[感想]轟轟戦隊ボウケンジャー

B000F7M9DE轟轟戦隊ボウケンジャー VOL.1 [DVD]
八手三郎
東映ビデオ 2006-08-04

by G-Tools


個人的好き度:rating_50.gif
あらすじ:クールな上司レッドに導かれるトレジャーハンターの物語




突然ですが、ボウケンジャーが好きです!

特撮は、そんなに見ているわけではなく、戦隊はアバレ以降時々飛ばしてゴーカイくらいまでみたくらいなのですが、アバレンジャーの次に…いや、同じくらい好きです!!

一般的な評価は「異色すぎてイマイチ」だったみたいなんですが、なんといってもブレのないキャラの良さや複雑な敵組織など、オトナでも楽しめる作品です。


ふと思い出して再び見たくなったのでボウケンVSスーパー戦隊と映画版を見て熱が復活しました☆







正義のトレジャーハンター VS 宝を狙う3つ?の組織


ボウケンジャーたちは、危険なオーパーツ的宝物(プレシャス)を回収するトレジャーハンターのような存在。プレシャスで世界征服などを企む悪の組織と戦うっていうよりも「どちらが先に宝を手に入れるか」を競い合います。

しかも悪の組織は1つではなく序盤から3つ登場し(後半ではさらにもうひとつ登場?)、悪の組織どうしもそれぞれ目的やら考え方がかなり異なるために、手を組んだり邪魔しあったりと、とても複雑な状況です。この複雑さがウケなかった大きな理由なのではないかと個人的には思います。実際自分も見ていて最初のうちはわかりにくい…と思いました。悪の組織が複数あって、ボウケンジャーはそれらをまとめてネガティブシンジケートと呼称するため、一個なのか複数なのかが なかなか認識しづらい。

でもそれを我慢して見ていきますと、それぞれの悪の組織の特徴や理念にきちんと筋が通っていて、個性的でなかなか憎めないな・・ってなってくるんですよね。ズルくてあやしい呪術集団、強靭な体の竜軍団、お金儲け中心の忍者株式会社…実はどいつもこいつもあんまり強そうじゃないな(笑)

ボウケンジャーも悪をやっつける組織ではなく、ただ危険な宝が悪用されないように守っているだけなので、積極的に攻勢に出るわけではなく、邪魔さえされなきゃやっつける必要もさほどないのです。そういう状況なので、正義VS悪の構図は明確ではなく、群像劇のようにすら見えます。

このへんが今思うととっても感心するところです。ぜひ、今後見ようと思っている方は、それぞれの敵性組織の理念や性格にも注目して見ていただきたいところ!


クールで実力派のカリスマリーダー レッド


やはり最初に衝撃を受けたのは、レッドの性格の異色さです。この作品周辺の戦隊の主人公は、「熱血」「猪突猛進」な性格で、実力も「新入り」だったりすることが多かったのですが、ボウケンレッドは最初から「ベテラン」「冷静沈着臨機応変」「前からリーダー(チーフ)」「偉そう」なのです。特に衝撃的なのは「クール」で「偉そう」なところです。ベテランなこととかリーダーなことはさておき、気さくでもなく熱血でもなく、いきなりクールで偉そう。初めのうちの取っつきにくさはかなりのものでした。

って、書いてて気づいたけど、この作品はツカミが悪いんですね。最初のうちとっつきにくい要素が満載なんだわ。

しかし次第に偉そうでクールなレッドが内に秘めた情熱や、探求を愛する純粋さ、仲間への深い思いが分かるようになってきます。なかなか厳しい人ですが、けっこう理想の上司的な存在なのです。また、途中からコミカルな演出もされるようになっていって、魅力がすごくアップしました。

最初は私も、このレッド偉そうで嫌いかも~・・なんて思ってたんですが、見終わる頃にはチーフぅぅ!!まじかっこいいよお!!になっていました(笑) ぜひ理想の上司を求めて、ボウケンジャーを御覧ください(笑)


個性的でまとまっている仲間たち


レッドの異色さと完成されたキャラクターだけでも素晴らしいのですが、仲間たちも個性的かつ綺麗にまとまっていて素晴らしいです。個性的ではみ出しまくりなのは 約1名いてそれはもう弁護できませんが、メインの5人組はボウケンジャーという組織に綺麗に収まりつつも凸凹していてとても良いバランスです。

堅物クールビューティだけど本当は♡な副リーダーのピンク、新入りでレッドに反発しまくりの若きブラック、天然怪力ほんわか癒やしのイエロー、天才スパイで悪癖持ちのブルー(だが空気)…。

私の印象では、この物語の筋は「新入りで血気盛んのブラックが上司レッドと対峙しながらもその生き様に導かれていく様子」なのですが、こういう一歩引いた視界から登場人物のドラマが客観的に楽しめるのですよね。

クールビューティ過ぎてちょっと素直になれないミリタリー上がりのピンクや、ホンワカ天然すぎてトラブル起こしつつも可愛いマスコット的なイエローは、かなり個性的なヒロインでこの可愛さは特筆です。レッドとピンクの関係、ブラックとイエローの関係はとても可愛いので女性も萌えますよ!二人の見た目もとても可愛いです!

