[雑談]ホームズ日記20140210

グラフにしたら谷。テンション↓↓




めっちゃテンションが下がってて、取り留めもない、いつになく更に実のない雑記。

今ほんとに凪のごとく…上がったテンションが一気に下がってて
正典もパロディも読みたい気分ではなく、別な本を読むことにした。
そう、シェイクスピアを読もう(汗)
という状態。放置してたからね、ハムレット。それに早いとこヴェニスの商人を読まなくちゃいけないよ、そうだろう!?状態。ああ、しょうもない。
山あり谷あり落ち着かない。ただ、パロディは結構たくさん買っててまだストックがあります。失われた事件簿と、料理読本と、クリスマスの依頼人…。いつ読もうなあ……はぁ…。




ホームズと私の音楽


ホームズ自身と音楽の関係ではなく、
ホームズといえばどんな音楽のイメージか? というはなし
私はずっとホームズはロックだった! ドスの利いたギターのカッコイイロックだった!MWAMのEmotionsなんかを聴いて妄想していた!まあハマっているときは結構音楽はなんでも行けるんだけど。
ツンツンしたクラシックも悪くはないけどやっぱちょっと違う。ヴァイオリンのイメージもあんまりなかった。19世紀なんてそんなの私には関係ない(笑)
そういえば、映画のテーマ曲は…アレはアレで好きなんだけども、あれはまあ正典には全然イメージに合わない(笑) SHERLOCKのテーマ曲も全然私にはピンと来ない、ハッキリ言ってあれは全然ぴんとこない、大人しすぎる、まとまりすぎてる。
というわけでカッコイイロックだった!

絹の家とかホワイトチャペルの恐怖とかを読んだあとは、悲壮な、もっとヒロイックでメロディアスなロックもいいなと思った。というかそういう気持ちで慰めないと絹の家は辛かったし。
しかしやっぱり最後の対決を読んでからイメージががらっと変わってしまった…。エレクトロな音の入った、爽やかな切ないイメージになってきた。Def TechのMarathonとかがぴったり来た。エレクトロ音だって…!なんということだ。

みんなどんな音楽のイメージを持っているのかな?
 やっぱり優雅な?19世紀的な音楽のイメージを持っているのかな?




ワトソンの謎!


こないだちょっとネットでワトソンさんの年齢を調べてたら大変詳しい研究サイトさんがあってワトソンさんの項目を読んで思った。ワトソンさん謎すぎる(笑)
実はワトソンさんこそ最大の謎なのかも。
ワトソンさんの謎こそ、最後に行き着く根本的な魅力なのか?
ワトソンさんが嘘をついてたらもう全部成り立たない。でもなんだか読んでると、かなりの部分が隠されてるし、修正されている気がしてならないし、ワトソンさんそのものを描くことはあえて避けてる感じが絶対にしてならないし。
ワトソンさんの性格は…という考察を読んで、それがまた人によって異なるのだろうなと思った。
ワトソンさんの性格は…難しいですよね。お調子者と思う部分もあるけど、そうでもないような気もしすぎる、謙遜しまくるために程度がわからない、けどどうやら強いらしい、助っ人として役に立つということは誠実かつ能力が高いに違いない。しかも冒険心が強くて行動的で考えるよりは実行するタイプ。
確実にわかってることは、とにかく、気まぐれでわがままでエラそうでおしゃべりで(黙るときもあるけど)へそ曲がりのホームズに対してものすごい聞き上手なのだということ。性格が妙に合うということ、つまりきっと真逆の性格だということ。物静かで自分の意見を主張することがなく…主張があんまりなく、まあなんでもいいよ系。なんでもいいよ系なのにあんなに一生懸命記録したりホームズを好意的に研究するのが腑に落ちないところですが、心の広い聞き上手じゃない限りはホームズのあの性格には我慢がならないはずだ。いまいち統合できない。
私もホームズみたいにしょうもない自分勝手なタイプなので、こういうタイプに相性が良いのはどんなひとなのか自分の友人をみると分かる、心の広い優しい、物静かで、主張の少ない、常識的な、気の良い人物なのです。その分、私のそういう優しい友人たちは何かを訴えたり作り上げたり入れ込んだりということも少ないというか、一方的な意見主張を発信することや持つことそのものを好まないというか、そんなことを意識することさえ無いというか、とても何かを書くようなタイプじゃないんだな。
ワトソンさんはメモ魔である…とのことだけど(たしかにそうだね怖いよワトソンさん)、その熱意はどこから来てるんだろうって。記者志望だったとか、マローン君みたいな記者だったなら分かるんだけど、なぜ医者のワトソンさんが、ふんわりした聞き上手なのにあんなに熱心にホームズに興味をいだいて研究して功績を広めようとするのか。それほど熱心なファンであるとしか思えない いや、実際熱心なファンなんだよなあ、不思議だ。どうも私の中でイメージがまとまらない(笑)
ホームズも謎でワトソンさんも謎。謎だらけ。
頭が痛くなってきた。

