[感想]逆転検事

逆転検事(通常版)
逆転検事[NDS] - カプコン

個人的オススメ度:rating_46.gif(3/5)



人気裁判ゲーム「逆転裁判」のスピンオフ作品。
ジャンルは推理アドベンチャー。システムは逆転裁判とそれほど変わりありません。
主人公はシリーズの人気キャラクター「御剣怜侍」 時点は逆転裁判3の後。

初プレイヤーのことを思うと、個人的な印象よりは甘くつけてみましたが、
シリーズプレイヤーとしては予想通りにイマイチでした(辛)

ネタバレ避けながら やたら詳しい感想をまた書いてしまいました。



逆転裁判4でガッカリして以来 このゲームも全然期待していませんでしたが予想通りにいまひとつな内容のまま終わってしまいました。
いいところはミツルギが主人公であるということに尽きる。あとは特にないかもしれない。

早くクリアして売ってしまいたかった。
もーやっとクリアしたからネタバレしない方向で感想書きます!


辛口な感想なので最初に言っておきますと、
この私は、1~3ファンかつ御剣ファン、4で幻滅という経歴の持ち主です(笑)
一応シリーズは、蘇る逆転もプレイしたので、全部やってます。
3が出たばかりのとき、プレイし終わった時にはね、「逆転検事」の発売を夢見たものでしたが、
いろいろあって残念な結果となりました。


とりあえずまとめる

総論


・ついに御剣が主人公
・御剣ファンにはオススメ
・ドット絵でフィールドを歩き操作
・法廷パートなし。オール現場
・現場で証拠を探しながら、容疑者や証人と対峙
・逆転裁判と同じく証人への尋問がゲームの基本。ただし現場で。
・現場状況に対して矛盾を突きつけるのも基本パターン
・新システム「ロジック」は 個人的には意味がないと思った
・前作までのシナリオ担当と違うらしいが、極力似せている
・シリーズキャラが多数登場(むしろほとんどがシリーズキャラ)
・でもナルホドくんとその仲間は登場しない
・5話構成。5話が今回もやたら長いかんじ
・主人公のキャラ的に理詰めな展開だが難易度は少しだけ上ってかんじでさほどではない
・ずっと現場で話が進展するためメリハリがない
・いい加減演出もパターン化してきた
・ボリュームは結構あります、不足には思いませんでした。



ストーリー


5話構成ですが、全てのエピソードが一つの事件に繋がる構成。
シリーズ中でも珍しく大規模な背景を持つ事件だが、・・・・実感はちょっと足りない。
色々な部分について、本当はもっと深刻な物語のはずだけど5話では描き足りなかった印象。厚みを出すには容量が足りなかったのでしょう。重要キャラクターも描き足りてない感じでした。
直接的に御剣(やシリーズキャラ)の存在に係わる事件ではないので、興奮度も実は浅いかも。


キャラクター


発生する事件の当事者たち以外はシリーズキャラクターばかりで、実質新キャラってかんじなのは「ミクモ」くんと「ロウ」氏だけかな。
シリーズに登場したキャラクターが各話ガンガン登場しまくり、その点では4のような物足りなさは感じさせません。顔見知りばかりです。特に活躍するのは いわずと知れた糸鋸刑事と、期待通りにメイちゃんです。
ただし、なるほどくん・まよいちゃん・はみちゃんは登場せず。明言せずにそれとなく彼を指し示す台詞はありますが、彼の現況についても全く触れられていません。出してくるかと思ったけど出さなかったのは、よくあるパターンですけど、ここはあえて出したほうがよかったと思いますね個人的には。そのほうが度肝を抜くのに、ファン心理分かってないな~。出して欲しくないと言いつつも出して欲しいのがファン心理なんですよ(笑)


逆転節


書き手がタクシューさんじゃないらしいですが、極力タクシューさんっぽく違和感なくを目指して書かれている。
口癖もネタもボケも突っ込みも、イヤになるほどシリーズを踏襲している。すごくパターン化している。
シリーズファンはそれで喜ぶものなのでしょうか。個人的にはもう、もうおなかいっぱいです、もう分かりました、もう口飽きです。ってかんじでした。あしからず。
コレまでに登場したネタの二番煎じが多すぎてうんざり。新しい一面を見せてくれるくらいでもよかったですよ・・


システム


基本のゲーム展開は
・捜査  ・ロジック  ・尋問
これの繰り返し。

ゲームは全て現場で展開します。法廷パートがありません。
捜査・ロジック・尋問は現場で明確な区切りのないまま連続していくような感じで、場面の切り替えもあんまりありません。
意図せず急に尋問に入っていったりするし、いつロジックを組み立てればいいのかも流れに任せてなかんじで、ゲーム展開がハッキリしない。とってもダラダラとしている印象。

逆転裁判では、法廷パートが入ることで時間の経過や場面の変更がハッキリして分かりやすかったのですが、あれらがぜんぶ現場に詰め込まれてしまったわけです。その日捜査しながらその場でどんどん事件を解明していく、ってかんじなので、ゲーム内経過時間も短い設定です。寝ないで捜査しているみたいなんで?、大変だなあと心配になります。
それはともかく、とにかくダラダラしてとても疲れるシステムです。ここは予想通りに不満なデキでした。


