スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[感想]マザリンの宝石 - シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)

4102134042シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)
コナン・ドイル 延原 謙
新潮社 1953-10-22

by G-Tools



いつものスタイル以外で書いてありますと、とても嬉しい。
マザリンの宝石」 このお話は三人称!これはこれは!
なんでだ?なぜ三人称だと興味深いのか。
よく考えてみると、つまりワトソンさんを観察できるからだと思われる。
ワトソンさんのことが、もっと知りたいよね!






三人称


三人称であることでそれだけで!新しい発見があって興味深い。
つまりワトソンさんを第三者視点から見れるんだよヤッホイ!むしろもっと書いてくれてもよかったのに。
最後の挨拶も三人称ですが、あれはさらにワトソンさんの描写が少なめだったので、こっちの方がまだ良いかなーと。あれはあれで非常に興味深いですけどね。
三人称以外にもホームズのカッコイイセリフがたくさんあってしびれます。ただ、小道具は前に使ったものだったり空気銃がまた出てきたりして ちょっと ?? だけども。
以下の感想を書いたのちに知ったけどこれは空家の冒険より先に書かれた戯曲「王冠のダイヤモンド」を元にしているそうですね!なるほどこれで納得!すると物語内時系列的に空家に近いかそれより先になるのかな?最後の事件が書かれた後に書かれているようなので、最後の事件より先に起きたと考えた方がいいことになりそうだ。するとメアリーとの結婚生活でしばらくあってないのを拗ねてる(ような気がするだけだが)のかな?そうだとすると、ワトソンさんのお住まいに関しては不思議はなくなるが、蝋人形のことは微妙に…。まあでも何度か使ったことがあると言われればそれでいいか。


ワトソニアンとホームジアン


パスティーシュのレビュー読んでたら意外とワトソニアン(ワトソンさんのファンを呼ぶ呼び方らしい)さんがレビュー書いてるのをちょくちょく見受ける。やっぱ、変人すぎるホームズよりも、優しくて強くて頼り甲斐と純な愛嬌のある友情に厚いワトソンさんの方が好きって人も多いのだろうね!
わたし、私は明らかに奇人変人ホームズ好きなのだけど、ワトソンさんのことももちろん好き。特にワトソンさんがもっと強くてカッコ良いという事実が知りたくてたまらない。つまり例の、自筆では謙遜しすぎるために謎であるワトソンさんの真の実力を知りたいのだ。
ホームズのことはワトソンさんがたくさん書いて教えてくれるけど、自分のことは全然語ってくれないのだから。あ、だからワトソニアンさんたちはワトソンさんをこうして追っかけるのかもしれない。自分の理想を追って?
ホームズは変人だけどあくまでヒーローだからやはりホームズとワトソンさんならホームズのファンの方が多いんでしょうか?どうなのかな?





久しぶりに訪れるのは心うれしいこと
ワトソンさんが何回同居解消してるんだか、わけ分からなくなってくる。三度結婚したとか言われるわけだ。でもな、あのメアリーのと結婚であんだけ拗ねたホームズを何回放置したというのかワトソンさん結構ひどい…いやいや、ホームズ中心に考えてはいけないな。ワトソンさんが普通なだけですからね。何回結婚してもいいさ、こんな変人と同居しっぱなしはおかしいよ。
隠居後のホームズの暮らしのほうが、本来ホームズにあるべき暮らしのような気がします。余計なことを言わない忠実な召使い一人だけ雇っておくという。
まあともかく、ワトソンさんの懐かしそうな様子も、ホームズひとりぼっちな様子も、当然のようすだけどなんか読んでて寂しくなってくる。

陰気な大探偵の孤独と寂しさを慰める
実は無邪気な機転の聞く少年少女はホームズの心を慰めてくれる存在らしいと感じる。ホームズが一番好きなのは人間の無邪気さ、純真さらしい。それにしても孤独で寂しいと三人称で確定されましたホームズ。ワトソンさんがいれば孤独ではなかったのかと言われると妄想的には私はワトソンさんがいても埋められない孤独を持った人だと思うのですが、ワトソンさんがいれば、ずっと気が紛れて、寂しさに落ち込んで行くことはないのだと思う。

