[プレイ日記]ポケットモンスター アルファサファイア(3)クリア!

B00NPV2G1Cポケットモンスター アルファサファイア
任天堂 2014-11-21

by G-Tools



さくっとデルタをクリアさせていただきました。

いろいろ思ったような…不満点が多い そんな感想を追記








デルタのその後


アオギリさんがあっさりヒガナさんに負けてしまう展開は、ちょっとガッカリでしたが、まあ、主人公にもあっさり負けてるんだから仕方ないか~…と思ったりするこの頃。主人公、駆け出しトレーナーだったはずなのにいきなりチャンピオンですからね… あいつに太刀打ちできるのはお前しかいない、と言われれば、そーねー…チャンピオンだし…たしかにそうかも…と思いました。っていうかほんとにチャンピオンでいいんでしょうか…。

で、ヒガナさんが明かすメガシンカのひみつ! は、なんかよくわからないので頭にあんまり入ってこなかった…すいません。なにどういうこと? 宇宙からきた? メガシンカは宇宙からきたのか? つまり宇宙エネルギー? 宇宙エネルギーを受けて地球上の生命体も急激に進化したっていうことですかね? 宇宙? ポケモンって宇宙系だったのかな…。

いや、カイオーガとグラードンも地球内部エネルギーみたいなのを取り込もうとしてたり、とりあえず惑星エネルギーみたいなものはポケモンにとっては利用可能なエネルギーだっていうことなのかな。だいたい、生体エネルギーがどうこうとか言ってましたね。ポケモンの生体エネルギーを人間が利用可能なエネルギーに変換できるとか、すごい世界でよくわからなくなってきましたもう…わからん。まあいいや

それで、レックウザはとにかくよくわからないけど惑星の救世主なわけですね。
すごい! そうだったのか! 怖そうな見た目だけど救世主だったのか!(でもハイパーボール1回でつかまえたけど)

主人公にレックウザを使いこなすための訓練として勝負を挑んでくるヒガナさんの全身全霊を込めた必死さが表れた「届け!」というセリフ(だったと思うんだが)、なかなか感動的だったと思いました。ただ、いったいヒガナさんの過去にどれほどの苦悩と悲痛があったのか結局語られないっていうのは残念です。なぜそこで引っ張る必要が? 普通に語っていいんじゃないでしょうか…???(続編を出すから、っていうことなのかもしれませんけど…) 何か深いわけがあるみたいだけど、破滅した平行世界からでも来た子なんでしょうかね? ありそうだけど、平行世界ネタをこんなに盛り込んでしまっていいんだろうか…。

あ、そうそう、バトルの音楽がポケモンとは思えないいまどきのゲーム音楽的な感じでびっくりしました。シリアスな曲でしたね。ヒガナさんの言動にモヤモヤしていなかったら、もっとすごくグッと来たであろう音楽でした…。それから、メガシンカしたレックウザの金色の鎖の表現は美しくてすごく感動しました! これはほんとにかっこいい~☆☆


かっこいいといえば、ミクリさんとの再戦もなんか嬉しかったです。ジムリーダーのミクリじゃなくて、ルネの民ミクリってなっているところも、これはもう本当に魂のぶつかり合いなんだな…という感じがしました。 っていうか、ミロカロスの美しさがやっぱり半端ない! あのずっしりした重量感と優雅な滑らかさといい…素晴らしい…あっさり倒してしまってスイマセン。


で、隕石破壊のイベントについては、爽やか音楽と、あの変なスーツとかのせいでちょっと本気になれんかったのが残念だったのが正直な感想。隕石そのものと、もはやバトルすべきだった!と思うんだけど、ポケモンってそういえばポケモン以外のものと戦闘しちゃいけない暗黙のルールがあるせいかな。いや、そこを破ってでも隕石VSメガレックウザの強制イベント戦闘をやったほうが胸熱だった気がしてならない。。。

隕石とぶつかって隕石がバラバラになりましたけど、あの程度のかけらに割る程度なら、人類もワープとか言う不思議な方法をとらなくてもミサイルぶつけてなんとかできたんじゃないのかな?(この世界、そういう兵器とか無い設定なのかな?)とちょっと思ったり…どうなんでしょうか。直径数キロの隕石だっけ?とにかく地球滅亡レベルの大きさだったんだから、 あの程度割れたくらいでも、それなりに被害が出るのでは…………、もっとばらばらにならないのだろうか…と、かなり不安を感じました。


デオキシス!!


私、デオキシスさんと邂逅するのは初めてでした。
こっ、これがデオキシス!!
音楽は聴いてたんですよ、サントラ持ってて。すごくかっこよくて好きなんですよね、不気味なSF感といい。宇宙生命体感が出ていて! だから感動しました。でも、FRLGのほうが音が固くて、不気味な迫力があるようにも思いました。
いや音楽はまあいいや。

で、なんで隕石から出てくるんだ?! ってほんとにびっくりしました。そういう生物なの?
調べたら、隕石のウィルスが宇宙線で突然変異したとかそういう生物っぽいですが、となりますとこれはたまたま地球に飛来していた隕石についてた奴が進化してたという出会いの瞬間を描いたということで、パラレルワールドだから、これがほんとの始まりだ、っていう感じなのでしょうか???

