[この1曲]Moscau(めざせモスクワ) - Dschinghis Khan



Moscau(めざせモスクワ) - Dschinghis Khan (ジンギスカン)


ジンギスカン
1979年にデビューした西ドイツのミュンヘン出身の男女6人組(後に5人組となる)の音楽アーティストグループである。『ジンギスカン』や『めざせモスクワ』などが世界的に大ヒットした。
楽曲「ジンギスカン」の強烈なインパクトにより、1970年代後半からディスコなどのダンスシーンでアラベスクなどとともに人気を博した。
 Wikipediaより



ちょうど私の両親が青春まっただ中の頃に流行ったというジンギスカン
時代的には、私の生まれる少し前なんだな(あ、年齢がバレr)

そんなわけで父がよくジンギスカンを聴いていたもので、
ふと聴きたくなった、っていうかやっぱ好きだな~(アラベスクも好きです)
小さいころに聞いてたのって刷り込み的に好きなんだろうか。
今でもなんだかんだでダンス系が好きなのはその影響なんだろうか?
そういえばAquaも大好きだったんですけど、すっごい似た系統ですよね。


で、ジンギスカンのベスト(下記)を父から借りたんですが、
知ってる曲が冒頭三曲しか無い気が(笑)
その中でもやっぱりこの「めざせモスクワ」が一番カッコイイっしょ!!
聞いたことがないという皆さんにも是非おすすめしたい!

何言ってるかとかコサックダンスはこの際どうでもいい
(というか曲しか聞いてなかったから…今回ようつべで調べて初めて姿を見た…)
とにかくノリがいいしちょっとシリアス気味でカッコイイ
ちなみに「1980年のモスクワオリンピックにちなんだ曲」らしいですね。
何を歌っているのかは未だによくわからないけど知らないでおこう。


冬にもピッタリじゃないですか。
今年の冬はモスクワで行こう!
ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!

B000BM6KJMベスト・オブ・ジンギスカン
ジンギスカン
ビクターエンタテインメント 2005-12-15

by G-Tools

△ジャケデザインが実にいい! 


関連記事
スポンサーサイト
[プレイ日記]アルカナ・ファミリア La storia della Arcana Famiglia(3)リベルタ&デビトルート? | Home | [プレイ日記]アルカナ・ファミリア La storia della Arcana Famiglia(2)やっとキャラがわかってきた

コメント

連投を避けしばらく自重するつもりが、テーマに引き寄せられてしまいました…申し訳ありません。

しかし、ゲーム音楽ブログで加山さんやジンギスカンに出会えるとは…お父様に感謝です。
お父様の音楽遍歴…興味が湧きます(笑)。

CM、ラジオ等で聞き覚えのある曲を中心にショッキング・ブルー、ドゥービー・ブラザーズといった
70’s洋楽やダンス系に嵌っていた時期、ジンギスカンやアラベスクに出会いました。

思えばアクアもCMで流れたカートゥーン・ヒーローズから入った口でしたし
(注目した時にはすでに解散後…)簡単に影響されやすい性質の様です…。

ダンス色の強いジンギスカン(曲名)に比べモスクワは爽やかながらも若干メロディアスに感じます。
ジンギスカンを含め、ノリが良くもどこか安心して楽しめる70’s(+80’s)ダンス曲は
聴き心地が良く、今でも流す事があるのですが…同じ様に楽しまれる方の存在に嬉しくなります。

ABBA、アース・ウィンド&ファイアー、エモーションズを皮切りに、クール&ザ・ギャングや
KC&ザ・サンシャイン・バンド、ワイルド・チェリー等有名所を聞き漁っていたのですが
周囲に興味を示す方が見当たらず、盛り上がる事もなく、独り寂しく楽しんでおりました(笑)。


また、こちらから恐縮ですが、「[感想]四つの署名」拝見させていただきました。

以前お返事いただいた様に、最初のイメージはまさしく宝物です。
クラシック音楽も、最初に気入り、触れ馴染んだ物と同じ楽曲を
異なる指揮や演奏者で聴き比べる事がありますが
慣れ親しんだ演奏は、やはり特別な思い入れが有ります。

…たとえ、世間一般の評価が低かったとしても。

…などと書き添えながら、新訳を待つ、続きを優先させる…両方共正しい気がしています(笑)。

ジンギスカンやクラシック音楽が時代遅れとみなされる事がある様に
新訳も時代に沿って新しい翻訳が誕生する中、いずれ古臭くみなされ
それ以前の訳にいたっては、化石に等しい扱いを受ける事もあるかと思います。

音楽にも新・旧ありますが、何を受け入れ、そして何を除外するかは、本人の自由で
百人いれば百通りの楽しみ方が存在します。

同様に周囲の意見に囚われず自分が納得、楽しめるならば、心の赴くまま
新訳を待たれるのも、熱がピークの内に一気に読むのも両方ありではないでしょうか。

…すいません、結局何の参考にもならないコメントをしてしまいました(笑)。

この度も長文、並びにお目汚しな文章、失礼致しました。

今後も新たな感想や記事、楽しみにしております。

2013/12/11 (Wed) 23:25 | パトラッシュ、僕はもう疲れたよ。 #Uh60rX9Y | URL | 編集
Re: タイトルなし

パトラッシュさん>

こんにちは!連投歓迎です、嬉しいです!

コメント返信したつもりが…送信忘れたのかな…書き直します;

ジンギスカン! 反応していただけて嬉しいです(笑)
というか、ジンギスカンに反応してくださるのはパトラッシュさんくらいかもしれませんね…
とてもいい音楽なので、聞いたことのない方々にも聞いて欲しいです。

父の音楽遍歴は…普通だと思います!(笑)当時流行っていたものを聞いていただけだと思いますが、いつも車内や自宅で聞いていたのでおかげで私も時代の離れた音楽に興味を持つことが出来た点では感謝です。父が音楽好きだから私も音楽好きになったのかもしれません。
アラベスクもとてもよく聞いてたんで、私も今更ながらに好きだなーと思いました。ジンギスカンよりはアラベスクのほうが多くの曲に耳覚えあります。

Aquaいいですよね~私も好きで最初のアルバムをずいぶん聞いたんですが、いつのまにか解散してたと知らず、知った時には結構ショックでした……。しかし、昨日wikiを見てみたら、再結成してたみたい?? ちょっと気になりますね、どんな感じになっているのかなー。


> 音楽にも新・旧ありますが、何を受け入れ、そして何を除外するかは、本人の自由で
> 百人いれば百通りの楽しみ方が存在します。
> 同様に周囲の意見に囚われず自分が納得、楽しめるならば、心の赴くまま
> 新訳を待たれるのも、熱がピークの内に一気に読むのも両方ありではないでしょうか。

ほんとうにそうですね、音楽も文学も絵画も、感じ方は感じる人の自由、人それぞれの解釈があるはずと、いつも思っています。
しかしホームズは悩みどころです~、確かに新訳の発行待っているとこのぶんだと半年以上待つかも(もっと待つかも、続刊ない可能性も)、と思うと熱が冷めちゃったらもったいないですよね…。でも、どの訳なら自分のイメージが壊れないか、読んでみないうちはわかりませんよね…。とりあえず今度図書館にあるものをちらっと見てこようかと思いますが…。青空文庫は少なくとも、イメージが違いすぎて辛かったです…。


いつも丁寧なコメントをありがとうございます!
駄記事ばっかですが、また遊びに来て下さい~!

2013/12/14 (Sat) 11:06 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する