[感想]ペルソナ3オリジナル・サウンドトラック

B000G1T3U6「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
アニプレックス 2006-07-19

by G-Tools

コンポーザ:目黒将司
個人的オススメ度:rating_50.gif(ゲーム音楽の革命児!)



アトラスのPS2用RPG「ペルソナ3」のサントラ。

非常にPOPでオサレ、ボーカルやラップを多用したサウンドが満載と、もはやゲーム音楽じゃない!!普通に車で聞いててもオシャレなサウンド。世のゲーマーに衝撃を与えた作品だとおもいます。

私の中では・・・まさにペルソナ3のサントラを機にゲーム音楽はPOPと融合して新しい姿に変異していった気がします。
まさに新しいペルソナを生み出したのですね!

あまりに傑作なんでなかなか感想かけなかったよ、頑張ってかきました




基本構成


ボーカル曲が多く、オシャレで力強さのある女性ボーカル+カッコイイ男性ラップ+目黒サウンド+COOL系ってかんじです。
音楽的語彙がないので勘弁(笑) でもそういうかんじ。目黒氏のロックな部分は少し押さえ目で、POPな感じが出ている雰囲気。ボーカルもラップもかなりレベルが高いので、その他の音色がシンセでも、本格的に聞こえます。
ボーカルはある程度サンプリングしていじりながら使っているカンジで、その使い方が逆に新鮮で耳に心地良いです。


あまりに衝撃的だった


ほんとビックリしました。かつてない衝撃を受けました。
ボーカルが多用されていることも驚いた要因だったと思いますが、それ以前に・・洗練されたPOPのような音楽だった! とてもCOOLでオシャレだった。これまでのゲーム音楽とはまったく違っていた。たぶん感じる姿勢が違ったのかなあと思います、とてもファッショナブルだった。イマドキで、かっこよくて、オシャレだった。

私はペルソナを遊んだことがなかったんですが、公式サイトを見てもすっごいファッショナブルな色使いとデザインが素敵で、色々思いを馳せました。主人公のデザインも、イヤホンをいつもつけているようなのでつまりこれは主人公が常に聞いているアーティストの曲ってことなのかなーとか。音楽そのものが物語に係わってくるところなどもあるのだろうかと思っていたんですが・・(それはなさそう?)、そんなことさえ思わせるほどファッショナブルでした。
しかし主人公が聞いている音楽だとすると、ファッショナブルなのも分かりますよね。いかにも現代っ子でクールな性格のような主人公(に見受ける)だからきっと聞いてるのはちょっとクールな洋楽に違いない。そういうコンセプトで作られたのかと思うとなるほど納得のファッショナブルさじゃありませんか!
ほんとうに単体で聞いてもカッコイイんですよね。

なお、P4とくらべて


P4のサントラの感想は先に書いていますが・・・個人的にはP3のほうがハマってた!!と思います。
P3のあとだからP4に期待しすぎたところもあったのかもしれませんが・・
P3のほうがクールで硬派で目黒氏らしさに沿ってたかな・・って。P4のほうがもう少しPOPらしくてかわいらしくてキャッチーで、キャッチーさが少しハマりきれてないかな、そんな印象でした。P3のほうがダークで奇怪で冷たくて、そこがかっこよく決まってた!と思うんですよね☆
単にラップが好きなだけかしら(笑) いや、ボーカルさんのレベルも3のほうが上だし先に出た3のほうがより鮮烈だったしなあ、と、色々総合して3のほうが個人的には上の印象です。


なお、P3Pは・・


PSP版「P3P」は購入してプレイしていますが(しかし積んでいますが)、個人的にはP3Pの追加曲よりもオリジナル曲のほうが好きでした。女性主人公を選択するとけっこう、通常戦闘曲などが追加版に変わるんですが、元のほうがいいなあ~というのが・・あり・・。特にバトルは元のほうがいいなあ!でした・・。あとOPデモも新曲でしたが男性Vo.であるところをみてもP3のときの歌手さんがP3Pに参加していないということなのかな、とおもいました。OPも個人的にはオリジナルのほうがすきでした。
ちなみにP3Pのサントラは買ってないです。


各曲感想


実は全部は持ってないんでスイマセン

ディスク:1
1. Burn My Dread hit_02.gif hit_02.gif
しびれるCOOLなOPデモ用の歌モノですね!とてもクールでオシャレなカンジから入ってきて、サビから攻撃的になります。ボーカルさんの歌いっぷりが痛快!ただしOP用なので2分弱と短いので、あっというまに終わってしまって寂しい。アレンジ版フルバージョンが聞けます。フルは聞き応えがあってお勧めです。
ペルソナ(に限らずアトラス)はあまり遊んでいないので一概に言えないんですが、こういう二面性や内に潜む攻撃性や、フラストレーションの爆発のようなものを描こうとしている作品なのかなあとか感じるのでした。

