[プレイ日記]幻想水滸伝 紡がれし百年の時(5)108クリア!

B006D7LIL4幻想水滸伝 紡がれし百年の時
コナミデジタルエンタテインメント 2012-02-09

by G-Tools




45時間で108クリアしました。

結論から言って、とても残念な幻水でした。
正直な私の感想としては 特別版買ったのは失敗だったな…です。

容量とか予算とか問題はいろいろあるかと思いますが、
それにしても削減しすぎ…のゲームという印象でした…


ネタバレ有りの感想を追記!







ネタバレ有ります

















お話について


結局ゼフォンが何者なのか108クリアしてもわかりませんでしたが、どっかで明かされていました・・?でもそんなことはまあどうでもいいや。なんとなくは予想できそうな感じもしたりしなかったりしますしね。

ラスボスが一応人間だったのはよかったですが(やはり幻水は人間同士の戦いだから!)、ラスボスの御方の思想については、理論的にはどうかわかりませんけど、全然説得力を感じませんでした。主人公も、過去の彼の言い分まで聞いて少し理解を示しながらも、結局現代では全然迷いなく頭から否定しますしねえ…。 幻水みたいな多数の人命の行方を左右するような立場にいる者同士の戦いでは、その思想はどちらにも多少の説得力があって欲しい気がしてしまう私です。そういえば3も、頭ごなしにラスボスを否定して撃破してしまうのがガッカリしたのですよねえ・・・orz と、思うと、主人公に個性があることによって、こうなってしまうのかも? 自分が選択するだけだったら、もう少し相手の言い分を自分で噛み砕くこともできたのかな。
話はそれましたがともかく、盛り上がりもなく共感もあまりできないまま終了してしまいました。大体、ここらへんから後半かな?というあたりで終盤でした\(^o^)/

そういえば、そういえば、序盤では、敵討ちや憎悪をどこへ向けたらいいんだ!っていう葛藤が語られてましたが、主人公も「僕にもまだわからない」って言っててあれはどうなったんだろ? 話が途中からすりかわったような…。自由を求めて、制限する奴が悪いやつ!っていうところに…。んんむ。いつのまにかレネフェリアスさんが絶対悪になってしまったね。

しかし108星を時間的に分断させるというむちゃくちゃな設定にはある意味感心しました。なるほど…理にかなっているところもある、本拠地に108人いないという激しいダメージをプレイヤーに与えることが出来ましたね、レネフェリアス様。
しかし 宿星は人ならざる力を持っていて たった108人で軍隊を相手にできるとは…そんな超人だったなんて……初耳だ…。まるであれですね、十傑集みたいな感じですね(GR OVA)。そんなとんでもないシロモノだったんだ…。天命を受けて導かれた仲間たち…だとは思ってたけど、そうだったのか。だったらもっと強そうな人たちが仲間でも良かったと思うな!
それはともかく、たしかに時代を超えて分断されてることをうまく説明できるし、実際宿星なのに故人だったりしている点も、それはアイオニアの恐るべき策略の結果であったと言われると、なるほど。と思えたりするんですけどもね。すごい陰謀だったんだなと、納得できなくもないんですけどね、でもね、プレイヤー的には108人集められなくてつまんなかったです。。。



108クリアについて


107クリアも見た上で108クリアもしましたが、今回は結構差があるエンディングでしたね。いつもそれほどエンディング変りなかったりするのにね。ティアクラなんて え?これだけ?ってかんじでしたもんね。 今回は、その後も大きく変わるので、ちょっと立派だなと思いましたけど、107エンディングは108の出来損ない?な感じで、108だけ見ればそれでいいかなという感じでした。驚いたのはエンディングの音楽も違いますよね??(気のせい?)

し…しかし、今回ほど、「その後」を読んでて感慨のない話もなかったな…。ティアクラもあんまり感慨なかったんですけども。



108人集め


途中から攻略サイトを見てやったのですが、それでも無駄に時間かかったなあ。効率的に集めれば35時間とかでクリアできている方もいるようですね。私は最初のうち、あちこち行ったりきたりして集めてて時間を無駄にしてしまいましたが、今回は時間制限キャラもいないみたいだし…ね。頑張らなくてもよかったですね。

それにしても故人はないだろ故人は(笑) 明らかに 大人の事情ですね。それも経済的な問題でしょうか? だって設定資料集でも完全に無視されててカットされてるんだもん。ということはまったくグラフィックから設定してなかったってことですか??…TT


音楽について


今回は…私としては、音楽も、ティアクラ以下だったなという感じでした。驚くようなこともあまりなかったな…。ちょっと「お?」というところはありましたが…。音源的に好きじゃなかったのかもしれません。もし通常版を買ってプレイしていたら、サントラを買おうとは思わなかったな…という印象でした。





というわけで、いつもなら こういうソフトは売り飛ばす派ですが…どうしようかな。
幻水だからやっぱり売らないかなって思ってたけど、
まだ値段も高いみたいだし、二週目とかやる気は絶対ないしね…。
やっぱ売ろうかなあ。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲームプレイ日記・雑記 | ジャンル: ゲーム
[感想]幻想水滸伝 紡がれし百年の時 | Home | [この1曲]出撃の烽火(幻想水滸伝ティアクライス)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する