[感想]恐怖の谷 (新潮文庫)

4102134085恐怖の谷 (新潮文庫)
コナン・ドイル 延原 謙
新潮社 1953-08-07

by G-Tools



年明け前に恐怖の谷を読み終えようとしたけど途中で寝てしまい、気づくと年越してました。
でもいちおう、読み終わったので、忘れる前に感想を書くですよ!

結論から言えば、
第二部ですね!!第二部!!






気持ち悪い。教授の件


読み始めてすぐに 気分が悪くなりました。
例の「ワトソンさん健忘症」の件です。最後の事件で教授のことを知らないと言ってるのに、それ以前であるこの話で普通に知ってるむしろうんざり風な返事をしているところ。一気に読んでいるせいもあり、気持ち悪い矛盾で、まあ著者都合とかもあるだろうなとは思うんですけども、特に最後の事件のときワトソンさんが教授のことを知らないと言ったからこそお話にシリアスさが増していていいと思っていますけども、でもこれを読んだら気持ち悪いです。

それから、これは自業自得だけど、これより先にパスティーシュ「素敵な冒険」を読んでしまったために、超絶気持ち悪い印象を受けました(笑) ああ‥ホームズやめて教授のことを言うのはもうやめて‥‥と、気持ち悪いものを見る目を向けずにいられない状態に陥り、序盤はとても快適に読めなかったです(笑)まあこれは私が悪いだけで、パスティーシュが悪いわけではありませんよ、面白かったので逆にこうなっただけなんだけども、これって一種トラウマのような(笑) 哀れなものを見る気持ちになって辛かったです(笑) 笑い話だけどほんとに辛かったです、読む気が失せるほど辛かったです(笑)
そのあとあんまり教授の話が出てこなくて助かりました‥ハハハ


ホームズと正義


正義がどうこう言ってるところがあって‥。いや、ほかの作品でも言ってるところはあると思うんだけど、この話ではずいぶんとはっきり、「望みは正義のみ」みたいな事を言ってて、私はあんまり腑に落ちない。ホームズは確かに自分なりの正義感があってそのために動いていると言える人だけど、その美意識を公然と「正義」と銘打ってそれに固執するのはなんとなくこう‥‥
アンチヒーローなホームズが大好きなので、正義とか言われると萎えてしまうんですよねっ
ただ単に 回転する知的な機械であるからと言われる方が好きです、仕事なしでは空転して壊れるから、と言ってたけどそっちのほうが好きです。

その腑に落ちない感を、前述のパスティーシュ「素敵な冒険」では悲惨な過去のゆえの固執と説明してくれていましたが、なんかね‥そうでも言ってくれないとあんまり腑に落ちないので、みんなも腑に落ちないからそういう設定を考えたんでは‥と思ったりします。あの悲惨な過去体験からの「正義」への固執はホームズの中の悲しい幼さを見るようで萌えるところでしたが‥


ホームズと推理


「帰還」から‥演繹的な推理のシーンが増えてきた印象。私は推理には 興味が無い!! ので、ぐだぐだと思考実験的に、座ったまま推理のおしゃべりされてもあんまり面白くはない。わずかな手がかりからきちんと答えを出してしまう鮮やかさは確かに、おお‥まるで数字パズルのようだ、と感心するけども。こういうところがみんな、好きなのかな、ホームズの推理に憧れるところなのか。
でもなんだかな、私は初期の頃の勢いばっかりなほうが好きだった気がするな。ぐだぐだ喋って推理なんてしなくてもいいよ黙ってやってればいいじゃないか。と思ったりする。

私は‥‥ 4つ目の卵を食べてたりするところのほうが好きだ!!!食欲のあるホームズは可愛い!!うまくいかなくて食欲皆無なのもかわいいけど。


ホームズと皮肉


それにしても序盤の二人のやりとりは酷いな。ちょっと、ワトソンさんにふざけ過ぎじゃないですか? あんまり酷いんじゃないか?と思うような皮肉が多くて‥ う~ん、訳のせいかなとも思ったんだけど、なんだか腑に落ちない部分もあり、不快だった(笑)
もっと、もっときっぱりばっちり何度も言ってやってくれワトソンさん。
ほんとに君には、ときどきうんざりさせられるよ!!