(食事は)あさっての七時半に
ホームズの変人な暮らしぶりをワトソンさん以外の方から聞くとなかなか新鮮な気持ちがしてしまいます。ワトソンさんは、あーいつものことだから、と苦笑してそうなのがまた微笑ましい…。

今日はお婆さんでした
女装ついにでたか!今まで読んだ中で女装あったかなあ、なかった気がしたんだけどな。やはり女装も可能なのだな、ただしお婆さんに限る(笑) まさかさすがに、若い女性に変装は(若かったとしても)無理だろう…。
ただ問題はお婆さん…腰が曲がってるにしても少し背が高いお婆さんに…。また背を縮めて疲労困憊してるのかな。

前にも一度こんなものを利用したことが
ということは結構あとなので、やはり何回同居解消してるのかと、ハドソン夫人はご健在だし。変な感じだよな。でもキャラクター分析が結構徹底してて、以前の作を引用することもあるドイルさんがこういうの適当に書くもんでもなかろうと思うからやはりワトソンさんは何度か結婚したことは事実なのだろうね
その度ホームズがなんと言ったやら。しかし白面の〜で、ワトソンくんが自分勝手なことをしたのは一度だけと言ってるから、他の結婚はホームズもちゃんと認めてたのか?ということは、なんかの心変わりや事情で、同居しない方が良いとホームズが考えたのかもしれないなあ。それか丸くなったのかな(笑)

急死さ
ぎょっとなるセリフだなあもう。どんな危険に?なので、死の危険にという回答なんだろうけど。
たしかに、ビリー君が殺されるなんてホームズとしては許せないことだろう。基本的にはみんなを守って見せる!というホームズなんだよなあ。ワトソン君は屈強だからこういう時は少し安心なのだよなあ。しかし、この危険性は空家のときのハドソン夫人もだった気がしますけど?ハドソン夫人はいいんすか?と思ってましたがハドソン夫人どんだけ強いんです?ただもんじゃないと思う

僕がいくらユーモア感覚が鈍いからって
またホームズ一流の皮肉のようだが、こういうとこが微笑ましい。実際はあまりユーモア感覚が鈍いとは言えないと思う、演技に必要だしなあ。演技なしでも皮肉をしょっちゅう駆使するし。でも人が言う冗談は聞いてなさそうな気もする

僕は相変わらずパイプで哀れなタバコをやっているが、いやになってやしないだろうね?
かなり哀れっぽい発言ですが…二人の距離感が感じられるね、時間的な距離も、心の距離を計るホームズの寂しさも。冗談めかしても寂しいんだろ?

消化のために血液を費やせば、それだけ頭脳の方がお留守になるわけだからね。僕は頭脳そのものだ。
ついに頭脳そのもの発言まで出たかと。たしかにご飯食べるとぼーっとするものらしいね。でもちゃんと食べろよ!
脳の栄養はそれでも必要なので、きっと角砂糖をでも食べているのだろう。

ワトソンは正直な顔を心配でぴくぴくさせていた
どんな顔だか見て見たくて仕方ない(笑) 三人称で見たかったのはこういうところです。ワトソンさんはこういうときの自分のことはあっさりとしか書かなくてその心の動きが、推察しかできないからね、すごくホームズを心配してくれてるのはわかってたけど、やっぱりぴくぴくするほど心配してくれてるんだ、うれしいなあ。

ワトソンはつねに活動的である。
三人称でそう言明されるとは思わなかった。相当に勇敢な戦士なのだな! うーんやっぱりワトソンさんはかっこいい!