そんなことどうでもいいって? そうなんだけど、そういうの考えるのが好きなんだから仕方ない





最後の対決と、変形してしまった認識


前の記事で感想?を書いた、「最後の対決」…
読んだせいで…私の認識はもう激しく変形してしまったようで、読まなければよかったとさえ思う…今。ああ、読まなければ…。読んでなければまだもっとまともに読めてたのに。
あれを読んだせいで何もかもまっすぐに受け入れられなくなっちゃった気がして仕方ない。参った。
かといってあの作品を責めるわけじゃないもちろん。
他のすべてのパロディや、正典の再読をすべて終わったあとで読むべきだった。
別に私以外の人はそれほどこんなことないと思うんだけどね…。きっとみんなもっとクールにスルーするだろうと思うんだけど。さらっと読んで終わりなんだろうけど。あるいは失笑するのだろうけど。

やっぱりどうしても「最後の対決」についてもう少し語りたいので以下、
混乱しっぱなし自分用の雑記です



私にとってホームズの魅力の大いなるひとつは、「ホームズの謎」だった。なんでそんな行動を取るのか?どんなことを考えてるのか?っていうことを、ツッコミ入れて見ているのが面白かったんです。わからないから面白かった。疑問が残ってるから面白かった。
「最後の対決」は、私が一番魅力的な疑問と思っていたところをほとんど辻褄合わせてしまった。それが 納得できなかったらそれでよかったのに、私にはどうしても納得できてしまった、あんな内容なのに完全に私の趣味に合致してしまったんだもん。もう、疑問が出てきても全部それで説明できてしまいそうなんだもん。
実際、あの設定は完全になしとして(なしに決まってるが)、自分なりに「ホームズの謎」に仮説を立ててみようとちょっと考えてみたんだけど、いまさらできそうもない、とショックをうけた。
ホームズの謎のキーはやっぱりその演技力と嘘つきだと思っている私。もうひとつは仕事への執着。仕事への執着はまあいろいろ考えられるけど、演技と嘘はやっぱりどう考えても…「ただの趣味です」というのはなかなか難しい。あの設定を見た後だとなおそう思う。嘘には理由があるだろう、執着と同じ精神的な理由があるだろう。でも、あの演技力は一体なんなのか。ちょっと別の説が思い浮かばない。似たような説になりそうな気がする。
ホームズには自分がない、同時に、強烈な思い込みがある。
なんとしよう。

私にとって非常に痛快な設定だったんだな。胸焼けしてきた。
ただ、あの説に反論するとすれば、なぜ人間嫌いだったのか、なぜ自分に嘘をついたのかが少し辻褄合わない。きっと人間好きだったはず。いや、まあ確かに本質的には好きなんだけど。自分に嘘をついたのはみんなに嘘をついてるせいなのかな。きっともともとはそういう人物ではなさそうだ、むしろ素直な人物だったはずだ、もともとの人格形成上ではトラウマなんか逆に持ち合わせてなかったんじゃないかな(比較して「損傷」について推測しているところからしても自分は「損傷がなかった」と考えているようだし!改めて驚き)。まあもちろん異常な環境にあったのだろうけど、それは社会的に当然のこととして、精神的報酬も得ていたのだろうから。
正典のホームズのいびつな部分を見ていると、どうしてもやっぱり何かのトラウマを抱えてるんじゃないかなという気がしてくる。興味は尽きないけどどうしても手がかりが足りなくて妄想さえできない。

