[雑記]ExitS.H.のペーパーバック版を入手した!

IMG_5098.jpg


先日ハードカバー版買ったのだけど、ペーパーバック版も買ってしまいました。
だ、だってハードカバーがあまりにも綺麗すぎて、開くのが申し訳ないくらいで緊張するんだもん。
ハードカバーは多分英国版の初版だと思うのですが、こちらは英国GraftonBooks1987年版のようです。他にもペーパーバック版ってあまそんで検索するといくつか出てきて、いろいろバージョンが有るようですが一番安価なこちらにしました(汗)
だって、なんだかイラストが表紙のペーパーバック版がとんでもないプレミアで衝撃的なお値段になっておりまして…いや、たしかに表紙の絵がよく見てみたいとは思うもののなんであんなにアレ高いんだろうな。絵的にはハードカバー版の絵のほうが名シーンだと思うんだけどな…。

で、これは写真のとおりにけっこうボロかったのにも関わらず実はハードカバー版よりもちょっと高かったくらいでした…日本でも、米英でも、いずれにせよ絶版本なんだな。
中身は想像通りの普通な感じで紙質も悪いし、こういうの見ると日本の本って綺麗で立派だな…と思ってしまうね(笑) 日本の本と違ってやっぱり、長ったらしい後書きやら解説やらそういうのはついてないもんなんだな~。(カバーなどにはちょっとあるようだけど大したこと書いてない)

表紙はつまんないデザインかと思ってたんですが、届いてよく見てみたらなかなかどうして!
帽子はともかくとして(私はこの帽子=ホームズという図式がどうしても好きになれない)、帽子の下になって映っている本、実は「Stage Ways and Means」だっ!!と、いうことは、この写真は、もしかして「地下室」をイメージしてレイアウトされた写真かもしれない!!かなりの確率できっとそうだな!と、感動しました。本の下になってるノートは解像度の低さもあって私には判読不能ですが、書いてあるのが記号だったり、罫線の感じからして実験ノートなのか…な…それとも??とりあえず普通の文章が書かれているノートではないようです。机の上には他に色々汚い化学薬品の瓶みたいなのが林立してたり実験器具っぽいものが散らかっています。裏面も同じセットの写真なのですが、なんと裏面はね~「注射器」が写ってるぞ(笑) …それはだいぶ前にやめたはずでは…。 まあ「地下室」にしては、埃かぶってなくて綺麗ですね。つい最近まで使ってたから机の上だけは綺麗なのかな。

と、表紙だけで充分楽しませていただいちゃいました。

映像化してほしいよな~むりだけどしてほしいよな~
いや、もう絶対にありえないからこそ妄想するんですが。
「カゴ」がどんなかとか、デザインを妄想するだけでも楽しい、かつ、もし映像化するときは「カゴ」作るのがちょっと大変だろうな…と…。見てみたいですね…。この写真も本当はカゴを撮りたかったかもしれないけど、無理だよね予算オーバー。
ハードカバー版の表紙を見つめていて思ったことも色いろあるんだけど、あの絵いいですよね、すごくいいデザインだよね、背景も。ただ、よく見ると背景に「?」マークらしきものが小さくたくさん描かれてるのが疑問でしたが…よく見ないとわからないので気にしない方向で。
私個人的には大好きなウイグモーくんを絵にして欲しいのだけど、夢が壊れるくらいなら妄想にとどめておいたほうがいいなと思った。脳内では勝手にちょっとお茶目な瞳がキラキラしてるイケメンになってるから。フィッシュさんはあえて映像化しなくても脳内でほとんどイメージが出来上がってるのだけどなぜだろう。改めて振り返ってみると、フィッシュさんも好きだな…すごく…と、思うこの頃。ウイグモー&ワトソン+フィッシュというチーム意外と良くないですか?この事件の後でもそういうチームでいろんな事件を解決して欲しい気もする。フィッシュさんを通じて、レストレードとかを使えそうだし(笑)
おお…またも妄想が止まらないのでこのへんで終わりにしておこう…
関連記事
スポンサーサイト
[感想]はてしない物語 | Home | [プレイ感想]シャーロック・ホームズ 10の怪事件(3)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する