君の徳性は向上するどころか、うそまでつくようになったのかい?
相変わらず…人の心配をわかっててひどい言い方をするもんだ! それと長い間のブランクを感じさせるセリフだ。やっぱりさみしかったらしい。

いいや、ねえ、きみ、僕の邪魔なんだよ
この歯に衣着せぬひどい拒絶がホームズらしくて萌える。でもホームズの言うことって大概どんなことでも信用できないと思う。自分でも真実と思っているけど、深層ではそうじゃないことは多々あるだろう。いや、このセリフはほんとに真実なのだけども。でも愛情がこもっていると、そうとしか思えない。
そのあとさっくりと丸め込まれて、警察を呼びに行くワトソンさんは、いつもの命令調に反論できなかったのだろうけども、、信頼ね!

覚えているだろう、あの方法を?
意味わからん会話と思ってたけど、そういうわけだったのか。同じ手口を使ったことがあるのかな?

シルヴィアス伯爵との対峙!
ふたりの緊張漲る対峙は、おおー滅多にないほどにかっこいいーー!と思ったのは私だけですか?とにかくホームズの偉そうで嫌味な嘲笑を浮かべた話しぶりがかっこよすぎる!逐一あげると終わらないほど全部痺れた。カードになぞらえるところも、いかにも気取っていてかっこいいし、あなたは完全に板ガラスだ、という催眠暗示めいた発言も痺れる。

まるで悪魔そのもののような男だ
ホームズを褒める時は、悪魔か魔法使いがいいようです。闇に住む者達ばかりですね。たしかにさっと手を出してダイヤを奪い取るホームズは魔法を使う悪魔めいてる。魔神とか魔法の精霊とかなんかそういうアレですね。こないだファウスト(上巻)読んでたのですが、おどけたメフィストフェレスの様子が思い浮かびます(笑) この賛辞を受けて「そんなものかもしれません」と上品な微笑を浮かべるホームズの華麗さがたまりません。大好きだホームズ!

ちかごろ蓄音機というすばらしいものが発明されましたよ
アッサリと一言で済ませるのがまたしびれるじゃないか!と思った。ちかごろ過ぎてトリックとして使えるくらいだったのかなあ?

私はつい茶目ないたずらをする癖がありましてね
ホームズのしてやったり。カントルミヤ卿の前の酷い失礼を見ていないので、あんまりスッキリ気分は私にはなかった(笑) ま、カントルミヤ卿のいうこともある意味当然だろうと思ってたから(笑) 大人げないホームズには ただ一言 かわいい と。




関連記事
スポンサーサイト
[雑談]シャーロック・ホームズ様お誕生日おめでとう | Home | [感想]スリー・クォーターの失踪 - シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)(シャーロック・ホームズの帰還)

コメント

正典も終焉近いでしょうか

初めてワトソニアンの呼称を知ったのは小説の解説からでした。
作者から探偵の引立て、読者のミスリード等の役割も背負わされている為
少々不憫な立場ですし、もっと活躍を望む方がいても不思議ではありません。
映像作品の実はワトソンこそが知恵者でホームズはその隠れ蓑だったとする
「迷探偵シャーロック・ホームズ/最後の冒険」等もその表れかもしれません。
ただ、パスティーシュよりパロディに近い為、「スタートレック」シリーズの後に
「宇宙船レッド・ドワーフ号」を見ても許せる方むけでしょうか。

本記事の「孤独と寂しさ」ですが、良否は別として、ワトソンとの交流と友情が
ホームズを孤高ではなく孤独なのだと知らしめてしまったのかもしれません。
いつか冷める熱同様、相棒と過ごす時が終わり、一人孤独を実感するとしても
それまでの時間や友情には意味があったと信じていたいですね。

正典完読も近い、あるいは当コメントの時点で既にゴールされているかもしれません。
パスティーシュも残されていますが、夢中になった物の最後には喜びと寂しさを感じます。

