FC2ブログ

[感想]錦田警部はどろぼうがお好き (少年サンデーコミックス)



錦田警部はどろぼうがお好き (少年サンデーコミックス)
かんばまゆこ



kindleを買ってからは、無料コーナーの少年漫画をチェックしていて結構読んでるんですが、
こちらの漫画も1巻無料で読みましたところ…

ぐっはああ!? なんか目覚めそうに!!

 とっくに目覚めているだろうというツッコミはなしでお願いします

タイトル通り?警部がどろぼう(怪盗)を好きすぎて乙女心臓爆発するギャグ漫画なんですけどもね。
なんでしょうね…ギャグなんだけど、BLのように見えなくもなく、
すごい微妙なところで…
これは、目覚めそうになると思う…そう思うよ!!!




あらすじ


錦田警部は怪盗ジャックを追い続けているが、毎度逃げられてしまう。
だって、だって、錦田警部はジャックが好きすぎて見つめられると……
キャー!!☆
近づきすぎたら心臓が爆発しちゃう!!!どうしようムリ!!

いや、なんなのそれ、一体なんなんだ…

と、思っているのは、警部の右腕 アンリ巡査。
彼こそが、警察に潜入している怪盗ジャック本人なのだが…
チョロすぎてうざすぎる錦田警部に割と頻繁に殺意を抱きながらも、時折見せるのは…?




とにかく警部が乙女すぎていろいろすごいことになるのが面白い、顔とか頭身が変わるのは日常茶飯事ですが、他にもとにかくいろいろと乙女あるあるな暴発をしまくってて、ああなんか分かる、これは、分かってしまう。
これはね、恋、ではなくてたぶん、行き過ぎたファン心理!!追っかけ心理ですよ!警部!
行き過ぎたファン心理の熱暴走は、そう、グッズだけでキャー! 本物と目があったらギャー!! 接触したら死…

分かる、分かる分かる…
身に覚えがある人なら、錦田警部に共感してしまうこと間違いなしです。

ま、とはいえ多分女性向けだと思います。このキャー!!っていうのが多分女性心理なんじゃないのでしょうか?わかんないけど。男性もこういうのあるんでしょうか?


これだけで面白いギャグ漫画なんですけども…、他にもいろいろと恐るべきトラップが。

まず、アンリ君が可愛すぎる罪。これ最大の罪。圧倒的にかわいい。この派手すぎない絵柄の中でも、特別美形として力を入れて描かれているわけでもないのにはっきりと分かるアンリ君のかっこかわいさ、細かく描写すると私がやばいやつってバレるから止めておくが、とにかく、そう、魅力的なのです…。

アンリ君単体でもかわいいので十分に最高なのに、…この微妙な…
アンリ君に、問い詰めねばならない。
微妙な表情の揺れ、意外な行動…
アンリ君にとって警部は一体なんなのか?
チョロくて利用価値のある道具だが邪魔なやつと思ってるのか、でもいないと寂しかったりする追っかけで、時々ちょっといい上司、と思っているのか…
たぶんそう、でもほんとにそれだけ…なのか…

これはもう、邪推するか、しないか、読者にかかっている、読み方次第の奥ゆかしき文学的表現と言ってもいい。
これは読者が様々な視点からアンリ君を分析する漫画なのではないだろうか…とさえ思いたくなってくる。あのときのアンリ君は? なぜあのときのアンリ君は…と…

あとは警部の意外な本質?が、これまたすごいのですが、これはネタバレになるので書くまい。


BLなのか、どうなのか!真面目に考える


BLなのかどうか、と言われると…純粋な心でもって言うなれば、違うと言っていいと思う。
これはファン(警部)と、アイドル(怪盗ジャック)のドタバタなだけで、もともと階層が違う世界に住んでいる二人がたまたま近くにいるだけのことで、二人の次元はつながったりはしないし望んでもいないはず、とも思う。

