【感想】震災の備え ほんとに必要なもの@宮城

こちら宮城県人、問題なく生きてます!
改めまして各方面からご心配や励ましのお言葉を頂きありがとうございました! 皆様の優しさに、本当に心温まりました!


さて、色々と見聞きしていると、今回のあまりにも大きな震災被害他地域にも様々な影響が広がり、買占めが起きているという話も耳にしますので、実際こうなってみて、本当に備えるべきものはなんだったかについて、せっかくなのでここに記そうかと思います。

買占め良くない!ってのはあるけど、要らんモノを買い占めるのはそれ以前のムダなので、これから備えをという方に参考にしていただければ幸いに思います。


長いので追記にて!







ちなみに我が家の震災時の状況を参考までに


我が家建物は健全でした。しかし数日間の停電、断水が続きました。流通はストップしてお店がやっていませんでした。そんなときに役立ったものや、用意して置けばよかったなーと思ったもの!

・・・家が倒壊したり破壊してしまった場合には備えをしておいても持ち出すことが難しくなります。本当に大災害のときほど持ち出すのは難しくなると思います・・・いくら用意していても・・ということもあると考えると辛くなってしまいますが・・でもいざというときのために備えないより備えたほうが!ってのはありますよね。


用意しておきたいもの


●乾電池式ラジオ
停電時に一番重要な情報アイテムです。一家に一台は確実に用意したいですね。無い人は早めにご準備を。
しかし停電時に使う乾電池式の機器については、乾電池の在庫が重要! ラジオは単1~単2形乾電池のものが多いですので、このサイズの乾電池も家にある程度常備しておきたいものです。予想外に4つくらい入れなきゃいけないものが多いですから、気をつけて!

●LEDライト(懐中電灯)
省電力で玉切れの心配も無いLEDの懐中電灯がオススメです。
腕などに巻きつけたり、クリップしてライト部分の角度を変えられるようなライトは、暗闇での作業にとても便利です。手に持つタイプ以外にもこういうのを買っておくとよいかもですよ。

●乾電池
前述の通り、防災グッズの乾電池は案外単1~2が多かったりします。よく確認し、これらの電池は多めに常備すると安心です。久しぶりにラジオつけたら電池がスッカラカンだった・・とかよくあります。従来型の豆電球の懐中電灯も単1~2の乾電池を使うものが多いので注意です。
今回もそうでしたが、災害が起きるとみんな乾電池を買いに走ってしまい、手に入れることが難しくなります。

ちなみに災害時のライフラインでは一番最初に復旧するのが電気と言われているそうです。ただし、その復旧も地域差というものがあります。例えば職場では電気が復旧しているけど我が家では・・・ということもあります。こうなると、充電池が意外に役立つことがありそうです。会社で充電してきた電池を使うとかね。最近はゲーム用などにも充電式乾電池をお持ちの家庭が多いですよね。でも大概が単3なんですよね。単3形で使える防災グッズをそろえるのも知恵だと思います。色んな形の電池を用意するとなると買い忘れなどもあるから、統一しておくのは重要な気がします。

●ラップ
食品・食器用のふつうのラップです。幅は大きいものがよいです。腐るものではないので、多めに(数本)常備しておくのがオススメです。
水が出ないと皿を洗えません。あらかじめ皿にぴったりとラップを貼り付けその上から食べ物をいれます。使用後はラップを丸めて捨てます。これは自衛隊式とか聞いたことがあります。これをやり始めるともう奥さん、皿洗わなくて便利なんで、水が出ててもラップ皿を使いたくなること請け合い! 幅広いラップじゃないと皿を覆えないですので大き目を用意しましょう。また、汁物は穴が開いて下に染みてしまう場合もありますが、それはティッシュなどで拭けばよいです。

●ウェットティッシュ
これも腐るものではないので、いくつか多めに常備しておくのがオススメです。
トイレットペーパーの買占めが・・という話を聞きますが、トイレットペーパーを買う前にウェットティッシュがオススメです! 水洗トイレは水が出ないと使えませんので、紙だけあってもね~。
ウェットティッシュは手を拭いたり皿を拭いたりと非常に万能です。水が出ないときは最高のパフォーマンスだと思います。なんならお尻を拭くこともできますよ!ほんとにお尻のことを考えるなら赤ちゃん用のお尻ふきティッシュを用意しておくのもテでしょう。

●カセットコンロ
コレ一台で調理ができる強い味方。いつもは使わなくても、災害時用に備えておきたいですね。せっかくだから予備のボンベもいくつか備えておきましょう。 普通、乾電池を使用して火をつけるものだと思いますが、いざとなればマッチでも火をつけられるかと思います。

●ロウソク、マッチ、ライター
これは当然の備えですが、無かったらやっぱり大変ですね。ロウソクは、何も細長いものに限りません。アロマキャンドルでもいいわけです。お土産のかわいいキャンドルでもよし。要らなくても捨てないでどこか分かりやすいところにまとめておいておきましょう!