2. 全ての人の魂の詩 hit_02.gif
定番の曲だそうですね? これは本格的なソプラノ入りで、メロディの美しさが極限まで高められていると思います!!!!うつくしい・・・なんとも優美メランコリーで、人の魂の様々を哀れみ思い馳せてしまう・・

5. Want To Be Close hit_02.gif hit_02.gif
ワクワクする気持ちを表すような弾けるリズムが気持ちいいボーカル曲。全体的に音が爽やかで、春風のような居心地のいい曲です。Want To Be Close~♪のところでストリングスが、すーっと入ってくるところが特に爽やかな気配があって私は大好きです。間奏部分にもかすかに響くピアノが透明感が。新しい生活への期待や希望のような曲だと感じます。朝に聞きたいね!

8. シャドウ
奇異奇怪異様に猟奇狂気! といったかんじのMADな曲。不気味な音使いにもどことなく楽しげで、たんなる恐怖じゃなくて、悪戯で無垢な狂気を思わせます。シャドウの奇妙なビジュアルにピッタリですね。えっへっへ・・・

12. When The Moon’s Reaching Out Stars hit_02.gif hit_02.gif
軽快なボーカル曲。テンポが速いけど、Moonと入っているおかげかなんだか夜の密やかさがありますね。アレンジ版では軽快さが失われてて、残念でした。あのアレンジアルバムはね・・・ほとんどオリジナルが圧倒的によかった。

13. 巌戸台分寮
主人公達がお住まいの基地の曲の割りに、もったりとしてあやしげで重い曲だよな。って思っている私(笑) だからなんか基地だからって落ち着かないんだよなー むしろなかまたちそれぞれの個性や思いがすれ違う様を描いているように感じて仕方ない曲です。結構トゲトゲしてるかんじがして仕方ない。そこがまたリアルで面白いかもね

16. Mass Destruction hit_02.gif hit_02.gif
ベイベベイベベイベベイベ・・!!から始まるとっても衝撃的な通常戦闘曲!(笑) かっこよすぎだろ!!! メロ部分はめっちゃかっこいいラップ、サビ部分は ダラッタッタダラッタッタ~ですよ。 ええ・・なんじゃそりゃああ・・・って思った人はぜひ聞いてみよう。
バトル曲としてはやけにリズムがじっくりしているかんじですが、やってみるとわかる、ペルソナはバトルが、コマンドはウェイトだし、戦略的というかつねに計算ずくでやらないといけないので、このくらいのスピードが実はピッタリだったりするんだね。それにしても、命を懸けて戦う割にはあまりにナナメです。殺意を持った敵と退治してベイベベイベですよ。このナナメさが、現代的な若者の、現実への憂鬱や失望や鬱屈とかいった心理を表現しているのかもしれないなって思ってまた痛快です。
まあそんな考察はともかく一緒にベイベベイベダラッタタダラッタターって歌うんですよ。

19. Deep Breath Deep Breath hit_02.gif hit_02.gif
ダークに歪んだかんじがバリッバリのMADな曲で私は大好きです。めちゃかっこいいラップに、ヴォーカルをいじって悲鳴のようにぐにゃーっとしてからませている。えいごのラップは大好きです、Lotusさんのラップはハンサムでクールでめちゃかっこいいわあ

20. Master of Shadow
イントロは奇妙、サイレンのような音が不気味、愛嬌があるのになんともいえない威圧と恐怖を感じる。それでいてドゥルットゥドゥルットゥイーアイアーン♪てかわい子ぶったスキャットが入ってきてしまうんです。奇怪な継ぎ接ぎです。しびれますねえ。

28. Joy
お友達(?)とかと遊んでるときの曲だよね。高校生の楽しい日常の風景か。でもなんかナナメにかっこつけちゃってさ、どこか素直になれてないかんじがすごく感じられる曲で、そこがほほえましいのかもね。

ディスク:2
1. Changing Seasons hit_02.gif hit_02.gif
印象的なイントロから始まりとても颯爽とした曲です。しかもなんかおふらんすっぽい呟きが入っちゃってなんですかこのオシャレっぷりはさあ!changing seasonsのタイトルからも、颯爽と過ぎ行く秋のような時間を感じさせます。オシャレしている間に木の葉のように足元を風とともに時が過ぎていく、円熟と寂寞の予感。

