[感想]4star2015 4star ensuite Orchestra Concert

4年に一度のゲーム音楽のおまつり、4star2015の感想の続きです。
お昼に八王子に到着した私は、みんなと慌ててファミレスで食事をとって、いちょうホールの公演に行き、その後はまた駅の方に戻ってオリンパスホールの公演へ。

ところがいちょうホールの公演の後、トイレに行った時にいきなりケータイをなくしてしまうアクシデントでマジで焦った!!超焦った!! でも、親切な人が、私がなくしたことに気づく頃にはスタッフさんに届けていてくれたようで、スタッフさんに聞いた途端超速で見つかったという、ありがたや! ほんとにお客の質が高いです、ゲーム音楽系コンサート。

感想は追記で。







ホールについて


いきなりコンサートの感想ではないけど、思い出したから書いておこうと思います。

まず、会場ですが、いろいろな事情とは思いますが、昼からのコンサートとは離れた場所にあり、駅からは行ったり来たりと往復する形になってしまっていました。雨がふらなかったので良い散歩程度でしたが、少し不便はありました。
でも、いちょうホールのほうが駅から遠いし小さめで、なんだか田舎者としてはこころの落ち着くホールだな、という印象です(笑)なんとなく商業ビルの上の方にあるオリンパスホールのほうが、親近感がわかなかったです(笑)
音については、どっちもそんなに不満はなかったですが、やっぱりオリンパスホールのほうが音がいいかんじでしょうか。


名前について


で、これもコンサートとはあんまり関係ない話なのですが、名前について…。
4star2015という名前自体がちょっと分かりにくいなと個人的に思っています。こうしてブログに書くときも、最初に前置きとして「4年に一度のゲーム音楽のお祭」と書かないとなんのことだか全然わからない…。響きとしてはカッコイイ名前だと思うんですが、たとえば「4starゲーム音楽フェス2015」とか、もう見ただけ聞いただけで内容がバッチリ分かる名称にしたほうが、より普及していくことができるのではないかと思います。 ゲーム音楽を知らない方に言う時も、「このあいだ4starに行った」と言っても通じないので、オススメもしづらいし、検索もしづらいと思います。

もうひとつ名前について…。playing works! も ensuite Orchestra も カッコイイんですがやっぱり分かりにくいと思います。まず全部アルファベットなので表記的にもかなり分かりにくい。

たとえばPlaying Mitsuda Works! カッコイイんですが、やっぱり分かりにくい…。プレイング光田康典!とか書いてあるととても分かるんだけどなあ…。英語堪能な方は、worksが作品を意味していて、作曲家の作品そのものにスポットを当てて演奏するという意欲を日本語以上に感じるものがあるのだと思うんですけども…。英語力が低い私みたいな日本人はちょっとあんまりぴんとこないし、調べにくいです。

ensuite Orchestraに関しては正直もはや全然よくわかりませんでした。でも周りの皆がスタッフやら詳しい人やらが多かったので、エンスイートとふつうに言ってて、エンスイートって読むのか~と思ったくらいで…。調べるとこれは英語ではなくフランス語でしょうか。このためだけに結成された合体オケであるっていうようなことを表したいのかな、と思ったのですが、すいませんわかりません。。ふつうに「4starオーケストラ」でもよかったのでは…それともなにか著作権的問題でも生じたのかな…。

細かいことを申し上げましたが、全体的に名前はもう少し読みやすく、検索しやすく、していただけたらもっとやさしいと思います。今後はもうすこしだけ、4starのことを知らない、2083さんのことをしらない、ゲーム音楽コンサートのことを知らない方にも紹介しやすい名前にしていただけたら、嬉しく思います。



4star ensuite Orchestra Concertの感想


いろいろと感動しました。素晴らしい公演でした。2日目、3日目と通して4公演を見ましたが、これが一番感動したシーンが多かったかもしれません。っていうかほんとに岩垂さんカッコ良かったわ☆ あとエミさんほんと最高だわホント!☆ 以上!!!!みたいな!!


STEINS;GATEより
M01:GATE OF STEINER

そういえば私、シュタゲやりましたね、iPadで。サントラも一応持っていたのでちょっとだけ復習して行きました。素直なところを書いておくと、個人的にシュタゲのサントラは、そんなにすごく好きってわけじゃなかったのであんまり聞いてないです。でもゲーム中では演出効果が高い曲が多いなあと思っていました。シュタゲの曲はフルオケ向けな曲ってほとんどない、というイメージでしたが…オケCDも出ているんですね。そのオケ版アレンジ通りの演奏だったってことなんでしょうね。私の率直な感想としては、思った以上に落ち着いてしまって、静かだなあ~という感じでした。音もまろやかに聞こえてきて、あんまりゲームの内容を思い起こさないなあ、と思っていました。もともと曲だけ聴くとこれって結構まじめに切なげな曲なんだよなあ。

M02:Noisy times
あのオタク集団の日常的なテーマがオーケストラ…もうアキバのオタク組織じゃないな!ナチュラルで大自然なキュートさに昇華されている。。と思いました。

M03:Assailant
この曲を持ってくるとは…と、思ったのは私だけ? ま、よく聞いた耳覚えある曲ではあるのですが、不吉感いっぱいでした(笑)