とにかく納得させられてしまったし、ものすごいカッコ良かったんだ
名前の由来も完全に納得してしまったし、音楽のことも、引退のことも、東風のことも、ショックなほど納得してしまった。あれで完全に納得する自分が客観的に、なんというかほんと夢見がちというか。
でもどうしても好きなんだから仕方ないじゃないか。してほしくないけどあのネタで漫画とか映像化とかしたら絶対おもしろいと思います、ライトなウケが狙えると思う。でもやれないな、時系列的に。最後にしかできないから。
すごい納得したのに他の作品とどうにも相容れない感じがするのも胸焼けの原因。
あ、いやほんとアレ読んで今更ながら「引退」が理解不能だなって気づいたよ。引退したいオーラはあの強烈な執着と矛盾するよねえ…みんなどう考えるんだろう? もちろんほんとはドイルさんの引退させたいオーラなだけなんだけどさ。



もうこの印象が薄れるまで、待つしか無い気がする。

ホームズは少しおやすみして他の本を読もう;;;;
…そうしよう


関連記事
スポンサーサイト
[感想]シャーロック・ホームズ 緋色の研究 (コミック版ルパン&ホームズ) | Home | [感想]ホームズ最後の対決 (1980年) (講談社文庫)

コメント

テンション下がっちゃったんですかー!凪・・・。

ホームズの音楽のイメージ、ロックなんですね♪
何だろう、考えたことなかったですが、クラシック、、、かなぁ?

>ワトソンさんの謎こそ、最後に行き着く根本的な魅力なのか?
うわ、それ、いい!!
ワトソン君、どうなんでしょうねー。
変な人に飢えていたとか?(笑)

2014/02/10 (Mon) 14:09 | みかん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

みかんさん>


> テンション下がっちゃったんですかー!凪・・・。

ちょっとね……予想外の展開が私の中に発生してしまったんだ…
風が止んだ。でもその内側でなにかが燻っています


> ホームズの音楽のイメージ、ロックなんですね♪
> 何だろう、考えたことなかったですが、クラシック、、、かなぁ?

クラシック!どんな曲かな?(*^w^*)知りたい!
自分はくらしっくだと こないだの、バッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 第1楽章:ヴィヴァーチェ」のツンツンぶりがね~イメージです☆
でもまあ基本的にロックな感じでした。


> >ワトソンさんの謎こそ、最後に行き着く根本的な魅力なのか?
> うわ、それ、いい!!
> ワトソン君、どうなんでしょうねー。
> 変な人に飢えていたとか?(笑)

いい反応!やっぱりワトソニアンだね!!(*´ω`*)
どんな人なの?と言われるとかなり難しいと思うんですよね、正典では…常に一人称だから。
変な人に飢えて…って、そんなワトソンさんも変人(笑)
ワトソン論…極めて難しく、興味深い。

あ!もしかしたらワトソンくんはみかんさんみたいな人なのかもしれないな!!!なんとなく!!優しいし、しっかりもので、知的で、ブログも書かれているし。

2014/02/10 (Mon) 15:42 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

なるほどー、ツンツンぶりね☆
うーん、この曲っていうのは決められないけど、とりあえずクラシックではあるかなって感じですかねー。決めたいけど決めようと思うと難しいっ♪

ワトソン君が私みたいだって!?ワトソン君に失礼ですよ!(笑)
あ!でも常識のぶっ飛んだ人に振り回されたことならある!(そしてそれが、心地いいのだ…☆)(笑)

2014/02/12 (Wed) 16:12 | みかん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

みかんさん>

> ワトソン君が私みたいだって!?ワトソン君に失礼ですよ!(笑)
> あ!でも常識のぶっ飛んだ人に振り回されたことならある!(そしてそれが、心地いいのだ…☆)(笑)

やっぱりねっ(・∀・)☆!!
みかん・わとそん氏! 
これからはワトソンくんのことはみかんさんに聞こう(笑)

2014/02/13 (Thu) 09:06 | KMOK #WlAMjTRI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する