全然デオキシスさんのこと知らないで見ていた私としては、ええっま、ま、まさかこの生物が隕石を地球に飛来させた真の元凶か? 知的生命体の集合が地球に対して1000年ごとに隕石を送っていたということなのか! 怖い!!!って思ったんですけども……全然関係ないってことでしょうか。そこに意図はないってことでしょうか。

わからないけど、宇宙生物といきなり邂逅、すっごくミステリアスでロマンでこわかったです。
私的には、これはラヴォスとかジェノバ的な、あらゆる世界線の分岐となる諸悪の根源的なヤツなのだと思ったので、ここで封印せねば地球に害が及ぶ!俺が食い止めるッ!!って、さいごにはマスターボールを使用しました(ハイパーボールで粘ったけど諦めた)。そう、出し惜しみする必要もなかった、私はここまでプレイすればあとはやるつもりなかったんですからね…。
ちなみにさほど苦戦もしませんでした。やっぱりレベルが十分上がっていたので。

…んん~でもな、デルタというシナリオタイトルからして、やっぱりデオキシスさんのことを言ってたんじゃないのか。やっぱり奴が諸悪の根源…なのでは…


そのご…そしてバトル?リゾート?


デルタのエンディングは、更にはるかちゃんとのラブラブ度がましていて、もう完全にこれはもはやリア充…圧倒的にデート感を漂わせ、これで、と…友達…普通の友だち…なのか? もうよくわからない……ともだち、だけど、ボーイフレンドガールフレンドであることは確かだった…。 ここまでラブラブな描写があるのは、ポケモンとしては珍しいのでは…というもやもやした印象がありましたが、どうなんでしょうか…。。。。両親もなんかもう、今後とも宜しくお願い致しますとか挨拶してるし、もう婚約確定でしょうか…。

ソウルシルバーをやったときは、最後におうちに帰って、やっぱりなんだかんだで家族の愛…なんだよ!って泣かせてくれたけど、このアルファサファイアは、君とずっと一緒にいたいけど、夜だから帰るね…みたいな、ちょっと家を出ようか考えたいくらいの雰囲気を感じ……たのは私だけでしょうか…。でもお父さんもキッチンに立ってるのはいまどき風だなって思いました。冷蔵庫の前に立って、あの子の好きな…とか…お父さん……なんていいお父さん…TT

レビューではすごい物議をかもしているっぽいバトルリゾートも行ってみました。バトルと聞いただけで、私はもう全然やる気がしません。まったくバトルなんてモチベーションのかけらも感じません(笑) 
行ったらマグマ団の人たちに会いました。えっ、マグマ団って…こ、こういう人たちなの……この幹部の人たち…こ、こういうキャラ設定なの……ってちょっとヒいた……アクア団はバカばっかりだったのに マグマ団ってオタク集団なの…。。サファイアにしてよかった…と思いました。

そこらへんにいる人達も確かに発言が不穏でしたね…好きなポケモンを使ってるようじゃまだまだみたいなことを言われたり… ちょっと10戦くらいはバトルハウス?に挑戦してみたんですが、そっちもなんだか変な対戦相手が多い気がしました。特に、ポケモン廃人になっている女性が、ポケモン好きすぎて家族に見捨てられたけどポケモンがいればいいの…というようなことを言ってて、何これ…怖い…これはさすがにやめてほしい…と思いました。もしかして、そうなっちゃいけないと言いたいのでしょうか? それとも、ブラックジョークなんでしょうか?? 

全般にアマゾンの低評価レビューで言われているような点は 私も同じように感じた…ってのが感想です。



シーキンセツについて


こちらも、かなり不評を買っているようでしたね。私は初めて行った時、なんかわくわくするところだな!と、思いました。ちょっと怖い感じもするな。と思いましたが、海が好きなんで、きれいな海に浮かんだ廃墟ってのは今どきらしい新しい趣向だな、と。

最初はほとんど鍵がかかってて見れなくて、ダイビングを覚えると最後まで散策することができるようになりましたが、うん、なんか段々、ひんやりしてきました。劣悪な労働環境から、働く場を失った男たちの絶望やら、奇妙な視線やら、変な雑誌やら、ポケモンでは今まで感じたことのない気味の悪さが漂っていましたね…。不吉な気配がする。最初の印象と変わって、もう行きたくない感じはしました。

とくに一番驚いたのは先輩後輩が鍵のかかった部屋でなんかしてたところでしたね……これは大丈夫なのか…?って本気で思ったぞ。子供はわからないのでOKってことかな。今のゲームやメディアがこういうことに細かく規制をしすぎるだけで、このくらいの奔放さがあっても問題ないものなのだろうかと考えても見たけど、とりあえず、大人的には、なんか……ショックっていうか…。もともと、これを見る前からこの二人組のデザインじたい、やけにそういう感じで狙って作られてるな、と思ってましたが、ここまでそれらしいセリフを持ってきちゃうとはね…。そういう趣味全開なのですかね…



そういえば、ポケモンでこんなに不満を書いたのは初めてかもしれないですね。
かわいい子供向けの世界観を今後も維持して欲しいと思ってましたけど、時代の流れ的にはもうそれは無理なことなのでしょうかね? 今の子供達は清くて楽しいだけのファンタジーワールドじゃあ満足出来ないっていうのもあるのかな?
ブラックジョークも、それはそれで面白いけど、心底から清らかでいようとする世界で口直ししたい時だってあるじゃない… それはリアルとはいえないのは分かってますけど、虚構だからこそそういう世界に逃避したい時だってあるじゃない…実はそういうの求めてるのは大人の方なのかもしれないな!



てなわけでこれ以上はやりこみする気なし!
クリアってことにさせていただきます、お疲れ様でした! 気が向けば総合的な感想を書きます

B00NPV2G1Cポケットモンスター アルファサファイア
任天堂 2014-11-21

by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ゲームプレイ日記 | ジャンル: ゲーム
[プレイ日記]妖怪ウォッチ(1) | Home | [プレイ日記]ポケットモンスター アルファサファイア(2)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する