[感想]ホームズ外典・パスティーシュ・パロディのまとめ(随時更新)

いままで読んだホームズの外典・パスティーシュ・パロディものの感想をまとめてみます。

自分もパスティーシュ どれ読もうかといろいろ検索して
まとめのサイトさんに助けられたので、自分でもまとめてみようと思いました。
まだあんまり読んでいませんから、随時更新でいきます。

追記にて。
(2014/03/04更新)




外典


4881357387ドイル傑作選〈1〉ミステリー篇
アーサー・コナン ドイル 北原 尚彦
翔泳社 1999-12

by G-Tools


ドイル傑作選〈1〉ミステリー篇
ドイルさん自身の筆によるホームズ戯曲版2本、ホームズパロディ2本、ホームズっぽい人が出てくる話2本。他にホームズとは関係のないミステリー系のお話がいくつか入っています。特に、かなり長い戯曲版「まだらの紐」は正典との相違点が興味深く、ホームズ大好きなら読んで考察する価値あり。パロディはとても短いホームズとワトソンさんの対話ものが2編で、二人の会話が好きなら楽しい。ホームズっぽい人が出てくる話は、ホームズと関係なくミステリーものとして読んだほうが面白いと思いましたのであまり期待しないほうがいい。
本はハードカバー仕様で大変立派。外典もカバーしておきたいならオススメ。


パスティーシュ・パロディ




4488272010シャーロック・ホームズの秘密ファイル (創元推理文庫)
ジューン トムスン 押田 由紀
東京創元社 1991-05

by G-Tools

シャーロック・ホームズの秘密ファイル (創元推理文庫)
個人的おすすめ度:rating_50.gif(安心品質)
ワトソンによる未公表短編集という体裁の正統派贋作。正典で名前しか出てこない事件を創作しています。正典の雰囲気をあくまで重視しており、独自設定などが出てこない安心して読めるパスティーシュです。正典ほど面白いとは言えないけど、正典の続きと錯覚して楽しむこともできるくらい徹底的な作りに感心します。事情により未公表という設定だけあり、正典にはなさそうなちょっとダークなネタなところもありますが…十分ソフトなほうです。
とりあえず買って、寂しくなった時に読もうと思って翻訳が出てるぶんはシリーズ全購入しました。オススメです。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-822.html




4594002781シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険―ワトスン博士の未発表手記による (扶桑社ミステリー)
ニコラス・メイヤー 田中 融二
扶桑社 1988-05

by G-Tools

シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険―ワトスン博士の未発表手記による (扶桑社ミステリー)
個人的おすすめ度:rating_50.gif(たまらん)
最後の事件・大空白時代はウソだった!というパスティーシュ。例の悪癖のせいでホームズの具合が悪くて、ワトソンさんはホームズを救うために奔走する…という、二人の友情がたまらないお話。終盤ホームズの過去についての独自設定(世界のシャーロキアンによる研究成果を踏襲?)が語られ、なかなか興味深いものがあります。後半は大冒険もありハデさも楽しい。
ホームズとワトソンさんの感情的な部分が描かれるのでとても満足でした。かなり泣けました。オススメ。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-808.html




4594022421ウエスト・エンドの恐怖―ワトスン博士の未発表手記による シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険〈PART2〉 (扶桑社ミステリー)
J.H. ワトスン ニコラス メイヤー
扶桑社 1997-05

by G-Tools

ウエスト・エンドの恐怖―ワトスン博士の未発表手記による シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険〈PART2〉 (扶桑社ミステリー)
個人的おすすめ度:rating_46.gif(いまいち)
素敵な冒険と同じ作者さんによるものですが、内容に続きっぽい要素はほとんどありません。ウエスト・エンドの演劇界の有名人たちを巻き込んで事件が展開。歴史に名を残す有名人たちとホームズが接触するのが醍醐味のようです。けど前作のような冒険的な派手さもあまりないし、ホームズやワトソンさんの人物に切り込む部分もなく、私としては物足りなかった。かなり普通。あんまりオススメではない。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-829.html




4594019277ホワイトチャペルの恐怖〈上〉シャーロック・ホームズ最大の事件 (扶桑社ミステリー)
エドワード・B. ハナ Edward B. Hanna
扶桑社 1996-03

by G-Tools

ホワイトチャペルの恐怖〈上〉シャーロック・ホームズ最大の事件 (扶桑社ミステリー)
個人的おすすめ度:rating_50.gif(活き活きしてる!)
ホームズVS切り裂きジャックもの。三人称。ホームズがとっても活き活きしていて、読んでいて楽しい! 警察関係者なども活き活きしていて好印象。 そしてなによりホームズとワトソンさんが正典以上に仲良し♪ あんまりツンデレじゃないホームズのこの仲良し感は、はじめは違和感→だんだんと居心地よく… ホームズとワトソンさんがとにかく仲良しならそれでいいという方におすすめしたい(笑)緊迫感のある追跡劇は読み応えあり。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-841.html