●ビニール袋
万が一のときゴミ用の袋は無いと困ります。なにかと、あると便利です。しばらくゴミの回収もやってきてくれなくなることも考えられますし、トイレも流せないとなれば何かと汚れたものを袋に入れておくしかありません・・・・
最近はスーパーの袋も有料でエコバッグを使っているからビニール袋があんまり家に無い・・ということもあるかもしれません。スーパーのビニール袋みたいなのは百枚単位とかで売っていますので、一応一束買っておくと憂いがありません。

●水
水が一番大事ですよ・・
飲み水については、給水が行われるといっても一人当たりもらえる水は多くはありませんし、長時間行列しないといけなかったりしますから、備えがあれば強いです。2リットルのペットボトル6本くらいが1箱くらいになってますよね、1箱くらいなら常備しておいても損は無いかもしれません。消費期限があるのがネックなので期限はよくチェックです。

下水については、お風呂の水はお掃除して新しく汲み始めるまで落とさずにおきましょう、てのはよく言われていることですがこれは実践したほうがいいですね。上水道が止まっても水洗トイレを使うことは可能です。バケツ1杯分くらいの水を一気に便器に流し込むと使えます。しかしバケツ1杯分くらい使わないといけないのでなかなか消費が激しいんです。お風呂の水はこんなときは活躍です。
ただ、今回の震災では津波によって下水処理施設が被害を受けており、下水を流すことができなくなったり制限されたりしている地域も少なくないのですが・・。

●食べ物
冷蔵庫・冷凍庫の中身は停電になるとあっという間に危険が迫りますので(笑)最初に食べてしまいます。その後長期にわたって頼みの綱となるのは「米」「乾麺」「餅」などです。よく「乾パン」とかいいますが、長期戦となるとむしろいつも食べてる「米」なんかのほうが頼りになります。

米は水と火があれば焚いて食べることができます。しかし玄米の状態で精米していない米は食べにくいので、精米した米をある程度常備しておくのが良いみたいです。街角の精米機が停電で動かないので、玄米しかない~!という声が多かったです。

乾麺はカップラーメンというよりは、「うどん」とか「そうめん」とかです。かなり長期間保存ができて、茹でるのも一度お湯になったら火を止めて、ふやかすだけでもなんとかなるとか、省エネ調理可能らしいです。米より調理も簡単なので、一人暮らしの方にもオススメなのが乾麺ですね。

さらに、「お餅」も常備食として優秀のようです。パックになっているものはかなり長期間の保存ができます。そしてカロリーも高い! 缶詰やパックになっていて長期間保存のできる「つぶあん・こしあん」などと一緒に常備すれば、おいしいお汁粉で暮らせます!

もちろん缶詰は保存食の主戦力ですね。私個人と致しましてはですね・・・サバ水煮缶詰大好きだ~。サバ缶さえあればそうめんもうどんもご飯もおいしい最高!好きな缶詰はいつも多めに常備しておく、これはいいことですね~(^o^)


あったらさらに安心


●トイレ
災害時に一番問題なのがトイレといわれているそうです。防災用簡易トイレってのは以前から話題ですね。これを用意できればかんぺきかもしれません。どうしてものときには大人用オムツが活躍するとも言われています。
しかし前述の通り、家が壊れていなければ、下水用の汲み置き水さえあれば水洗トイレは流せます。
はっきり言って、いざとなったらトイレットペーパーとか言ってられません。ちなみにうちの地域では「下水が詰まる怖れがあるため、トイレットペーパーを流さないで下さい」と自治体から言われております。これじゃあ買い溜めしてもなんにもなりません(^▽^;) 

●石油ストーブ
東北など寒い地域には必需品なので、これで助かった~!という家庭が多かったはず。ファンヒーターではなく、直接炎で暖まるタイプのストーブです。上部では調理もできる!!スグレモノですよ。 今は安全性のために石油ファンヒーターが主流ですが、災害時に活躍するのはストーブです!
さらに言えば薪ストーブとかなら灯油不足にも対応可能かもしれません。