9. 時価ネットたなか
いっやあ~~衝撃を受けました。なんですかこのふざけた歌は。しかもにおい立つ怪しいメロディ、さらにめっちゃ拙いこの歌い方はなんなの!(笑) あなたのテレビにじかねっとたなか~~~♪♪↑↑ ぜってー詐欺の匂いがプンプン。さあ気になった方、 き・く・の・は・いましかない♪ レッツ検索。

14. 街の記憶
ゲームやる前にこのへんの曲聞いてると、一体どういうことになってるんだかなあって思っちゃう。多少ネタバレしてる気がする。うん。キミの記憶のアレンジ的な曲です。寂しいんだけど残っている熱が感じられる。

15. 学園の記憶
同じくキミの記憶のアレンジ。エレクトリックピアノだけなので街の記憶よりずっと寂しくて名残惜しいかんじがする。なんだかんだで学校好きだったんだなあっていうのが良く分かる・・・・・。なくしてはじめて素直になったような、そんな曲です。

19. 全ての人の魂の戦い hit_02.gif
なんとタイトルどおりに、全ての人の魂の詩をバトル用にアレンジしたという大胆かつ豪華で熱くなる曲です。遊んでない私でもこういうアレンジはテンション上がりまくるってのは分かりまくるですよ。あの哀しげな旋律がバトル調に合わせることで、なおのこと悲壮な雰囲気がたっぷり。1ループで3分ほどもあるのにイントロだけが長いため、案外短く感じてしまいますが。

22. Burn My Bread -Last Battle- hit_02.gif hit_02.gif
コレもまた嬉しい OPの ラストバトルアレンジですってよ。なんか嬉しいことばっかりやってくれるサントラですよね。原曲ではラップしてなかったのをぐっとラップを入れ込んで、ボーカルは「Burn My Bread」繰り返しのみ。じわじわテンションの上がる構成。武者震いしそうですね。

25. キミの記憶 hit_02.gif hit_02.gif hit_02.gif
エンディング曲なんですよね。これはフルバージョンです。ちょ、ネタバレすぎじゃないか!!??!という日本語の曲です。えええー ど、どうなんのよ、という、日本語の曲です(笑) まあ、歌詞がネタバレの気がするところはともかくとして、実際歌手さんがサビが息継ぎできずに死にそうになったほど大変にリズミカルな!!という評判の曲です。窓をノックする朝陽のように爽やかで耳残りのするメロディ。この爽やかなメロディに切ない歌詞が、しかもとてもリズミカルについてるもんで・・・きっとすばらしいエンディングになっちゃってるんだろーなあって思う。ネタバレしますが、遊んでいない方にも大変オススメの名曲です。
ボーカルが前にでまくりのため、アレンジはシンプルにまとめられていて聞きやすい、プレーンな印象です、白い色のイメージ。さわやかだなあ・・。

P3 Heaven's Remix hit_02.gif hit_02.gif hit_02.gif
雑誌付録にだけ収録されていた・・というウワサのレア音源!聞かせていただきました。13分超のボーカルモノのメドレーミックス。これがとっても爽やかで軽快でうまいメドレーで、オシャレさがより高まっていて、とっても素敵なんですよ~! 車でかけるならコレがお勧めですよ! heaven'sというのは伊達じゃないな、まさにheaven'sなmixですよ。音はOSTのものですが、テンポや音程をいじってみたりして、おまけにしては非常に凝っている素晴らしい作品です。絶賛です。OSTに収録してないんだから、幻ですか、これは是非GETしたい。すごくおすすめです。
内容は、Changing Seasons~Want To Be Close~ When The Moon’s Reaching Out Stars~キミの記憶となっています。







新しいゲーム音楽


私の感覚ではありますが、P3以降、ボーカルを用いたPOP音楽寄りのゲーム音楽が多く出てきたように思います。特に「すばらしきこのせかい」はP3の対極にあるようなワルっぽい十代の音楽をゲームに入れ込んだ鮮烈な作品だったとおもいます。P3はもうすこしおとなっぽいもんね。
その後はFF13でも普通にPOPらしい歌モノがBGMとして使われている、ニーアではさらに印象的に美しい呪文のようにボーカルが入れ込まれている・・「歌」を効果的に使った曲がゲーム音楽の華になってきたという気がするのです。
P3が「歌」の持つゲーム演出としての性能を強烈にかっこよく見せ付けたおかげ!にちがいないとおもいます。


