間に入るたびに疲れた…という印象がありました。魔王の呪いの影響かもしれない…。

そして開演、もしかしてやっぱりまた「女神の詩」から始まるんじゃないか…と、みんなビクビクしていたら、やっぱり「女神の詩」だった…女神の詩3回目! でも女神の詩は何回聴いてもいいから良いですよ(笑)
しかし団長さんの挨拶3回目はなあ~まいったな~と思ってたら、超親切スキップ機能搭載で高速読み上げされて非常に助かりました(笑)


Bloodborneの「The Hunter」と共に、ついに明かされた真の黒幕… ダークえむぴ!
この曲は予習していかなかったんですけど、非常に臨場感があって超かっこよかったです。何より劇のシーンに見事にハマってた。むしろこの曲演奏するためにこの展開を用意したのではないかというほどに最高にマッチしていました!!

ダークえむぴは、えむぴさんの抑圧された心から生まれた存在…
彼がツライ社会人生活から逃れて永遠のゲーム音楽演奏会を繰り返そうとした張本人だったのだ…
すなわち、魔王を倒そうとしていた勇者えむぴさんこそが、魔王そのものだったのだ…

その気持ち、分かる!私もダークサイドよ!!魔王の手下になろうかしら!
社会生活で心身を削るえむぴさんをむしろ救済しようとしたダークえむぴ…
萌える展開と言わざるをえない! むしろ可愛い! 好き!


ダークえむぴ戦は「歪なる思念 其の名は魔王」でした。まさに、タイトル通りの展開と、曲の持っているイメージもとても合っていましたね。あの幼いコーラスは、えむぴさんのダークサイドに凝縮された純真な子供の心、それが抑圧によって歪んでついに魔王化したのだ!
全体の再現度もコーラスの再現度も素晴らしく…ほとんどの音がちゃんと聞こえてきてるって感じでした。原曲はストリングスが出張ってるのに、吹奏楽のMPさんでも全然違和感なかったです。イメージがほとんどもれなく伝わってきてる。 もう、MPさんBDFFのコンサートやってくれってレベルでしたよ!

しかし、こうして後から思い出して書いていると… これってRevoさんの曲を聞き慣れてれば、いつも通りな感じで、ノリノリになれる曲なのですけど、聞いたことない人がこれを生演奏でいきなり聞いた時のショックはでかそうな気がするね。あの会場の大半の方はゲーム音楽好きだろうと思うけど、そうじゃない人たちはどういう印象で聞いてるのかな~?
そんなまっさらな、第三者的な視点でもってもう一度MPさんの演奏を聞いてみたいなあ…
今後は演奏曲を予習していくべきか予習しないでいくべきか、改めて悩む所!!


決着後、決意の感動シーンで演奏された「終極の大計」も展開にぴったりでゲームっぽくてとてもかっこよかった。
そしてエンディングに4回目の! 「女神の詩」
素晴らしい… 何回も聞かせて最後にも聞かせてくる演出…決まってました!
何度も言うけど何回聞いても最高な曲だよね…

きっとこの構成を考えたMPさんのみなさんも、4回聞いても最高って思わせる曲だという確信を持っておられたに違いない。最初に聞いても感動させて最後に聞いても感動させる…延々聞いても、次々に様々な思いが湧き上がってくる、奮い立ち、省みて、また再び前を向く、未来へ進みそして永遠に遠ざかる…そんな悠遠雄大すぎる曲なのだ…。
パンフレットには、目覚めの唄であることが解説されています。MPさんの今回のシナリオ上でも、開演の「目覚めの唄」であり、夢から醒めて現実へと目覚める「目覚めの唄」でもあるというキーになっているんだろうなと思いました。


こうして、音楽劇が終わって…


そしたらもう残りの時間が20分位しかない!! なんということだ!!って私は時計を見ては内心ショックでした。もっと聴きたかったなあ…と。これじゃあマリオカートで終わりなのか!うわ~!!もっと聞きたい!うわ~!!と。


団長さんがご挨拶で、ついにご卒業とのこと…お疲れ様でした!
前々回の構成の感じから団長さん卒業の気配はありありと感じていたんですが、ついに…。一度だけご挨拶させていただいた気がするのですが、観客席で見ているだけでも、優しくて真面目なお人柄がいつも伝わってまいりました。そういうお人柄だからこそ団体をまとめて引っ張って来られたのだろうと思うし、また、そういうお人柄だから気苦労も多かったのではないかとお察しします。本当にお疲れ様でした。
観客席で…多分、泣いている方がいらっしゃいました。OB?OG?の方なのかもしれないけど、本当に慕われてらっしゃったんですね。私もうるっとしました!
団長さんが作り上げてきた愛される楽団…
団長さんが代わっても、これからもMPさんの演奏会聴きに来ますね!

多分、多くのお客様がそう思ったことでしょう!


そして本番のマリオカート8メドレー。待ちに待ったマリオカートメドレーですね(笑)
ソロも華麗で、とっても華やか、楽しいメドレーでした、みんなノリノリでしたね。
どの曲もとても良かったです。私はワリオスノーマウンテンが特に好きな曲だったので、たっぷり演奏されて大満足でした。

MPさんにはこういう、華やかで楽しく元気いっぱいの曲がやっぱり合っているな~って、しみじみ思いました。MPさんの持っている…オーラっていうか、雰囲気が、そういう感じ。格式張った感じじゃなくて、とにかく楽しくて明るくて元気な感じ。Nテンドーの演奏が多いからそんな感じがするのかもしれないし、劇がいつも楽しいからそんな感じがするのかもしれない、吹奏楽というのは基本的にそうだとも言えるけど、とにかく音の感じも綺羅びやかで元気なのが一番映えて聞こえてくる。晴れやかで、すかっとする、楽しい気持ちになる音楽の喜びそのもの!
これからも、こういう楽しい音楽をたくさん演奏してください!