●水用のタンク
水道の復旧も地域差があり、先に復旧した地域からもらってくる!なんてこともできます。また、我が家ではそうでしたが、最初は水が出ていたんだけど、あとから計画的な断水に入るということもあります。水を溜めておけるタンクがあると便利です。
しかし20リットルくらいのタンクになると女性の力では入っている水を注いだりするのも大変です。注ぎ口・蛇口がついているタイプならよいですが、そうでないなら、100円ショップで売ってるような灯油用の手動ポンプありますよね、あれを水用に1個予備に持っていると大変便利だということが分かりました。

●携帯電話充電
災害時には携帯電話が大変つながりにくくなってしまい、ほとんど役に立ちません。さらに今回は中継局も停電などの障害でまったく電波が無い状態が続きました。こういうときはバッテリー節約のためにきっぱり電源を切ったほうがよいです。
電波が戻ってきたら今度は充電が重要です。ソーラー充電器も心強いです。ただ、私はソーラー充電器を使ったこと無いのでどのくらい使えるものなのか知らないんですが・・あると旅先でも便利そうなので、あ~・・ほしくなってきた><乾電池から充電できるブースターも便利かもしれません。

●自転車
ガソリンが手に入らなくなるという事態は全く想定していなかった大混乱でした。自転車があると機敏に動き回ることができますよ。自転車の威力を再確認!
ちなみにガソリンは灯油缶で買ったりできません!ガソリンは自動車などのタンクに入れてもらうか、ガソリン用の携行缶でないと売ってもらえません。とっても発火しやすく危ないからです。扱いには気をつけましょう!

●電磁調理器(卓上IHなど)
前述の通り、災害時において一番復旧が早いライフラインは電気と言われているそうです。実際そうでした。今回の震災では流通が麻痺してしまい、しだいにガソリン不足、灯油不足、ガス不足が深刻になりました。特に都市ガスのダメージが大きく、ガスの復旧にかなりの時間がかかるという話もあります。でも電気は一番最初に来てくれたんだから電気で調理ができるようになります。コンセントにさしてすぐ使える卓上IHヒーターがあれば、オール電化住宅でなくても電気で調理できますよ。都市ガスのお宅にも1台用意しておくと憂いが無いかも。



冷静に無駄のない備えを


もっとあるかと思うんですがとりあえず思いついた分だけ。
また思い出したら追記修正等しておきます。
被災地ではまだ欲しい物が手に入らない状態は続いていますが、被災地ではないところにお住まいの方で、この機に災害の備えを・・という方の参考になれば幸いです。変なものを買い占めないで、重要なものをきちんと備えてください!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 地震 | ジャンル: 日記
[感想]ポケモンブラック・ホワイト スーパーミュージックコレクション | Home | [プレイ日記]二ノ国 漆黒の魔導士(7)

コメント

岡山は天災が非常に少ない地域故、こうした準備はほとんどできていないのが現状です。これは為になりますね!

お皿ラップは非常に良い案です!確かに水が使えないのでラップしておけば洗わずすむし良いですね!これは嫁に伝えておこう!あと、トイレ、やはりこれが頭を悩ませるのですね。非常時に男性なら外でしても少々は気にならない(僕だけ!?)かもですが、トイレは困りますね。ウェットがあれば子供も清潔にできますし、必須アイテムですね!


こうしてみると、懐中電灯、ラジオ、携帯電話の電池位しか頭になかったですが、色々とあると災害時に役立ちますね。ありがとうございます☆

2011/03/30 (Wed) 19:07 | ぐっさん #DsyH2XjE | URL | 編集
Re: タイトルなし

ぐっさん>

お返事が遅くなりました!コメントありがとうございました♪
やはり体験してみないと、実際必要なものってわからんものですね
参考になれば幸いです。

ラップ皿はあまりに便利なため、水が復活したいまも
めちゃくちゃ活用しておりますよ・・(^o^)
ウェットティッシュはみんな便利さに目覚めたと思われ、
こちらでは一時的に品薄にさえなったようです。
私もとりあえずいくらか購入して準備しました!
お掃除にも便利でよいです♪

それにしてもラジオは本当に重要だということがわかりました。
災害時は、食べ物と同じくらいに情報が命綱と言う気がします。
なんとなくちょっとラジオに憧れてましたが、
ますますラジオが好きになりました!

2011/04/10 (Sun) 10:28 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する