4594019285ホワイトチャペルの恐怖〈下〉シャーロック・ホームズ最大の事件 (扶桑社ミステリー)
エドワード・B. ハナ Edward B. Hanna
扶桑社 1996-03

by G-Tools

ホワイトチャペルの恐怖〈下〉シャーロック・ホームズ最大の事件 (扶桑社ミステリー)
個人的おすすめ度:rating_48.gif(苦しむホームズ!)
今ひとつ謎めくままの終わり方に不満な人もあるかもということで☆をひとつ減らしたけど、私の楽しみっぷりは充分☆5でした。激しく翻弄されるホームズが見れて、感情に揺り動かされるホームズが見れて、とても満たされた。痛快な内容ではありませんが、苦しむホームズが見たい私にはいい作品でした(笑)いや、事件は極めて謎めいて複雑、彼の感情は非常に深刻です笑い話じゃないです。 読み終わって残った謎をみんなで語り合ったら面白いのではないだろうか…。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-842.html




4336051410シャーロック・ホームズ七つの挑戦
エンリコ・ソリト 天野 泰明
国書刊行会 2009-09-25

by G-Tools

シャーロック・ホームズ七つの挑戦
個人的おすすめ度:rating_48.gif(まあまあ)
セレクションの7本のパスティーシュ短編集。時代も事件も長さもバラエティがありバランスがとれています。未公表原稿タイプの贋作で、内容は真面目な印象です。他パロディより比較的、ホームズの人格を分析しているのが特徴かなと思います、興味深いと思います。有名人ネタが3つあるのが、有名人ネタ嫌いの私としてはどうしても気が乗りませんでした…。有名人ネタが嫌いじゃない方なら安定して楽しめると思う。ハードカバーでデカイ。
客観的には☆4にしたけど、私の印象は3.5くらい…。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-834.html




4488293034ライヘンバッハの奇跡 (シャーロック・ホームズの沈黙) (創元推理文庫)
ジョン・R・キング 夏来 健次
東京創元社 2011-07-11

by G-Tools

ライヘンバッハの奇跡 (シャーロック・ホームズの沈黙) (創元推理文庫)
個人的おすすめ度:rating_48.gif(カッコイイ)
ホームズと幽霊狩人カーナッキのダブル主人公なパロディ。二人力を合わせてモリアーティ教授に挑みますが、なんと教授との戦いでホームズは記憶喪失状態☆どうする!? ダブル主人公ものなので、お話もホームズの推理×カーナッキのオカルトという内容になっており、オカルト要素が結構強いです。文体は一人称が次々変わって、ラノベ風なかんじ。でもそういうライトなところが躍動的でカッコイイ設定に活きている。モリアーティ教授の過去設定がとにかくカッコイイぞ。
結構長いのに気軽に楽しめるラノベ風小説でした。気楽に楽しみたい人にオススメ。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-827.html




4562031514シャーロック・ホームズ クリスマスの依頼人
レジナルド ヒル E.D. ホック ジョン レレンバーグ
原書房 1998-11

by G-Tools

シャーロック・ホームズ クリスマスの依頼人
個人的おすすめ度:rating_46.gif(十人十色クリスマスアンソロ)
クリスマスをテーマにした14話のアンソロジー。ほんわかな話ばかりかとおもいきや、わりとキツイ犯罪も多いので、基本的に大人向け(笑) いろんなテイストが楽しめるので、いくつかは好きな話が見つかるだろうし、それぞれ突っ込みどころや見どころがカラフルで、パロディと割りきって気楽に読めば楽しい。私としては3、4コくらいは好きな話があった。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-856.html




4041104513絹の家 シャーロック・ホームズ
アンソニー・ホロヴィッツ 駒月 雅子
角川書店 2013-04-27

by G-Tools

絹の家 シャーロック・ホームズ
個人的おすすめ度:rating_46.gif(すごく暗いシリアスミステリー)
瀕死の探偵の直後、陰惨で複雑な事件に挑むホームズ&ワトソンさん。テイストが全体的にとにかく陰鬱、陰惨、鬱々として読んだ…後味もじわじわと嫌な感じが残る。でも、主要キャラはバランスよく登場し、驚きの展開や冒険も用意されている。この嫌な気分さえなければ…。悲壮なホームズはかっこいい
客観的に☆4にすべきかと思ったけど、あまそんで評判いいから私は☆3にする。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-835.html