ファンはアイドルのことが好き、すごい好きで、いろいろ妄想したりするが、かといって、アイドルをアイドルとして好きなのであり、不可侵な天上の存在として愛しているのだ。だから警部も、なんだかんだといって、ジャックは永遠に捕まらない天上の存在でいてほしいと思っているはずだと思うのだ。

ジャックもジャックで、追っかけてもらえないと寂しいとは思っているが、別に警部(ファン)とリアルに仲良くなりたいとは思っていない。ジャックを賛美してほしいとは思うけど、ジャックではない自分自身を知ってほしいと思ってるわけではない。

だからこれはBLじゃない!


しかし、ファンとアイドルの関係ではない二人としてはどうなのか? アンリ巡査と錦田警部の関係は?
と言われると、これまた話が違う…?
錦田警部は、基本的に部下思いだけど、アンリ君のことは特別視していないし、特に期待しているようすでもない。
客観的には、アンリ君がツンデレな部下なだけ、と思われる。なんだかんだでアンリ君は錦田警部のことを、少しは悪くない上司と思ってて、少し親しみを抱いているので、たまに心配したりちょっとだけ感謝したりする。

だから論点は、アンリ君が警部をどう思っているのか…その非常に微妙なごく僅かな隙間、幽かな揺れをどのように解釈するか、になってくるわけです。
死んだ(目モード)警部をどう思っているのか? なぜあのとき(最終話)勘違いしてしまったのか?
そのへん邪推するか、否か!
BLかどうか、結論は、やはり、読者が試されている…ということですね。

そんな余地のある揺れるアンリ君が愛しい。こういう揺れこそがむしろ乙女なのではないかとも思える。
対して錦田警部は結局のところ、清廉で一途な男前なだけ。そんなまっすぐな警部が実はかっこいい。

さあて、どうしましょうね?


あと、死(んだ目モード)警部は本当に気づいていないのか?ということと、死(略)警部はアンリ君を少し特別扱いしている気もしないでもないあたりも、興味深いところですね…?



最終話が未収録らしい


1巻読んで、こっ、これはぁぁ…!!となって、2巻を買おうと思ったんだけど、無料のアプリで読めるらしいとわかったので、アプリで読んでみたのですが、(このアプリは使いにくい…と前から思ってる)
2巻には最終話が未収録のようです。アプリでは最終話まで読むことができます。
そしたらアプリ推奨としか言いようがない…ですね。

最終話は、ちなみに、きっちり終わってる感じでもないので、続きも想像におまかせな感じです。
もっと読んでみたかったけど、これはこれでいいですね。

ただ、最終話は全体的に雰囲気が違ったような気がする…警部があまりにも落ち着いてるし(あれほど接近しててあの落ち着きは一体…)、ジャックもいろいろと様子が…。最終話の諸々の事情なんでしょうね。もっと先の未来なら二人が進展して?こういうこともあったかもだけど、この流れだとちょっと違和感がありました…。



ってか、作者のかんばまゆこさんは、あの話題の漫画を描いてらっしゃる方だったんですね。



名探偵コナン 犯人の犯沢さん (少年サンデーコミックス)



これは…題材選びからセンスが高すぎて、読んでなくてもすごすぎると思ってましたが、この方だったとは…。尊敬。
コナンファンではないので、縁がなかったのですが、俄然読んでみたくなってきました。
(ちなみに私はコナンファンではないがキッドファンなのだ!往々にして怪盗がお好きなのだ)




しかし、それにしても
2巻の表紙はどうみてもBLにしか見えません

スクロール閲覧注意









錦田警部はどろぼうがお好き (少年サンデーコミックス)
かんばまゆこ




素晴らし…
げふんごふn
いや、これはどう見てもBL本の表紙ですね…誤解されますよー

関連記事
スポンサーサイト
[感想]怪盗ジョーカー(アニメ) | Home | [感想]終極エンゲージ(ジャンプコミックス)