[感想]画集 銀河鉄道の夜

4309271111画集 銀河鉄道の夜
宮沢 賢治 KAGAYA
河出書房新社 2009-06-11

by G-Tools

画:KAGAYA  原作:宮沢賢治
印象:う、うつくしい・・・・!!



プラネタリウム「銀河鉄道の夜」をベースにした画集です。
63ページほどで、分厚くはありません。24.4 x 22 x 1.6 cmとA4より高さが低いくらいのサイズですし、それで2800円(税別)なので、けっこう高額な画集だな・・・という感じなんですが・・
全体に画像の通り、夜のなかに鮮やかに浮き立つ光の表現が、CGならではの遠慮のない透明感で描かれて、まさに宝石のようです。極限まで鮮やかに、幻想的に!
銀河鉄道の夜や賢治作品の世界に憧れている方にはお薦めできる画集だとおもいます!




プラネタリウムではこうは見えない


こないだラジオで言ってたんですが、プラネタリウム史上最多動員番組はこのKAGAYAの銀河鉄道の夜だそうですよ!すっげー!
私もプラネタリウム番組は見に行ったんですが、何よりも残念だったのが、解像度が低いこと(ぼやけてみえる)。さらにゆがみがあることとか、彩度が低いこととか・・・まあ、動くのはもちろんきれいだけども、もっときれいに見たいな・・っていうきもちがありました。
そしたらこの画集が発売されたわけです。
公式サイトでも低解像度でいくつかの絵が見ることが出来るのですが、そのなかで 私の大好きな「銀河へ続く道」をまともな大きさで見たくて、購入決定!見たかったこの絵はちゃんと見開きでドンと見れました!
もちろんすべての絵が鮮やかくっきり見えて、1ページ分以上のサイズがあります。最大では見開き約4ページの大パノラマ!
本のサイズ自体はやや小さめではありますが、見る分には特に不満はありません。むしろ持ちやすくて開きやすいかも。


演出にもコダワリ


画集で初出の絵も多くあります。おそらくこれらはプラネタリウム番組のなかから抜き出して編集したものかなと思いますが、いずれも素晴しい美しさです。
そして、賢治の文も抜粋で載っているんですが、なかなか載せ方がうまくて、絵との相乗効果も素晴しいです。しかし抜粋なので、読んだことのない方にはこれを見ただけではさすがによくわからないと思いますのでその点は注意です。
知っている方なら、この抜粋と絵だけでも感動で涙が・・(すくなくとも私は!)
抜粋のしかたや絵の切り取り方とか、とにかく銀河鉄道の夜がほんとに好きで好きでしょうがないんだろうなあという愛情がよく伝わってきます。こんなことしようという時点でほんとにすごいけど!感動です。
また、扉のように開くページがいくつかあって、窓を開いたそこに広がるパノラマを見るような感動的な演出がなされています。
ページ数やサイズから言って高いとは思うんですが、構成や美しさを考えれば、小さな宝石のような本です。価値はあると思います。


ハイパーリアル?


ハイパーリアリズム画集!と帯に書いてあるけど、ハイパーリアルってなんだ・・?リアルを越えてしまったのか、リアルがきわまっているのか。私は賢治作品にリアルなど追求しません、たぶんファンはみんなそうだと思うんですが、中身は至って、リアルなんて気にしてないですのでご安心ください。
CGだからできる彩度。ひたすらに鮮やかで、あり得ないほど鮮やかで、ひたすらにキレイな色と光です。リアルなんて知ったことかっ!です。
河(銀河)は虹色にきらめき、その光が月光のように青く列車を照らし、光るススキの影を切り出す。銀河の岸辺はススキやリンドウやの秋の草花が一面ですが、どこも星がちらちらと輝いている。そこらじゅうが星の光に満ちて赤や青に光っている、水も空も光も透き通ってなんの曇りもなく、清らかな空気に満ちあふれている!
夢に思い描くような、究極に美しい夜の光の景色を、「現実」に全く縛られることなく描いている画です。こんな色は現実的じゃないとかそんなことばは一切不要。
CG系の画家さんの絵はいずれも極限の彩度で「美しすぎて嘘っぽい・軽い」印象を与えることが多いですが、銀河鉄道の夜であれば、これこそが確かにもっとも本物に近い、と感じられるかもしれません。なお、絵に人間は登場しません。



そうだ、プレゼントにしよう!


とにかくまあ、高いけど、誰もがキレイだと思うような色と光です。素直にきれいなものが好きな子供達もきっと喜ぶ本だと思います。うん、つまり、そうすると、そうですね、プレゼントに最適です! 星や宝石や美しいものがお好きな女性の方、宮沢賢治作品が好きな方へ、そして感性伸び盛りのお子様へ、なんてシャレたプレゼント!と思われることでしょう。自分で買うにはちょっと思い切りが必要ですが、プレゼントならかなりお勧めの本だと思いますよ!



4309271111画集 銀河鉄道の夜
宮沢 賢治 KAGAYA
河出書房新社 2009-06-11

by G-Tools

画:KAGAYA  原作:宮沢賢治
印象:う、うつくしい・・・・!!

関連記事
スポンサーサイト
[感想]テイルズ オブ レジェンディア オリジナル サウンドトラック | Home | [プレイ日記]ゼノブレイド(11)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する