[感想とか]ペーパーブランクスとポー様‥

0140511-1.jpg


ペーパーブランクスは、大変立派な装丁のノートを色々出してるブランド。
高級なノートというのが世の中にはあるようですが、その中でもひときわ見た目が豪華な、豪華すぎるほど豪華な、ノートというかもう、豪華装丁古書のような‥本のような見た目です。
上の写真が私の持ってるものですが、ぱっと見てただのノートにはなかなか見えないですよね

私は紙とペンさえあればそれだけで暇をつぶせると思い込んでいるくらいの紙とペン信仰者なのですが、紙やノートにはこだわるほうではありませんで、裏紙、ルーズリーフ、その他なんでもよし、なのですが!
紙にこだわらない故に、書いた紙をなくすという、悲劇的な習性を持っており、それは本当に私の魂にとっては悲劇なのです‥そしてそんな私には、どうやら、無くしたくてもなくしようがないほどデカくて立派なこのような高級ノートが、悲劇を食い止めてくれるということが最近判明したのです。

いや、もとはその目的で買ったんではなくて、見た目の華麗さに惹かれて買っただけなんだけど、たまたま効果も上がることがわかったのです。
で、毎回違うデザインながらペーパーブランクスのノートを買っていまは6冊目くらいかな。

あ、で、ノートの感想としては、たしかに立派な綴りとりっぱな紙で文句なしです。でもま、ただのノートなんで、それ以上の特別な効能を持つものではないですけどもね!マグネットやゴムなどで用意に開かないような仕掛けがあるのと、栞のヒモがついてるってくらいです。 昔のマグネットタイプ(上の写真では緑色のやつ)はちょっと耐久性などに問題を感じましたが、最近のは頑丈そうかなとおもいます。
基本的に私みたいに、安い薄いノートをなくす悲しい癖を持つ人や、見た目の美しい豪華装丁本に憧れを感じる方におすすめします。


1551564300William Shakespeare Wrap: Lined Journal (Embellished Manuscripts)
Paperblanks Book Co
Paperblank Book Co 2005-02-05

by G-Tools



一番最近買ったのが、上のシェイクスピアのデザインです。伝説の作家の直筆原稿を装丁にデザインしているシリーズがありまして、その一つです。
ただのデザインとはいえ、シェイクスピアのノートに下らぬことを書くなどと畏れ多いですから、もともとは買うつもりはなかったのですが、最近シェイクスピア読んでて、名台詞をノートに書き写そうという気になったので、そのために使うことにしました。


さて、それでなんですが、このシリーズにポー様‥
その名は夜空に燦然と輝く エドガー・アラン・ポー様のデザインがありまして


1439714029Poe, Tamerlane Ultra Lined Journal (Embellished Manuscripts)
Hartley & Marks Publishers Inc.
Paperblanks Stationery 2013-09

by G-Tools




最近めっきりポー様に心酔している私としては、
ほ、ほしい‥ほしいが!
ほしいけど、買っても畏れ多くて使えない!!
と、昨日も店頭で葛藤して参りました‥ 何に使えばいいの!?

でもポー様‥ほしい‥


ポー様の美しさ、その影響力の凄まじさにめっきり射ちぬかれた私はとりあえずポー様全集を買い揃えましたがまだ半分も読んでないんですけど、ちょっと読んでもやっぱりすげえ‥そのあまりの美しさに酩酊して足がもつれそうです。
この全集は文庫サイズですが表紙の紙がなんともいえず愛着を感じさせます、デザインのシンプルさとこっそりした偏愛ぶりを滲ませる感もいいです。

4488522017ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)
エドガー・アラン・ポオ 阿部 知二
東京創元社 1974-06-28

by G-Tools



ホームズは割りと人に無理強いして勧めた私ですが(←いつものこと)、ポー様はちょっと勧めようとは思えない‥だが、ほんとうに世に崇敬されるべきお方です。

そういえば、最近わたしはホームズシリーズの翻訳をお遊びでやってますが、著作権切れ作品の文章をデータとして公開しているサイトさん、Project Gutenberg というのがあって、そこにポー様の詩もありました。ポー様の詩を翻訳‥いや、それは プロでもなんだか相当な難儀らしいので、そんなことお遊びにも私ができる気はしないんだが、ポー様の詩を写経のごとく写すなら、ポー様ノートもありかもしれませんね‥。あとはポー様専用感想ノート?それさえ畏れ多い。

詩といえば 詩集もまだ半分も読んでないんだけど、「アル・アーラーフ」のセファリカの花の物語には幻惑されました。なんと、美しい。なんの花のことだ! と調べたら、チコリの花のことらしいですね。たしかになんと美しい幻想的な色の花なのでしょうねえ!!


関連記事
スポンサーサイト
[感想・雑記]EXIT S.H.で読む緋色の研究第一部 | Home | [雑記]ホームズ日記140507

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する