このごろ皮肉が多くなってきたのではないですか、性格悪くなってきたんじゃないですか。いや、性格悪いのは最初からだけど、ワトソンさんに甘え過ぎなんじゃないですか、ええ?
あと、半端無くまわりくどい言い方をして人を嫌な気分にしたり、相変わらず謎解きに芝居がかった演出をするところもいっそうひどくなってきて、なんだか かわいいよりもいらっとするところが増えてきたと正直思います。時系列的には最後の事件より前なのになあ。
でも、「演出しないとアッサリ過ぎてつまらない」というのは、少しわからなくもないかもですね。褒めてもらえないし感嘆してもらえないじゃんという、子供っぽいホームズだからね。特にワトソンさんにびっくりしてもらうのが生きがいだからね。


っていうか 二部 だっ!


どうも二部構成の長編‥緋色もこのお話も、一部はどうでもよくて二部が面白い!(一応署名も二部構成らしいが署名は私の印象ではそうでもなかった)二部を読むともう、ホームズの捜査はほとんどどうでもよかったという気がしてくるし、実際読んでてもめんどうなだけでどうでもよかった一部。

それよりも二部だよ! 地獄のような恐怖の谷の‥暗い景色が、火を噴き、汚れて、闇に包まれたような景色が目に浮かぶ。まさに映画を見ているみたいで、すごかった。 あとがきに、特殊な俗語などが多く日本語にうまく訳しきれなかったとあって、たしかに二部はいつもと違う調子の悪者言葉がいっぱいで、これもまた面白かった。
マクマードが最初からどうもやたらとカッコイイやつだな‥と思って、脳裏で想像して(カッコイイ想像)読んでいたんだけども、まさかの展開に衝撃を受けました。

ええっ!!! なにいいい やられた!! かっこ良すぎる!!!!

この一言に尽きます。
もう、ね、ホームズのだらだら捜査はどうでもいいよ。むしろ面倒くさいから要らないくらいだよ、焦らしやがって!というほど、かっこいい第二部だったよ!!

しかしその後‥ホームズの時間に戻ってきて、彼らがどうなったのか‥ああ、生きていて欲しいですね‥。ホームズに言わせれば、もう死の運命から逃れられないかもしれない‥って感じみたいですけど、彼の敏腕でなんとか生きて幸せに暮らしてほしいなあと思います‥‥。彼こそ正義の人だね。

そして最後の事件を予見したかのように終わる、予感的な終わり方も、かっこよかったですね‥‥

まあね、でもね、やっぱ二部だね。


関連記事
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます2014 | Home | [感想]シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険―ワトスン博士の未発表手記による (扶桑社ミステリー)

コメント

私も読みました、この新潮の「恐怖の谷」。

KMOKさん的には第二部なんですね!緋色〜も確かそうでしたっけね。

私的には、第二部は「ホームズ出てこないじゃん!?」だったんですけど、かといって第一部も特に印象に残らずあれれって感じでした。
第二部のどんでん返しは面白かったですね。

ワトソン君健忘症の件は、私はそんなに気になりませんでしたねー。
一気にではなくのんびり読んでるせいかもしれませんが。
話の順番が刊行順と一致しない時点で追う気が失せてしまい、まあそのへんはだいたいでいいやって感じで(笑)

> ただ単に 回転する知的な機械であるからと言われる方が好きです、仕事なしでは空転して壊れるから、と言ってたけどそっちのほうが好きです。

このホームズいいですよね〜!

2014/03/27 (Thu) 10:43 | みかん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

みかんさん>

いつもコメントありがとうございます!

> 私的には、第二部は「ホームズ出てこないじゃん!?」だったんですけど、かといって第一部も特に印象に残らずあれれって感じでした。

私も一部がほとんど印象に残らなかった…。
なんとなく舞台の外観的なイメージはあるんだけど
ホームズそのものはどうでもいいかんじでした…むしろイラッとさせられたような(笑)
マクマード大好きです!


> ワトソン君健忘症の件は、私はそんなに気になりませんでしたねー。

私はちょっとこれを読む前にパロディ読んでたので、その印象が強すぎて、教授について非常に敏感になっていたので、もうほんと読む気をなくすかもしれんというほど耐え難かった(笑) 案外皆さん気にならないものなのかな? 


> > ただ単に 回転する知的な機械であるからと言われる方が好きです、仕事なしでは空転して壊れるから、と言ってたけどそっちのほうが好きです。
>
> このホームズいいですよね〜!

ホームズ正義の関係って…難しいというか、そのへんがいつも気になっています…


2014/03/27 (Thu) 13:24 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する