で、一人だけ逸脱しすぎて、はみ出しすぎて、弁護しようもないシルバーは……


はみ出しシルバー様


途中から登場するシルバーは一人だけ、異色すぎるメンバーです。設定が異質すぎて違和感が極大。正直言ってシルバーはシルバーじゃないほうが良かった。シルバーにならなくてもよかったのに、なぜかシルバーになってしまった、と、私には思えてなりません(笑)

この作品の中では、あまりに異色で個性的なドラマがくっついていたため、仮面ライダーあたりでやるとか、単体でお話にして欲しかった、マジで…マジで…。私はえいちゃんが好きなんですよ~、チーフも好きですけど、みんなも好きですけど、それとは別にえいちゃんの話が大変好きなので、なんで彼が変身しちゃうんだか未だに納得してない(笑)

初期衣装や設定・口調など、ジャンプ系少年漫画な存在で、主人公として十分通じる個性とドラマを持っているキャラなので、ぜひ注目して下さい!でもイケメンじゃないのが残念(笑)そこも個性(笑) 

あーやっぱり変身しないで初期デザインのままで協力キャラでよかったんじゃなかろおぉかあタカオカノン

しかし、シルバーと因縁を持つ第4勢力は、三つ巴で膠着気味の悪の組織にビリリと辛いスパイスとなり、戦いを危険な方向に転がしてくれましたね。緊張感が生まれた点は良かったと思います


マシンや武器


搭乗するマシンは働く車中心で、そのへんが「轟轟」の由来のようです。私は働く車に特に興味が無いので、マシンには全く興味がもてませんでした。活躍シーンもあんまりなかったよおな~?? 男性は車に興味が強いようなので、面白いのかもしれませんね。働く車は子供に人気だから、そこを狙ったんでしょうね。

武器はトレジャーハンターっぽい装備が中心で、スコップとかハンマーとかワイヤーとかしまいには金属探知機。地味い(笑)地味すぎる(笑) なんでそれが武器なのかってのがオトナにしかわからないし。全体的にそのあたりがどうにも地味な戦隊です。

ただ、変身アイテムのケイタイ(このごろ基本的にケイタイですね)は、宝物の危険度をサーチしたりといった分析機能もあるらしく、そこら辺がちょっと科学的なかんじが、ドラマ的には面白かったです。


音楽


サントラもってますが変身シーンの曲「スタートアップ(M20)」のイントロは衝撃的です!初めて見たらびっくりするのではないかと思います。音楽は中川幸太郎さん(コードギアスで印象深い)、スリルとスピード感があるピカピカのブラス系サウンドが、大人っぽくてカッコイイです。単にヒロイックなメロディではなく、なんとなくスリル感が伴っているかんじが、「冒険」っぽいではないですか!

また、主題歌が話題でした。ロックバンドMAKE-UPのヴォーカルさんが歌!ということで。話題だけでなく、明るい曲調と熱い歌唱は良い感じでしたよ。


もっと見たかった


デカレンジャー見てた時も、最終回では もっと見たいなあ~TT っておもいましたが、ボウケンジャーももっと見たかった~!という作品です。最終回(というかエンディング後の方向性)も素晴らしく、その後のキャラクターたちの全く新しい大☆活☆躍に思いを馳せることができます。きっと凄い冒険がいっぱいでしょう。


映画とVS


映画は…ちょっと忙しくて…ってかんじでしたが、VSスーパー戦隊は豪華で面白かったですよ!えいちゃんが大活躍しますのでえいちゃん好きはチェックです。自分はアバレンジャーのアスカさんが出てきたので嬉しかったです。VSゲキレンは…見てない気がする。いつかみようとおもいます。








私がちゃんと見た戦隊シリーズは、アバレ、デカ、マジ、ボウケン、ゲキ、シンケン、ゴーカイくらいですが、そのなかではアバレの次に…というかだいたい同じくらい!好きです。デカレンジャーもおとなになってから戦隊シリーズを見始めるきっかけになるほど面白かったんですが、ボウケンのほうが好きというほどキャラがよかったです。

ち!な!み!に!アバレンジャーは、神作品だと思っていますが、センスが爆発しすぎて理解されづらいかもしれないです。ボウケンジャーも異色作ですが、アバレンジャーのほうが異色すぎると思う(笑)いろいろと、コレ放送して大丈夫か!?(褒め言葉)が多かったですので、コレ放送して大丈夫か!?とかハチャメチャアバレまくりのギャグに堪えられる方はぜひ見ていただきたいです。



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 特撮ヒーロー | ジャンル: テレビ・ラジオ
[プレイ日記]ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(7) | Home | [プレイ日記]ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(6)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する