きいてみてみて


ゲーム音楽好きなら、一度は聞いてみるべきサントラだと思います。今のゲーム音楽はこういう方向に進んでいるのか・・・てことが分かるようなサントラです。いやーこんな音楽ついたゲームやりたいよお!って思いました。で、やってるんだけど聞きすぎたのかやってみるとあまり感慨なかったりも・・・・・積んでるし(笑) いつかクリアしたいと・・お、おもうんですが・・。
こういう新しいゲームサウンドを、古参のゲーム音楽スキーさんには どう思われるんでしょうね?それもまた興味深いところです。



B000G1T3U6「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
アニプレックス 2006-07-19

by G-Tools

コンポーザ:目黒将司
個人的オススメ度:rating_50.gif(ゲーム音楽の分岐点!)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲーム音楽 | ジャンル: 音楽
[プレイ日記]ゼノブレイド(16) | Home | [雑談]ゲーサン友の会第1回オフ会

コメント

ペルソナ3の曲すっごいオシャレですよね!

主人公の考察の部分が納得です!

ベイベベイベベイベはかなり印象的でしたw
ライブverだと更にカッコイイです。

P3Pはちょうどプレイ中なので、キミの記憶とか全部はちゃんと聴いてないのですが、ありそうでなかったゲーム音楽をしっかりゲームに合った感じで作られているのが本当にすごいと思いました!

2010/09/19 (Sun) 00:31 | だよタン #mQop/nM. | URL | 編集
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!!
ほんとオシャレですよねー。とっても痺れました。
さらにラップが好きなせいかすごくツボでした。

だよタンさんもP3Pをやってらっしゃるんですね
私も買ったんですけど・・もちろん音楽に惹かれて!
でも、なかなかゲームのほうは私の質に合わなくて
ずっと積んじゃってます(^-^;)
キミの記憶は重要なネタバレの気がしますが、
聞いていても聞いてなくても、面白そうでもあります。

> ベイベベイベベイベはかなり印象的でしたw
> ライブverだと更にカッコイイです。

そうなんですか!ライブ版気になってるんですが
聞く機会がなくて・・・いつか聞いてみたいです。
ライブだとどういう風に歌うんだろう、気になる・・

> ありそうでなかったゲーム音楽をしっかりゲームに合った感じで作られているのが本当にすごいと思いました!

たしかに!ゲームに合っているところが素敵ですよね
ゲームデザイン自体が、今までになくファッショナブルなところ、
そこが素晴しいのかもしれないですよね。
ゲーム中の画面構成なども素晴しくオシャレですよね。
ゲームがオシャレになっていくのは、ゲーマーとして
なんだか嬉しくなってしまいます!
P4のデザインもすごいカッコイイので、ほんとはやってみたいのですが・・。

2010/09/19 (Sun) 10:44 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集
細かい音演出

いつも興味深く拝読させてもらっています。

P3Pをプレイされていたならお気づきかも知れませんが、ラストバトル「BurnMyDread」はOP主人公が聴いていた曲でしたよね。
そこでは街ゆく主人公のイヤホンからほんの一部分がもれ聴こえてくる演出になっていて、それがラストバトルで流れる演出構成は見事としか言いようがありません!
ゲーサンにはボイス入り、ポップスの投入と色々な動きがありましたが、ここまで音演出に気遣ったゲームは初めてと私も感じています。

2010/09/26 (Sun) 00:12 | Haki #- | URL | 編集
Re: 細かい音演出

はじめまして、いつも見ていただいているとは大変光栄です!
コメントありがとうございます!

P3Pは実は中盤・・?あたりで ちょっとストップしちゃってて
演出はまだあんまり深く考察し切れていないところなんですが、
やはりあのイヤホン(ヘッドホン?)で聞いている曲なんですね!
深い演出だなあと思います。いろいろ思い馳せちゃいます。

そうですねえ~~!
私も最初にP3のサントラを聞いたときは本当に・・
ゲームサントラの革命だなあとショックを受けました
音楽がこんなにポジティブにゲームを演出できるんだっていう
その可能性が未だにキラキラとして脳裏を過ぎります。
今後もこういう風に、シナリオやキャラクターに切り込むほど
積極的に音楽に演出されたゲーム作品が
つぎつぎ出てくるのかなあと思うとたのしみですね!

だからP3Pはぜひ遊んでみようと思ったものの・・・
なんだかなかなか・・進めず・・・申し訳ない気持ちでいっぱいだったりします・・orz

2010/09/28 (Tue) 15:01 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する