あ、それからスクリーンでえむぴさんとDえむぴさんとピカチュウがレインボーロードで楽しく遊んでるのを見て、ああよかったな~って…とても嬉しくなりました!

ちなみに、私は予習した中で、スカイガーデンが一番好きでした。ギャラクシーのアレンジですよね、超かっこいい…是非聴きたかったんですがこれは演奏されなかった! くっ惜しい!!
なお、MPさんは昨年バッハホールでギャラクシー2を演奏されたとのこと…聞きに行きたかったな…。ギャラクシーはMPさんにぴったりだよね。 ニコニコ動画にその時の演奏がUPされているようです。 私が聞きに行かなかった回の演奏会の曲もUPされていたので、聴けてありがたかったです!RSEメドレー感動した! ↓

「しかしMPがたりない」タグ検索結果|ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/tag/%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%97MP%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%84




更にカービィトリデラのクィン・セクトニアメドレーが演奏され、これまた超かっこよかったです。
相変わらず私はカービィに詳しくないため、知らないで聞いていましたが、カービィってほんとに…見た目に反してカッコイイ曲ですね…。このときには頭が疲れていたので、かっこよすぎてヤバイ曲だな…という印象しか残ってないですが! カービィファン的には、テンション振り切ったんじゃないでしょうか…

MPさんと言えばやはりカービィ…ですからね…。カービィ好きな方は、良いから黙って仙台へ…カモン!



楽しかったけど疲れた、でもまた行きたい


今回も楽しい演奏会でしたが、正直な感想として、今回は何故かとても疲れてしまいました。(わたし体調もあったかもしれないです。翌々日から体調不良でダウンしてしまった)
同じ演出が3部3回繰り返されたせいなのかなあ…。もちろん意味ある演出だったわけですが、案外、人というのは、休憩時間を挟んで、新たに新鮮な気持ちで聞きたいものなのかもしれないですね。舞台も音楽も長時間座って見聞きしているのは案外と頭を疲れさせるので、一度リセットして新しいものを見て切り替えたいものなのかもしれない。
もちろんこの演出は今回限りでしょうけどね!

にしても一年に一回と言わずもっと聞かせて欲しいなあ~と、第一部終わったあたりから思ってたんですが、なんと終演後の予告で今年9月23日にも演奏会が開催されるとのこと!! めっちゃテンション上がりました~! 楽しみです!!


友人Aさんの感想


さて、今回はゲーム音楽には全く興味のない友人Aさん(ゲームは少しやる)を誘って聞きに行きまして、Aさんの感想をブログに書こう!と。いかがでしたか?と聞いてみましたところ、

「疲れたが、もう一度聞きに行きたいと思わせてくれた。是非次も行きたい。曲は、KMOKがプレイしているのを見たときに聞いたことがあった「片翼の天使」以外は一つもわからなかったけど楽しかった。特に楽天のユニフォームが良かった(←楽天ファン)。そこで一番テンションが上った。それから最後のカービィメドレー、カービィなのにこんなに情熱的なの!?と驚いた」

とのことでした。

彼女はDS以降のどうぶつの森ヘビーユーザーなのですが、あんなに何年にもわたって遊び尽くしたくせに、どうぶつの森の音楽に聞き覚えがないというほどに、ゲーム音楽に興味のない人なんですよ。今回マリオカートでどうぶつの森の曲も演奏されてたでしょ?と聞いてみたんだけど、分からなかった、っていうくらいですからね…。
そんなゲーム音楽に興味のない人でもひきつけてしまうMPさんの不思議。普通のコンサートだったら多分、音楽に興味ない人はもう一度行きたいとは思わないでしょう。

作っている方、演奏されている方の 楽しさ、情熱がこっちにバリバリ伝わってくるんですよね。
それで、応援したくなる。また見てみたくなる。

秋の演奏会も、Aさんを誘って聞きに行きたいと思います。


いや、ほんと、みんな聞きに来るべきだよな…。そうだよな…。
ゲーム音楽に興味のない仙台周辺の友達みんなにも、やはり宣伝しておくか!


1801252.jpg

▲今回のパンフレットには何かが隠されている…という情報は得ていたのですが、ん~いつもよりシンプルだしこれといってなにも見当たらないぞ…。と。 全く気づかなかったな~。 言われてみれば確かに、気づいても良さそうなものでしたが…! やっぱり会場の狭い席では、全体を把握して見れないせいかも…してやられました!
表も今回はとてもシンプルなデザインでしたが、うっすら印刷されてる所よーく見ると、かなり手が込んだデザインですね!

ゲーム音楽吹奏楽団 「しかし MPがたりない」さんについては↓

公式サイト http://lackofmp.webcrow.jp/

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲーム音楽 | ジャンル: ゲーム
[プレイ日記]オトメ勇者(4)そこそこ魔王倒しました | Home | [感想]アナザーエデン オリジナル・サウンドトラック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する