4592860616わが愛しのホームズ
ロヘイズ ピアシー Rohase Piercy
白泉社 1993-03

by G-Tools

わが愛しのホームズ
個人的おすすめ度:rating_46.gif(ツンデレ萌え)
ワトソンさんがホームズに深刻に片思い中の同性愛設定。意外と重くて深刻で鬱々としていてツライ。それに私にはちょっと心理描写が足りず理解不能気味だったので印象はイマイチ。でも冷酷ツンツンのホームズが最後にデレる!のが!見れる!!!ホームズとワトソンさんがラブラブなのがとにかく少しでいいから見たい貴女はとりあえず図書館で読むのは良いのではないかと思います、が、基本的には鬱々なので過度に期待しないように注意です。あと、表紙が恥ずかしいから注意。
読んでた時は混乱してたけど、読み終わったあとでデレなホームズを思い出すと萌える。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-823.html




4798830089ホームズ鬼譚~異次元の色彩 (The Cthulhu Mythos Files 8)
山田 正紀 北原 尚彦 フーゴ・ハル
創土社 2013-09-03

by G-Tools

ホームズ鬼譚~異次元の色彩
個人的おすすめ度:rating_46.gif(オカルトものが許容できるならどうぞ!)
ホームズ×クトゥルー(クトゥルフ神話)というアプローチ。クトゥルーシリーズの本なのですが、充分ホームズがベースになっており、ホームズ好きなだけの私でも楽しめました。オカルトとホームズという組み合わせに拒絶反応な人はムリですが、そんなに問題ないという方なら読んでみてもいいのでは。なかなか奇抜な話もあって興味深い。特に3つめのゲームブックは、迷探偵ワトソンくんの捜査を読み進めるものでとっても可愛かった♪♪ 個人的にはわりと好印象だけど、苦手な人がいそうで人にそれほど勧められないところが問題かな…
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-836.html




4488665012シャーロック・ホームズの宇宙戦争 (創元SF文庫)
マンリー・W・ウェルマン ウェイド・ウェルマン 深町 真理子
東京創元社 1980-06

by G-Tools

シャーロック・ホームズの宇宙戦争 (創元SF文庫)
個人的おすすめ度:―(挫折したため評価不能)
ホームズとチャレンジャー教授がタッグを組んで宇宙(火星人?)の謎に立ち向かう! というお話のよう。主題に心惹かれて買ったけど、とんでもない地雷で18ページしか読めなかった。18ページまででもほんとに辛かった…ホームズはハドソン夫人と内密に恋仲でイチャラブ、ワトソンくんは事情も知らずお出かけ中の除け者感。 この設定が面白そうと思える方はどうぞ…。私にはとてもとても堪えられない。 ちなみにホームズとチャレンジャー教授は既知の仲で互いの実力を認め合っているようで、仲良しだ。そんな二人は悪くない。
いつか気力を振り絞って読むかもしれないけどホントにツライ。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-838.html




B000J87OWUホームズ最後の対決 (1980年) (講談社文庫)
ホール 小林 司
講談社 1980-06

by G-Tools

ホームズ最後の対決 (1980年) (講談社文庫)
個人的おすすめ度:―(あえて評価せず)
VSモリアーティ教授もの。※カバー裏表紙にとんでもないネタバレがあるため見てはいけません※ホームズの真の謎が明かされる物語。賛否は分かれるのではないかと思うが、ネタバレしたくないので詳しくは書きません。ネタバレは絶対厳禁です。激しい衝撃を受けて、ホームズ観がすっかり変化してしまったかもしれない。誰にもおすすめしたくないと思うほど。正典とは別に この作品そもののの大ファンになってしまいました!!! 再読して妄想考察しまくった。
私の詳しい感想:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-843.html
再読感想1:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-848.html
再読感想2:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-849.html
再読感想3:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-850.html
再読感想4:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-851.html
再読感想5:http://kameana.blog64.fc2.com/blog-entry-852.html


私の趣味と判断基準


他様のまとめリストを見ていてほしいと思ったのはその感想を書いた人の趣味傾向。それがわからないと評価をどう捉えたらいいかわかりにくいと思ったので、私の趣味傾向を書いておきます。

○ホームズが大好きホームズ派 ○ホームズの人物像・過去に強い興味 ○ワトソンさんもそりゃ大好きだ、さん付けだ ○推理・ミステリは興味ない(笑) ○感情面に興味がある ○ホームズ好きすぎるのでホームズのロマンスは勘弁して下さい読めない ○とうぜん友情最高 ○冒険が好き ○殺人は好きじゃない ○やっぱり正典やっぱり短編 ○パロディは気軽なほうがいいな ○ファンタジーも来い来い  



関連記事
スポンサーサイト
[感想]ホワイトチャペルの恐怖〈下〉シャーロック・ホームズ最大の事件 (扶桑社ミステリー) | Home | [感想]シャーロック・ホームズの真相 - まだらの紐―ドイル傑作集1 (創元推理文庫)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する