FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想]フューチャーカード バディファイト (てんとう虫コロコロコミックス)


フューチャーカード バディファイト (てんとう虫コロコロコミックス)
田村 光久



ブシロードのトレーディングカードゲームの漫画版です。
最近、連載が終わったみたいですね、お疲れ様でした!

私、カードゲームは一切やらないし、このゲームもさっぱり知らなかったんですけど、
偶然が重なって読む機会があり、田村先生の絵にハート射抜かれた!!
漫画の内容以上に絵にときめいた!!!

ので熱い想いで書きなぐります!
なお、4巻まで読んだ感想です。


それにしてもアマゾンで見ると、全然レビューも書かれて無いんだよね~
アマゾンにレビューを書くような読者層じゃないってことでしょうけども。だから私はここに書くぜ!



あらすじ


最強番長を目指す小学6年の主人公 未門 牙王は、バディファイトのバディ(相棒)を長い間求めていたが、出会えずにいた…
だがそんなある日、ついに、トイレ(大)で運命の出会いを果たす!
その名はドラムバンカー・ドラゴンファング・スレイド・テストリアルXIV世…ドラム(略)
なんだかんだでバカ熱血で曲がったことは許せない、そんな牙王とドラムのコンビが、来るもの拒まずバトルして、騒動を巻き起こしたり世界を守ったりする話。



全般的にコロコロらしい、派手でスピードの早い展開ながら、スッキリ解決してあとを引かない感じです。
大変なことが起きる割にあっという間に解決するので、感情移入できるほどついていけないし、結局一体何が起こったのか全然頭に残りません(笑) なんだったんだろうね? 世界のピンチとか気のせいだったんじゃね?くらいの。全部夢オチのほうが納得レベルの(笑)
ですが、小学生男子向けの漫画でじっくり描写など求めても仕方ない。
むしろ密度が高いので良い、と考えてもいいかもしれない。


バディファイトっていうゲームについて


しょうじき、漫画を読んでもゲームの内容はあんまり良くわかりません。
ただ、プレイヤーが武器を装備して戦えるってのはいいですね。
デッキが種類(ワールド)で固定されるのも単純で組みやすく、小学生向けにいいのかもしれないなあなるほどなあ、と思いました。最初にワールドを宣言するのもかっこいい。
計算も数字のケタが少なく単純そうです。
でもまあ、あんまりよくわかりません、展開早いし。たまに端折られているし、カードの説明もさほどないし。



そんなことより絵がかっこいい



2018-07-011.jpg

熱くてドドドグワアァァ!!って感じの絵を決めてくれる。
かなり書き込んだ濃厚な絵や繊細な絵が出てきて、見応え抜群なのです。

2018-07-014.jpg

見ると、基本的に線が繊細なんですよね!
でもメリハリが付けてあって、とても見やすいです。

今、Kindleしか持ってないので、Kindleを撮影した画像ですが…、この素晴らしい線の感じは、やっぱり紙媒体で見たい!ってかんじです。Kindleはほんとに漫画に向かないなあ…でも最近、置き場的に電子書籍で読みたいので困ってます。
やっぱり線だよな~線、かっこいい黒い線のあるマンガは最高!ぐっとくる!

2018-07-013.jpg

このノボルくん(その後ほぼ登場してない気がする)のキャラ紹介的な決め絵だけで私はこう、ズキュンと来たんですが、なんでしょう。単に私がノボルくんが好きってことなのか?まあそれもあるかもしれない…が。
でも4巻まで読んだ中ではアスモダイが好きです…まじで。あの性格とファッションと筋肉最高ですね。毎回出てほしいくらい。
イケメンなタスクせんぱいは、意外と微妙にガタイがいいっぽいところに驚きました…リアルでいいと思う…職業的に筋肉ないとおかしいと思うので…
あ、なんかろくでもない感想ばっか書いてるぞわたし!!

瞳の書き方とか表情がすごい好みです。
どのキャラもどのコマも表情が、かっこよくてぐっと来ます。


2018-07-015.jpg

当然、ギャグやら変顔やらも ちょくちょく出てきます。
流石に爆笑とは行かないが、くすっとさせてくれます…

2018-07-012.jpg

たこ焼きまつり…いいなあたこ焼き…

ただ、肝心の相棒のモンスターたちは、全体的に可愛すぎるかな?という気がします。まさに相棒として、会話したりもするモンスターたちだし、あえてそういうデザインなんだろうとは思うんですが…。怖いデザインだと小学生男子が、友だちになりたいと感じないからなのでしょうか。
バトルでの雄々しいシーンでもちょっと顔がかわいいなあ?と思うし、人間キャラクターに比べて絵的に見せ場も少ないな、と思います。

