[プレイ日記]フェイト/エクストラ(2)

B0061ZTCTIフェイト/エクストラ PSP the Best
マーベラスAQL 2012-01-12

by G-Tools



1回戦4日目くらいまで進んでみた

まだ全然ゲームの進み方がつかめていない。というかつかめる段階にない(笑)

とりあえずね、バトルは常に攻略サイトとにらめっこ






RPGにぶち込まれた聖杯戦争


これは「聖杯戦争」を「RPG」という型式にぶち込むために、特殊なパラレルシナリオ設定をやってみたっていうゲームなのかなと思う。その特殊な設定具合がおもしろい。

ぶち込まれたチープなRPGシステムが面白いというよりは、そういう制約の中で「聖杯戦争」がどのように再現されるのかを見る面白さではないでしょうか。ということはやはりstaynightをある程度知っていないと面白さに欠けるのかもしれません。

RPGのシステムそのものはむしろもう少し聖杯戦争に歩み寄る努力をしてもいいのではっていうくらいチープなシロモノだと思う。大人の事情(経済的な)が見える、テケトーなダンジョン、テケトーな敵、ハンパな学園舞台設定、装備やアイテムのシステム、その他もろもろ。
でも、その大人の事情を…無理やり納得させる設定でうまいことカバーしちゃうところがスゴイ。確かに、そういうわけならこういう状態なのもたしかに仕方ないといえば仕方ないな…っていう、考えれば考えるほど、丸め込まれてしまうかもしれない。ダンジョンがテケトーなグラなのも、この戦いにそれ以上の必要がないからである。と言われたら全くそうだよなという。ヘタしたら、キャラの解像度が低いのも必要がないからであるとか言われるぞ。NPCが少ない・会話パターンが少ないのも必要がないからであるって普通に言うだろうね!

という、この設定を楽しむのが醍醐味ではないでしょうか。
まあでも、それにしても、学園タイムにビミョウに緊張感が足りてないし動きが少ないのは、ヘンテコだけどね。ほんとはもっと学園タイムに激しい駆け引きがあるべきですよね。非戦闘的な罠とか探りあいとか諸々。
とかとか色々考えさせてくれるあたり十分面白い設定だとおもいます!



音楽


特殊な設定に合わせて音楽も非常にクールです。エレクトロなジャズというか。オシャレで渋い、妖しいものの潜む電子世界にピッタリで、疾走感あるリズミカル。
カラフルではなくどの曲も一様、同じように聞こえるけど、嫌いじゃない。舞台に合っているなあと思います。面白いです。


赤セイバーちゃん


かわいい…。
暴君なはずなのに、むしろめっちゃ寛大で優しくないですか?朗らかで余裕たっぷりで、寛大。寛大としか言いようが無い。普通ならこれほどの暗愚、嫌気が差すはずでありましょうぞ。しかし主人公にいちいち詳しくゲームシステムを説明してくれる!怒ってない!楽しそうに。無礼な質問も楽しげに答えてくれる!!

4日目?のマイルームでの質問がどれも無礼な感じ(真名・性別・一人称)でブルったのだけど、そんで性別について聞いてみたんだけど、そんで性別についてが一番饒舌だった気がしますが(←その後ロードを繰り返して全部聞いた)とりあえず女性もターゲットに入っているようで良かったですラブラブになるのだ。まあともかくどの選択肢も楽しげに答えてくれてほんとにびっくりしました。普通なら真名について聞かれたら「そなたには早いわ!」って怒りそうな気がしたのにむしろモチモチ喜んでて超かわいいです…なんという。一人称の質問が無礼すぎてブルったのにそんなに不機嫌にならずにパーソナルな事を話してくれたりして、どうしてこんなに心許してくれるんだろうって感動するレベルです。

戦闘でも基本的に褒めてくれる(攻略見てるから失敗が少ないせいかもしれないが)、そなたに拍手を!とか言ってもらってほんとありがとうございます!>< 余はたのしぃっ(*^ω^*)とかあまりに楽しそうでカワイイです…。基本的にどんなことも楽しんでしまう人なのです…ね。意外すぎる。そしてカワイイ。
セリフの意外さについて語っているだけで延々と語れそうです。強敵前とか強敵戦後の弱気なセリフがらしくないところとかさ。

マトリクスには自分のサーヴァントの情報も表示されるんですね。頭痛持ちってスキルじゃないんじゃないのでしょうかスキルなのか。呪いってスキルなのか。なんだかスキルが弱点ばっかりに見えるんだけど今のところ。超かわいい。いや、かわいそう。こんなに明るく楽しそうなのにほんとは頭痛持ち…、今は話す気分じゃないとか言ってる時は頭痛…?
とにかく赤セイバーちゃんの可愛さにはノックアウトです。LOVE 赤セイバーちゃんと共に戦えるだけでも3000円の価値アリだったとおもう。



バトルシステム


だいたい分かって来ました。だいたい程度に。
本来は敵のパターンをメモしていくものらしいですが、これをメモするなんてやってられないです…!!ノート一冊必要です! 攻略本を確実に売るための戦略?というほど面倒くさいですね。

でもまあ、ちゃんと地道にメモしてメモを見て推測してアタリが出たら自分の知力の勝利!って感じで嬉しいかもしれませんね。

私は最初から攻略サイトを見ることにしました。常にケータイ片手に見ながらバトルです。それでも開示が足りず確実にパターンを絞れないので、これでもかなりパズル要素があるバトルだと思います。ある意味数学的戦闘です。これでパターンが沢山出てくるとほんとに絞れないですね(^_^;) しかも開示の確率?(撃破数かも知れないが)が思っていたより低い。なかなか開示されないんですね。 けっこう敵が再生するまでアリーナをうろついて戦ったのにまだほとんど開示されてないぞ。うーむ。奏者よ、もっとがんばって敵のプログラムをハッキングしないかッ

何度も繰り返してバトルをしていると、モーションが少し長くて疲れてきます。コマンド6枚っていうのは、予測確率がゲームに最適な量なんだろうけど、少し長い印象です。攻撃1回あたりのモーションもこれ以上短くするとメモが困難になるからという理由なのはなんとなくわかるけど、見ているだけだとスピード感が少し足りないかんじがします。もっとスムーズに連続した動きになっていればカッコイイのにって。そうなると今の何攻撃だったんだ何回目だったんだーってなるってのは目に見えてるけどさ…。うーん。ジレンマ。

戦闘前後セリフのパターンもそれほど多くはないけど、いちいち喋ってくれるからなんとなく嬉しいです。キャラが好きじゃなかったら楽しくないかもだけど、赤セイバーちゃんのもちもちした感じが好きだから、ちょっと一言でも大変癒されます。いい意味でキャラゲーです。

しかしアリーナでセーブできないからやめどきがなかなか…
PSP、スリープにしてるとすぐ電池なくなるし…。
あと攻略サイト見ながらだと常に少しずつネタバレしながら遊んでる感じになってしまう。敵データだけ見てプレイしないとホントはダメですね。





/span
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲームプレイ日記・雑記 | ジャンル: ゲーム
[プレイ日記]フェイト/エクストラ(3) | Home | [感想]岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する