[感想]Tales of Purefly - MAN WITH A MISSION

B00HJH7N4STales of Purefly
MAN WITH A MISSION
SMR 2014-03-11

by G-Tools




待ちに待ったアルバムでしたが
これは賛否両論かなあというのが正直な所。

もちろん、かっこいい曲が多いのだけど、
初期に比べると、ずいぶんとこう、変わってきたなあという印象で、
ほんとに今後MWAMはどういう方向に進んでいくのかな?
これからさきが全く未知数になったアルバム、と思うのは私だけでしょうか。

でもそれはこれからのことを考えるからであって、とりあえず格好いいです。






未来はどんなガウガウ


MWAMは、1stアルバムが出たころ?にラジオでFLY AGAINと HASTA LA VISTAを聴いてビビっときまして、これは来るぞ!というか来い!!と、テンションが上がりまくってから、ちょっとファンです。最近は一般にも知名度上がってきたみたいで嬉しいですね!

で、実は私としては、一番好きなノリは、一番最初のWELCOME TO THE NEWWORLDの気がします…1stもいいですけども。2ndも、いいのは良かったんだけど、1stのほうが好きだったかな…、つまり、初期のほうが日本っぽくないワイルドさだな~と思ってた。だんだん日本っぽくなってきたな~と…音楽に詳しくない私の表現力と感覚ではこんな微妙な言い方しかできませんが、そういう印象です。
で、この3rdで決定的に何か、初期の頃と違う方向に突き進んだなと感じました。2ndのときも、少しやりたい方向に舵を切っているみたいなインタビューを見かけた気がしてたんだけども…。ということは、こういうのがMWAMの目指している本当の方向性なのだろうか?

ジャケを見るからに感じるところですが、アルバム全体がストーリーになっていて、ブックレットには物語とイラストが書いてあるという、どこぞのJ-Rock・バンドが以前やってたな、すごい分厚いブックレットで…と思い起こしました。別にそれがダメだというわけではないんだけども、音楽的にも、以前の青春まっしぐらでガウガウで肉食な(?)狼的でダンシンなロックでバリバリというよりは、エモな感じというか…J-Rockの情緒的なというか…日本的なサブカルのテイストが滲み出てきたような気配が感じられて、なんとなく心配…なのです。いや、別にそういうのが悪いものだというわけじゃないんですが、そういうのもアリで、そういうのも好きですけども、MWAMに求めていたわけではないな、というのが正直な所でして。今回のは、こういうのも出来ますという、ちょっとしたバリエーションで、次はまた違うテイストに進んでくれるといいなと、個人的には思っています。

とはいえ、非常に格好いい、大好きな曲が入ってます。今後も応援です!



曲の感想


2. evils fall hit_02.gif
アルバム発売前にyoutubeで聴きまくったら、ケイタイの通信量制限に引っかかったのかものすごく通信速度が遅くなってしまったという思い出深い曲になっちゃった(笑)とっても邪悪な感じが格好いいぞー!特にBメロまじかっこいいほんとかっこいいサビよりいい!! 間奏も不気味な気配がとてもかっこよくてしびれる。 でも歌詞見たら想像してたよりも邪悪じゃなかったのでちょっとがっかりした(笑) 日本語じゃない曲はやっぱり対訳見ないほうがいいな…と思って以降は見るのやめた

3. Wake Myself Again
なんだか驚いた。なんと表現したらいいか…非常に…情景が感じられるというか、こういうシーンに使おうというのがはっきり感じられるというか。立ち上がれ!再び!一敗地に塗れた勇者たちよ不屈の闘志を燃え上がらせろ!という、テンポとメロディ、非情に格好いいです。何かちょっと驚いたのはヒロイックな感じがしすぎて、やっぱり意外だったのかもしれない。特にストリングスの使い方が様になりすぎてて、驚きます。自分でも褒めてるのかよくわからんけど、とにかく完成度が高いです。

4.database feat.TAKUMA(10-FEET)
これはついついシングルをDLで買いました。非ッ常にスピード感に溢れて格好いい曲です。あっという間に終わってしまう印象があるくらい。フィーチャリング曲ということで、なんとなくMWAMらしくないのはそういうことなのかなと思って、あんまり気にしてませんが、聴くほどなんかちょっと違う。まあかっこいいからいいや。ところでこれはNHKのアニメにタイアップされてたんですよね、羨ましいですね。

7. Emotions hit_02.gif hit_02.gif
これもyoutubeで聴きまくって、DL購入した。いや、これも聴いた時びっくりしましたね、どうしたんだ、MWAMこんなアーティストだっけ?ってなったのを思い起こします。こんな悲壮な雰囲気だっけっか?って。もっとあっけらかんとガウガウしてたんじゃなかったのかと。そうはいっても私はこういうのも好きなので、ちょうど聴いてた時こういう曲が聞きたい状況だったので、非常にお気に入りになりましてヘビロテしまくりました。何度聴いても素晴らしく格好いいサビのメロディです!

10. Searching life
どうやら子供にせがまれて仕方なく歌い出すという、とてもおもしろい演出が可愛らしい。それがなくても、印象的な曲です。アコースティックなので素朴な印象を受けますが、メロディだけ聴いてみるとなかなかさっそうとしていてカッコイイなあと思いました。

11. your way
databaseのカップリングだった。ところでこの曲のことではないですが、databaseに入ってた「Green-Tinted Sixties Mind」(カバー曲)がめちゃくちゃ良かったです☆ アレンジが凄く格好いいぞ! あんまりシングルは買ってないんですが、どうやら時にすごくいい曲が入ってるからな…持ってないのだけDLでコンプしようかな?

12. babylon
これはびっくり驚きました、非常に意欲的な曲ですね。普通に気軽に聴くという感じではなくて、ホントにストーリー性を意識したような曲です。曲の雰囲気が移り変わっていきます。進軍・戦闘・そして帰還…というイメージ(歌詞見てないから具体的にはわからないけど)。第一部の固い感じがかっこよくて好きです。

13. Dancing On The Moon
バタバタとダンシンな曲が好きなので、タイトル的に ダンシンなのを期待したんですが、実はかなり、まったりしててちょっと個人的に物足りなかった。ただ、非常に癒される曲ではあります。音使いがなんともいえずまったりしつつ現代的な音が入ってて、すてきにリラックスします。なんというか、ダイナミックかつ、ファンタジックです、光が大爆発するように盛り上がる部分が実に美しく、感動的です。このアルバムはやっぱりファンタジックなんだと思う。これからのMWAMはファンタジーに行っちゃうのかそれとも…。


B00HJH7N4STales of Purefly
MAN WITH A MISSION
SMR 2014-03-11

by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
[感想]新スタートレックを見終わった! | Home | [感想]WONDERFUL WORLD - Rake

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する