あと、女の子キャラも少ないですね!見せ場も殆ど無いね…。まあ、牙王は最強番長キャラなので、なかなか女の子と戦ったりなんかできないだろうなとは思いますけども…。



不思議な出会いだね


こんなわけで、田村先生のファンになりたい、なろう!なる!
という気持ちになってきた私です。

田村 光久先生といえば、妖逆門を描かれていたんですね、読んでないんですけども、藤田先生と関連がある作品だったな~って名前だけは知っていました…。どうやら、藤田先生、雷句先生…とつながっていく系譜に田村先生はあられるようですね。熱い絵はそういうわけだったのか~、道理で藤田ファンの私が惹かれるわけだ!と勝手に思ってた。雷句先生も好きでしたよ~ガッシュは何故か買ってたもんね…なぜだったのかもう思い出せないけど。

この漫画との出会いも実に不思議な縁だった気がします。


…甥っ子が暇そうなので、特に興味もないアニメを流してた、ある休日のことです。
バディファイトのアニメが始まって、OPテーマが聞こえてきたんです。
私はなにか別なことをしてて本気で聞いてなかったんだけども、サビあたりになって、これは…と思ったんですよね。いい曲だな、メロディも編曲も歌声も、少しか弱さのある、故にこそ輝く勇気を表現している!と。ビビッときた。しかもサビのちょっと古くさい感じも、実にかっこいい。小学生の勇ましさにぴったりな。そして最後の決めがとってもかっこいい。実にかっこいい!



「これはすごくかっこいい曲だね!」と、つい、甥っ子に言ったが特に反応はなかった。

…そんな出会いがあったんですよ。
これほんといい曲だと思うんです、聞けば聞くほどいいです、サビかっこいいです、聞いてみて下さい。

そのあと、Kindleの無料で1巻が読めたので読んだら絵がめっちゃ好みだった!というわけですよ。

不思議な出会いだな~うんうん。甥っ子のコロコロをパラパラみたときに連載してたのはちら見した事あったけど、全然ピンとこなかったんだけどな~(ドラえもん名作選みたいなのは読ませていただきました)。この歌がなければ私は田村先生の作品は読まないままだった気がする。



なぜ、小学生男子向けの漫画にときめくのか


今更思うんですが、結構私、コロコロとか小学生男子向けの漫画がスキなのかもしれない…
一体何が?もう少し上の年齢向けの通常の少年漫画も大好きなんですけども、なぜか低年齢男子向け漫画にも言いようのない魅力を感じるんですよね。


子供向けの単純そうな展開にちらりと見える人間味がハイコントラストに感じるせいなのでしょうか。
全体は小学生男子脳なバカとアホと汚ネタと単純強いかっこいいのストーリーなんですが、描いているのはそれでも大人ですからね、時々、感情の発露が描かれればそこには、ロックな怒りが表れる。しかしその怒りは複雑に回りくどい表現で描いても読者(小学生)にわからないので、シャウトになる。そこがいいのかな?

あるいはやはり書き手が大人であるがゆえに、キャラクターが小学生くらいって設定な割に、なんだかんだで物分りがいい、見た目は子供頭脳は大人な感じが透けて見えるからでしょうか。

それとも、子供が楽しめるようにしっかりと書き込まれた一コマ一コマが、見やすくも楽しいからなのでしょうか。
あるいは自分の穢れた大人の心が、真っ白な子供向け作品に癒やされるからなのか?手垢ついてない感じがいいのか?
いや、そんな面倒くさい理由ではなく、単に嫌な展開が少なくて、夢があったり、楽しかったりするから?

 きっとこれらすべてに違いない…


昔から少女漫画が苦手で、少年漫画がだいっすきな私なのです。
一応、女性なんですが…まあ、こういう私みたいな女性も結構いると思うんですよね! いるよね!いるよ。
残念ながら頭が男子っぽいに違いない。小学生の時分からドラクエの勇者やドラゴンボールの悟空にあこがれてましたからね…。(あ、でもいま思うと未来トランクスが一番好きですかっこよすぎです!ときめいた!あ、全然関係ないです!はい!)
ともかくこんな私なので、ここが最後のサンクチュアリなのかもしれない。
癒やされたくなったとき…こういう漫画を読もう。



このバディファイトの連載は終わったみたいなんですが、次回作も注目したいです。がんばってください!

バディファイトももちろん最後の巻までちょっとずつ購入して読む予定。
田村先生のこれまでの作品も、読んでみようかな?と思っています。


フューチャーカード バディファイト (てんとう虫コロコロコミックス)
田村 光久


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 漫画の感想 | ジャンル: アニメ・コミック
[プレイ日記]妖怪ウォッチワールド(1) | Home | [雑記]20180524
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。