新システム「ロジック」


最初から最後まで、意義を感じないシステムでした。
このゲームは基本的に証拠で話が進んでいくゲームなんですが、
ロジックは「まだ証拠になっていない要素」であり、それを2個結びつけて、筋道を立てていくというもの。
つまり証拠未満のものを繋げて推理している過程をゲーム化したということなんでしょうけど、ハッキリ言って全然面白くない。繋がっている感も感じられない、あってもなくても同じ。
基本的に現場の捜査は証拠を集めることなのに、証拠を拾うようにロジックを拾ったりもするかんじで、つまり二種類のものを手に入れていくのはとてもまとまりがない、ゲームとして分かりにくかったです。
ロジックを繋げるタイミングについても、台詞中で示唆してみたりしたくらいで、実際いつ活用すればいいものかプレイヤー的に実感がわかない。
尋問中に突然に発動する演出はよかったのかもしれないので、だったら最初からあれは尋問中だけ自動的に発動するようにしたほうが分かりやすかったかもしれないなあ。
とにかく もやもやしてつかめないシステムで、非常に不満でした。


現場再現「ぬすみちゃん」


これは新しいシステムの一種のつもりなんでしょうか。
ちょっとハデに見せかけた割には、実はあんまり活躍していないし、意義を感じませんでした・・。むしろ演出がウザったく感じた。ごめんね。
終盤でも全く活躍できず、なんだかもう・・・・これならつまらない科学捜査のほうがマシ。


難易度・トリック


推理ゲームって逆転裁判しかやらないし、推理小説も読まない私なので参考にならないかもしれませんが・・・
終盤はやたら くだらないところでつまずいたりしました。5話のトリックと推理は分かりにくくて無茶があったような気はしますね・・・。言ってることがわからないことがあった。
それ以外は基本的には悩むこともなく、簡単です。いちいちゆさぶりかけてるとだらついてイライラしてくるので実は分かったらどんどん突きつけるのがこのゲームを楽しむコツのようです。
終盤はあと一歩の真実を追いかけるギリギリの展開になり、展開としては悪くなかったんだけど演出がウザかったのと、難易度的にはあんまり難しくなかったので余り爽快感がない。


演出


シリーズ伝統の演出を余さず用いた感じです残念ながら。
もう見飽きたいつもの演出をやたらと繰り返します。
冗長な犯人のやられモーションも、「待った!」ドン!ドン!バン!というのも、私としては見飽きましたが、初めてプレイする人には楽しいかもね。
シリーズをずっとやってる方は、どうですか・・そろそろ飽きたと思いませんか・・。


グラフィック


捜査がドット絵でキャラクターを操作することができるようになったのは新しいんですが、それがそんなに素晴らしいことかと言うと別にそんなに素晴らしいとは思わない。操作性がすごくいいわけでもないし。ドット絵もえ~な人はともかく、客観的に見れば可も不可もない。
これまでのような一枚絵をクリックするやり方だって、あれはあれで面白みがあったと思いますし。
そうするとドット絵でのキャラクターのモーションを楽しむことだけがメリットだと思いますけど、・・・UP絵でも同じ動きしてるから、別に感動もないです。
あとは別にグラフィック的進化はなかったとおもいます。


音楽


なかなか評判がいいみたいですけど、私としては逆転の音楽はそんなにイイと思ったこともないので。シリーズ的にも特別今回素敵な曲があった!という印象もありません。むしろなんか嫌いな曲だったかなどちらかというと。追い詰める展開の曲も エレガントでロジカルなミツルギのキャラクターにむしろ田舎臭いミスマッチなメロディだと思いました、辛口でスイマセン。最後までそう思いました。
ただ、カルマのテーマ?のハイテンションバージョンは、ちょっと嬉しいかも?


シリーズ最新作として


ハンパな印象でした。
システムが大きく違うわけでもないのに、現場だけになってしまったのは改悪のような気がする。
だらついてて爽快感がない。裁判だったから目新しかったのにそれもないんだから特徴もイマイチない。裁判の形にこだわったからこそ生まれたドラマ性も、故に失われた。
とにかく盛り上がりに欠ける。がっかりです。
でも予想通りでした。たぶんこうだと思っていました。 予想より悪いというほどでもなかった、思ったとおりにイマイチだった。思ったよりもいいということもなかった。
今後頑張って欲しいですが、どうせ4でキャラ変えやっちゃったんだから、今後はもっと雰囲気まで変えてきたほうが爽快なんじゃないだろうか。毎度の演出もタクシュー節もそろそろ、てこ入れしてくれたほうが、新鮮だと思いました。


御剣ファンとして個人的に


自分、御剣ファンだったとは思えない冷めっぷりッス!(バシッ)
これでもみっちゃんラブだったのに3の頃、いまや到底信じられないッスよね!(バシッ)

と、ふざけるのはともかくとして本当に・・・・
御剣はシリーズでも主人公を上回る大人気のキャラだったのだとおもうんですが、活かしきれなかったような気がしました。もっと輝いてるキャラクターだったはずなのですが、主人公にしてしまうと輝ききれませんね。もったいなかったとおもいました。
御剣を使ったのならもっと面白くできたのではないだろうかと・・・・
ネタバレを避けたところもあるんだろうけど本人の複雑な半生と、深い関係もない事件だったので、熱くもなれなかったし。
ん~・・・とにかくぼんやりとした印象のゲームでした。

初めてのプレイヤーにはよろしいかもしれません、可も不可もなく。でもシリーズプレイヤーとしては物足りない作品ではあると思います。
キャラクターが入れ替わったり、かつての主人公のその後が垣間見えた分だけ少しインパクトがあった4よりも、ダラダラ続いてしまったこの逆転検事のほうが、印象としては弱いんじゃないかなあと思います。



んん、長くなってしまいました。
ともかく今後のこのシリーズには、個人的には期待はできないなあという思いを深めました。

以上、逆転検事の感想でした!
・・・・・・・売ります。

逆転検事(通常版)
逆転検事[NDS] - カプコン

個人的オススメ度:rating_46.gif(3/5)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 逆転検事 | ジャンル: ゲーム
[感想]The Epic of Zektbach -Ristaccia- | Home | [iPhone]メールパケット節約!?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する