[感想]惑星のかけら - スピッツ

B00006HBF0惑星のかけら
スピッツ
ユニバーサルJ 2002-10-15

by G-Tools

スピッツのけだるいロックサウンド



懐かしい想い出のアルバムの感想を書いてみようと思いまして!

たぶん、最初に買ったPOPのアルバムだった気がするのです。
スピッツの数あるアルバムの中でも、特に存在感が薄い…ような、
しかし妙に特異なオーラを放つアルバムです。

スピッツの3rdアルバムで1992.9.26リリースです。

やたらと気怠くて退廃的なこの雰囲気が、たまに懐かしくなる…







このアルバム、妙に気だるい


最初のアルバムの頃はスピッツの名に恥じないキャンキャンした感じで、あとは爽やか系(?)なイメージのスピッツですが、このアルバムだけものすごく疲れて気だるいようなマサムネさんの歌声。エフェクトかかっているせいなのか、とても他とは違う印象があります。

サウンドももやーっと夏のダルさを感じさせるような湿度高そうなロック。
ある意味とても面白いアルバムだと思ってます。
まだ想像力豊かな子供の頃に聴いたせいもあるかと思うけど、どうも退廃的な暗い夢のような印象が残っています。

個人的には、他のアルバムに比べるとそれほど好きではないのですが、意外とあまそんを見ると評価が高いですね!?!チョット驚いた。 多分 通なファン的には、一般にイメージされるスピッツと違ったテイストが通好みで興味深いのではないでしょうか。hentaiっぽい歌詞も全開なあたり、スピッツのスピッツらしさがよく出ているとも言えるかも。スピッツの爽やかサウンドが好きな人にはあんまり好まれない気がしてならないです


気になる曲感想など


1.惑星のかけら
最初から暑苦しくて灼熱のようなギターがグニャグニャしている!そして歌い出すと脱力状態なほどのダルい声。歌詞もなんだか理不尽で変態っぽい内容で、まさにこのアルバムのイメージです。

3.僕の天使マリ hit_02.gif
このアルバムでは一番印象的で、オススメの一曲。今でも歌える。こないだ、マリちゃんという友人の前で歌ってきた(笑)(少しヒかれた気がする) ノリが良いところがいいんです。 現代にファンタジックな要素を入れ込んだような歌詞は、なんとなくテレビドラマっぽくて想像力をかきたてます。

6.シュラフ hit_02.gif
私の中でこのアルバムで一番衝撃的だった曲。とても退廃的な印象を受けました。極めつけにこの曲のせいで?破滅的な悪夢を見た記憶が忘れられない。疲れ果てた、何もかも滅び、みんな嘘、奴らには見えない。ちょっと精神的に心配になります。やけに鮮やかなフルートのサウンドがまたこの曲を奇妙に彩ります。みなさんはこの曲にこういう異様なイメージは受けないかもしれないけど、私の中では圧倒的なイメージを持った曲です。
ところでシュラフて寝袋のことだったのか…なんとなく寝具だった気はしてたけど。

9.日なたの窓に憧れて hit_02.gif
たしかこのアルバムではこれだけシングルだった?と思ってたけど、惑星のかけらもシングルだったのね(^_^;) キーボードの音色がフワフワしつつキラキラしていて、ふしぎにひなたのように暖かいところが好き。メロディも綺麗で、爽やか系なスピッツテイストが聴きやすい。この曲からは、叶わないロマンのような少し寂しいものも感じるところが印象的です。メリーゴーランドのあたりとかね。この曲は、聴いたことないかたも一度いかがでしょう、結構耳障りがいいと思います。

10.ローランダー、空へ
はあー。これ聴くと疲れ果ててぐったりするような気分になる、気だるさ、スローな感じも。でもつい、飛べローランダーと一緒に歌ってしまう。

11.リコシェ号
ちょっとだけコーラスありの主にインスト曲。なかなか未来的な音が散りばめられたノリのいい曲で、…リコシェ号は実は未来テクノロジーなのか?と思ったり、POPでファンタジックな感じがする。フェードで終わるのも、アーティスティック。
このアルバムはやっぱり、通好みのアートなアルバムで、一般受けしない気がしてならない。





昔好きだった、スピッツ


割と長いことスピッツは好きだった。ユウセンだかCDだかでアーティスト特集を録音してたくさん聞いた。アルバムも結構買った。でも最近はもうめっきり卒業で、聞いてない。三日月ロックくらいまでかな。好きだったのは。あとはフェードアウトした。今でも頑張っていらっしゃるとは、と、たまにラジオから流れてきて驚いたりする。

それにしても最初に買ったのがスピッツの中でもこのアルバムとは…
我ながら最初にこれはオススメできないなあ(笑)

スピッツのアルバムでは、私はフェイクファーが断然好き!!!!です。
昔別なところに感想を書いた気がするけどいつか再度感想を書こうかな!
絶対名盤です、フェイクファー。

昔好きだったアーティストの思い出深いアルバムをまた感想を書きたいと思います。


B00006HBF0惑星のかけら
スピッツ
ユニバーサルJ 2002-10-15

by G-Tools

スピッツのけだるいロックサウンド



このジャケットもまた、記号的でとてもアーティスティックですよね。
印象深いジャケットです。 我が家のCDはもう、ケースがぶっ壊れてたけど



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: J−POP | ジャンル: 音楽
[感想]史上最強の弟子 ケンイチ 54 | Home | [感想]七つの大罪(5)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する