[プレイ日記]幻想水滸伝ティアクライス(14)108星以外も語る

幻想水滸伝ティアクライス
幻想水滸伝ティアクライス(DS)
メーカー:コナミ



しまった忘れてた、108星以外にも名キャラクターがおりました・・
というわけで、追加で語ってみるぞー!

以下、ネタバレ危険






アトリ
なぜか、アトリはすごい・・ヒロイン級の扱いを受けていたと思うんですが、なぜなのかさっぱりわからん。
立場的にはマリカ?とあまり変わらないと思うんですが、アトリがきたときはマリカ?がきたときよりもとても重要な出来事として扱われていますよね。
確かにマリカ?はあんまり知性的ではないので(笑)、天魁星としての悩みについて知識交換や相談が出来る、こころ通わせる仲間だったのがアトリだ・・というのはなんとなくわかりますがそれにしても、エンディングにまで出てきて言葉を交わしてというほどの存在だろうかというか・・。
いや、それほどの存在だとしても描き方がやっぱり足りなかったと思う。もっとたくさん出てきて色々一緒に心通わせるイベントがあったら、良かったんだと思うですよ・・・・
空色の鎧の人に関係しているからってのもあるんだろうけど、具体的には伝えずじまいだしね・・・・・・・・・。
もったいなかったなアトリ。
でもほんと、アトリはかっこいい天魁星だとおもいます。知性的で、思慮深くて、意志が強いし、微笑を絶やさない、そんな人ですよね。たしかにたしかに、激情に振り回されることの多い主人公とは間逆ですよね。その対比を描きたかったのだろうかそれにしてももう少し・・・うーん。


クーガ
クーガは確かにいいやつだった。
でもやっぱり一緒にいた時間が、あれでも短すぎると思った。
もっとクーガのことを理解して絆を深めたかったなあ・・。
あまり具体的にクーガの末路が描かれていなくて現実味がないのですが、よく考えてみるとほんとに、彼がもう死んでしまったのかと思うと、絶望したくなりますね。
そこらをかね合わせてみても、今回の「身近の人が死ぬのはもういいよ」という選択は正しかったと思います。こっちのほうが上品でリアルで、物語としてかっこよかったとおもう。
でもやっぱりクーガの思い出にもう少しひたりたかったかなあ・・。


マリカ?
・・・がさつそうな女の子やね!(笑)
ほんとにマリカ?が天魁星でいいんですかね・・・ちょっと心配になるぜ。
まさか天魁星だとは思わなくてビックリしましたよ。びっくりびっくり・・・;
マリカ?が一体どんな生い立ちを・・と思うとなかなか戦慄ですね。その世界では主人公やリウがいないのだろうけども・・うーんジェイルは? あ、セレンさんの指導でマリカはこのようにジェネラルのごとく強くなったのだろうか。それにしても天魁星とは・・・何度考えても・・うーん・・(笑)
あんまりマリカ?についていきたくない。たいへんなことになりそうだ(笑)


ディルク
この手の展開は幻水てきには結構良くあるかんじでし・・たけど・・
ディルクに共感するのは難しかったですね・・それが何より残念でした。ディルクの感情はすごく複雑で・・・・感情移入が難しかった。色んなものが入り混じっていて、優しさでもあり、弱さでもあり、・・なんていうのかな、可能性、今作のテーマである 可能性を、もう失ってしまった(と思い込んでいる)人だけが持つ感情の綾・・・
とても複合的なものだから、 プレイヤーが簡単には理解できないところだったようにおもいます。
単にディルクからその思いを向けられても、どうしたらいいのか、分からなくなってしまうんですよね、主人公達もそうだったのだけれども・・。
でもディルクへの親愛の情を抱くにはプレイヤーとしてはディルクに接する時間が短いんで、主人公達のように悲しむことも出来ず、なんかちょっと置いてきぼりをくらいました。
やはりこれでも話が短いくらいなのかもしれないですね。ディルクとの時間をもっと延ばしてくれれば・・・もっと深く思えたかもしれない。


ダナシュ8世
いや・・ほんとに、このゲームの物語にのめりこむことが出来たのはダナシュ8世と王妃達のおかげだと、マジメに思います。
帝国がなかったら、なんかダラダラとした話になっちゃったと思います。
ほんとにありがとう皇帝。
皇帝のでかい器と謀略、欲望があったから、主人公達が強い意志で独立できたんだと思うんですよね。
かっこよかったと思います。デザインもすげーし。中の人もまた名演。それにしても前作から立場・キャラ的にも似たキャラに声優さんを継続させてくるたぁ、やるなあ・・!


