[この1曲]出撃の烽火(幻想水滸伝ティアクライス)



出撃の烽火(幻想水滸伝ティアクライス)



この音がDSのスピーカーから出てきたときの興奮は忘れがたい!

DSソフト「幻想水滸伝ティアクライス」の、戦争(?)前部隊編成BGMです。さあ出撃だ!っていう編成画面でこの生音熱いシリアスで張り詰めるような音楽がDSスピーカから溢れ出すのです!

もうテンション上がらざるをえないですよ。
絶対勝ってやるッ!という不退転の決意で拳を握りしめたくなります!
しばらくDS開けっ放しでずいぶん聞き入りました。ほんとうに感動です。

幻想水滸伝シリーズはシリアスな戦争モノが基本なのですが、ティアクライス以降は比較的こぢんまりした話になっており、大規模な戦争シーンもなくなってるのがシリーズファンには寂しいところです。でもこの音楽がこのように堂々として真剣で胸熱なので、救われました。ゲーム中では小規模な戦闘に見えたけど実はこの音楽のような総力戦だったというイメージで妄想しておきますから!


なおこの動画は、前半がオリジナルサントラのバージョン、後半がアレンジサントラバージョンです。アレンジバージョンは冒頭に華々しいブラスが冠されていて、ますます熱くなりますね!!私としてはこの曲を是非生演奏で聴いてみたいものです。非常に映えると思うんですけどね~!



ティアクライスの音楽


幻想水滸伝ティアクライスはDSのソフトにも関わらず、ドラマパートのボイスも豊富で、音楽もこのように生音の曲がかなり多く収録されており、生音以外の曲数も非常に膨大です。あまり期待していなかったこともありますが、DSでここまでとは!!とかなり感動しました。

音楽は全体的に素晴らしいです。ナンバリング初期のようなエスニックなテイストはほとんどありませんが、RPGらしくバラエティゆたかで耳残りのする曲が多いです! 音楽で情景を見事に表した曲も多くて、最近の幻水では一番心に残りました。生音が多いのももちろんすごく好印象だったのですが(幻水はナンバリングでも生音をこれほど豪華に多用している作品はないような)。

ただ、生音以外の曲は、頑張ってはいてもDS音源なので、サントラだけ買うよりはゲームをプレイしてから買うほうがおすすめです。私の感想は下記


[感想]幻想水滸伝ティアクライスOST+EXST
http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-322.html
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲーム音楽 | ジャンル: 音楽
[プレイ日記]幻想水滸伝 紡がれし百年の時(5)108クリア! | Home | [プレイ日記]幻想水滸伝 紡がれし百年の時(4)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する