映像もデヴィッド・スーシェのポワロの様に、グラナダホームズにも
正典を完走してほしかったのですが、ジェレミーさん…残念です。
現代アメリカが舞台、ワトソンが女性、オリジナルストーリー等パスティーシュ物ですが
「Elementary」が割合好評らしいので、地上波放送してくれないかと期待しています。
ただ、ドラッグ依存症からのリハビリ設定…薬物はまるでホームズの影の様です。

悪い記憶より良い記憶、そして感情を伴う程、人はよく覚えているそうです。
ホームズに限らず、好きな作品に熱を持って接する事は、いつか飽きがくるとしても
その後の糧、また良い思い出として振り返る為に必要な事なのかもしれませんね。

この度も長文失礼致しました。

2014/01/05 (Sun) 21:35 | パトラッシュ、僕はもう疲れたよ。 #Uh60rX9Y | URL | 編集
Re: 正典も終焉近いでしょうか

パトラッシュさん>

こんにちは!今年もコメントくださってありがとうございます!

> 少々不憫な立場ですし、もっと活躍を望む方がいても不思議ではありません。
> 映像作品の実はワトソンこそが知恵者でホームズはその隠れ蓑だったとする
> 「迷探偵シャーロック・ホームズ/最後の冒険」等もその表れかもしれません。

気づくとワトソンさんがいかに有能かについて注目してしまっている自分がいます(笑)
ほんとはワトソンさんが天才で小説のホームズが創作と言われてもあんまり驚きませんね(笑)それこそモリアーティ教授のように決して姿も名も気付かれないようにしているほうが 天才っぽいです

> 本記事の「孤独と寂しさ」ですが、良否は別として、ワトソンとの交流と友情が
> ホームズを孤高ではなく孤独なのだと知らしめてしまったのかもしれません。

ああ、ホント、ワトソンさんがいなければ確かに、最初から最後までずっと寂しい思いに気づかなかったかもしれませんね。切ないことです

> 正典完読も近い、あるいは当コメントの時点で既にゴールされているかもしれません。
> パスティーシュも残されていますが、夢中になった物の最後には喜びと寂しさを感じます。

昨夜ついに全部読み終えました~。最後が「隠居絵具師」だったので
なんだか終わったという華やかさがなくてモヤッと感だけ残りましたが…(^_^;)
元からそうなってるんでしょうけどなんだかな~せめてライオンのたてがみあたりで終わってくれたらいいのに



> 現代アメリカが舞台、ワトソンが女性、オリジナルストーリー等パスティーシュ物ですが
> 「Elementary」が割合好評らしいので、地上波放送してくれないかと期待しています。
> ただ、ドラッグ依存症からのリハビリ設定…薬物はまるでホームズの影の様です。

ワトソンさんが女性という説があるとは見たことがありますが実際ドラマにしたら・・・ううーん二人の関係はどうなるのビミョウなところが燃えそうですね(笑)なんかちょっと(感情面が)うまくいかなそうでビクビクするけど(笑)見てみたいです
ドラッグ設定は大好きなのでどんと来いです☆無いと物足りない(笑)
しかしホームズブームなのかたくさん映像作品が、たくさんのホームズがいて脳内が大変です!(笑)


> 悪い記憶より良い記憶、そして感情を伴う程、人はよく覚えているそうです。
> ホームズに限らず、好きな作品に熱を持って接する事は、いつか飽きがくるとしても
> その後の糧、また良い思い出として振り返る為に必要な事なのかもしれませんね。

私はいつも思い入れを入れ込み過ぎて、自分内のイメージを作りすぎて、自業自得ながら振り返りづらいくらいに、逆につらい思い出になるほどになってしまうので、そこが我ながら困ったところです。
ホームズはしかし、世の中にそういう人がたくさんいそうなメジャージャンルだから、まあいいかな(笑)
まだ熱が続いているうちに再読して感想を書きたいなと思ってます、それくらいしかこの熱量を消費するすべが無いです(笑)

改めましてコメント有難うございました!

2014/01/06 (Mon) 09:09 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。