シャイラ
サイアリーズさまに被ってしまいますよねえみんな!(笑)
でも豪気で男勝りなシャイラ様にはついていきたくなりますよ。
極悪非道でさえシャイラ様にかかれば艶やかな道となるのだろうと思う。一本筋の通った理論があるのだろうと思う。シャイラ様は女傑ですね。


リズラン
デザイン的にはとても気になる人だったよねえー!
母の愛を感じさせて、王妃の中ではやはり一番おいしい役どころでしたね・・・・。
んーそしてよくよく考えてみると、彼女も王妃とは・・・驚き。と思いますね。
競争のため・・っていうのは分かるけども、しかしそれだけでもないのだろうから・・うーん、ねえ。
キャラガイドでは、畏怖を感じるばかりで愛情を感じてはいなかっただろうと書いてあって、なんだかとても可哀想な人でしたね・・リズラン様は・・。


クレイア
一番小者っぽかった王妃でしたね・・・一般人的で、同情は誘ったが・・・末路に関しても可哀想だったし・・・・・
なんつうか・・・・シャムス様かわいそうだな・・・・。シャムスはほんとに苦労人だったよね・・。色々抱えていたなあ。


マスルール
ファルタ
出番少なかったね・・・。でもいちおう主要なキャラクターのうちに入るんですね。デザインがされてて名前が出てくるキャラクターだからね。


ラオ・クアン
・・・んーと、服の上にも線刻が・・・・・・。
というのが一番気になるところですが(笑) でもリウを族長にという先見の目は素晴らしいものでしたね。


コノン
コノンは気になるキャラクターだった。
あの唇を尖らせたサディスティックで狂気的な表情が非常に良かったですよね!!!! 活きてるキャラだったと思います。
それなのに!それなのに!あんなことになっちゃって!!!
私はとても残念でした。もっと活躍してほしかった、華々しく散ってほしかったのに、あんなもうどうしようもない展開になっちゃうなんてー・・。
もったいなかったなああ


ファーガス
ファーガスもコノンと全く同じ所感でして・・・
ちょび髭も、慇懃無礼な感じなどもすごく好きで、いいキャラだなー!!!って思ってたのに、小者扱いされちゃって、あの変貌間際のやけくその愚痴すべてを、そのとおり!そのとおり!かわいそうに!ひどいよね!と、頷きまくりたかったです。
ファーガスには色々可能性があったとおもうよ。
でもそれをつぶされても文句を言えないこれが一つの道ですね。


マクート
そうか・・マクート 結構忘れがちになっちゃうキャラでしたが、アニキとおなじなかの人かよ!すごいな・・。
タコやろうとして、主人公にはなかなかお馴染みのようすだったが、プレイした印象としてはそれほど、お馴染み感がなかった・・・。ちょっとはずれましたね。
しかも結末もあんなもうまたどうしようもないような展開で・・・なんだったのかと。


ビアズレイ
彼の表情もコノンと似ているもんで、もしかして兄弟かなんかかよ!とか思ってたのに普通に違ったようで。残念(笑)
マジメに一つの道のために命を捧げた潔さは、隠れたヒーローでしたね・・・・。フレデグンドのイベントなどはもっと彼のほんとに誠意であることが分かるように演出してくれたら深かったなあー。でも末路はいずれもあれだからな・・・・なんともいえない感は残ったことでしょう。


ベルフレイド
演説素晴らしかった!!!!!
すごい魅力的な敵でした。声優さんの名演のおかげですね。
すっごい印象的で威厳のある喋り方で・・・よかったとおもいます・・・。
ベルフレイドの求めたものも、分かるけれどわかりたくない、というすごくいいバランスの悪役だった。よかったですね。


一なる王
天魁星であることしかわかりませんでしたが・・この際主人公の父だったとかだと面白かったのにと思います。
どうだったのかなー。
でも12番めの書で出てきているのも空色の鎧の人だったので、あっちのほうが親父ってことかのう~・・。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ニンテンドーDS | ジャンル: ゲーム
[プレイ日記]ペルソナ3ポータブル(2)まだ慣れない・・ | Home | [プレイ日記]幻想水滸伝ティアクライス(13)108星を語る(3)

コメント

どうも、こっちでは少しおひさです。
ティアクライスめっちゃハマってますね!w
まさか108人全員(+α)にコメントされるとは。
KMOKさんのティアクライスへの愛が
ひしひし伝わってくる記事群でしたw
幻水はPSPで出てる1&2をやってみたいなぁ。

2009/11/06 (Fri) 02:08 | ヘレン #PIpocw5A | URL | 編集
Re: タイトルなし

こんにちは!コメントありがとうございます!

ははは、私も客観的に見て、108+αにコメントするのはやりすぎだなあと思わないでもないんですが、でももともと私はこういうタイプです(笑) このブログでは今まで比較的自重してきたんですが、やっぱりゲーム感想はこっちに書くように統一しようかなと思って、どかんとやってみましたー!


ティアクライスは大変評判が良かったので、かなり期待していたんですが、期待通りと言うか期待以上でしたね!特に音楽がシリーズいち素晴らしかったです! ぜひヘレンさんにもお聞かせしたいデキです!

幻想水滸伝は、面白いゲームではありますが、シリーズ中でも今作は1,2を争うデキだったのではないかと。

1&2は名作中の名作ですから、是非オススメしますが、
3以降はシリーズとしては結構グダグダになっちゃってるんですよね・・(´-`|||)
げんすいは非常に珍しく完全に世界観を継続しちゃうシリーズなので・・・矛盾だらけになっちゃって。
というわけでティアクライスでこのシリーズはDSに退避したついでに世界観も一新してしまったようです・・・。

幻水はほかのRPGシリーズと比較してこういう・・・なんつうか、複雑な事情があるゲームですね。ツクリが硬派であるが故なのですが。
でも(一部を除いて)すごく魅力的でもありますよ☆

ヘレンさんも積みゲーが片付いた暁には 幻水に触れてみてください♪

2009/11/06 (Fri) 08:34 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する