M04:OPERATION SKULD
ゲームをやっていても、ここは音楽的にも盛り上がるシーンでしたね。いつもとちがう曲来てる!って。でも、おもったよりは音量が低めで、もっと盛り上がっても…いや、盛り上がる曲があれば…と感じました。選曲を見てて、シュタゲがいかに人気だったかってことなのかな…と思ったんですが、私としては4曲は多いような気がしました。以降を見ても、4曲演奏されてるゲームはシュタゲだけなんですね。シュタゲがむしろこのコンサートの目玉だったってことなのかな。私としては、頭からシュタゲは4曲通してちょっと暗すぎた印象でした。

M05:prime#919(無限回廊)
舞曲的な感じのするクラシカルな曲。原曲は弦楽四重奏ってことですが、それを感じない素晴らしいオケでした。っていうか無限回廊のサントラ気になってたんですけどまだ聴いてなくて…やっぱり欲しいかも~!私、オケよりも室内楽的な規模のが好きなので、弦楽四重奏とか興味あるんですよね…検討しよう。

M06:来たるべきセカイ(勇者のくせになまいきだ:3D)
前半はかわいらしく、そのあとノスタルジーなメロディになってきてグッと来ました! 冒険らしい盛り上がりで聴き応えあって、ほんとにいい曲ですね、感動しました。同じ作品からの演奏は曲間拍手なしの流れでしたが、これは拍手が鳴っちゃうくらいみんなも盛り上がっていたと思います。この曲を聴いて私は思った。坂本英城さんの曲を全然聴いてない自分はダメなやつだ…と。だからさっそく休憩時間にこの曲の入っているオーケストラ作品集を購入してしまいました!

M07:ファイナル・ギャザリング!(勇者のくせになまいきだ:3D)
ゆうなまは…いつだったか、体験版をプレイして、ぜんっぜんダメで私、ああもうこれは無理だ、私的に。とおもってすっかり諦めました。でもどんな感じのゲームかはおかげで知ってるんですが、この曲はいかにもゆうなまのイメージな感じの曲だなと思いました。戦闘というよりは、競争!ってかんじですね。

M08:「逆転検事2」メドレー~華麗なる組曲~
作曲の岩垂さん自らによる4starのための書き下ろし譜とのことで、否が応でも期待が増す。クールなピアノが御剣を表現するイントロに開廷を思わせる鐘の音(トライアングル)。全体に気品があふれていて、エレガントでクールな御剣らしい曲で、「華麗なる組曲」の副題に恥じない!と思いました。ゲームではそんなに気品を感じるほどじゃなかった…というか、逆転シリーズ自体にさほどエレガントさはないし求められてもいないと思うんですが、元御剣ファンとしてはゲームもこのくらいの気品をもう少し持って頂いてもいいのだよ、検事シリーズなら。と、ちょっと思ったりもするほどでした。メドレーなんですが…あんまり予習してなくて曲が判別できなかったんでスイマセン。しかしちょうかっこいい金管とか、素晴らしく美しいヴァイオリンソロとか、打楽器の迫力とか、本格的なオケで、まるで上質の映画音楽を聴いているかのようでした!!それにオケの皆さんの演奏もよかったし、ホールの音響もいいなと思いました。この日、私の感動はここで最も高まりましたね!! だって岩垂さんの指揮する後ろ姿がこれまたメチャクチャかっこいいもんで…射抜かれました! かっこよすぎです。これが見れただけで至福かもしれないと思いました。
わたし、最近は結構ブログでは遠慮してますが、現実に会場ではかなり辛口なんですが、これが終わったあとは、手放しでブラボーと呟きました。曲を覚えてない私でもこれなので、覚えている方ならもっと感動したと思います!素晴らしかったです! ただ、異議ありとかなんとか言ってたのは…異議あり以外何を言ったか全然分からずかなりポカーンとしました。誰に聞いても、分からなかったと言ってましたが…いったいあれは…。

アンリミテッド:サガより
M09:アンリミテッド:サガ序曲

まさかアンサガとは…なんだか珍しい選曲で驚きました。プレイしてないんですが、サントラはめっちゃ聴きましたね、嫌気が差すほど聴きました。サガの序曲といえばロマサガひとすじなわたしなんで、この曲についてはあんまり思い入れはなかったんですが、ちょっとサントラのイメージよりも元気がないような印象を受けました。オーケストラが大規模すぎるせいなのかな?と思ったり。

聖剣伝説LEGEND OF MANAより
M10:滅びし煌めきの都市

ゲームをやってたときに大変感動した曲ですが、やっぱり名曲扱いでこの頃は割と聞く機会があり珍しいと思わなくなってきてしまったんですが、思った以上に生はいいな~と思わせる演奏でした。ヴァイオリンソロが非常に女性らしくて、この曲はほんと女性的な曲なので、ときめきました。また、生ハープがこれまた魅了されました。もっとハープを聴きたいと思ったなあ~もっと出番増やしてくれてもいいのに~と思ったくらいでした。

M11:彩りの大地
レジェマナの異様な雰囲気が出た曲で、これがオケになるって結構期待してたんだけど、drammaticaでもちょっと期待はずれだった曲。この時もやっぱりいろいろ不満を感じました。私には、この曲の異様な「彩り」や気配は、爆発的に迫ってくるものという印象があるんですが、それがなんかちょっと勢い不足音量不足な感じがする。全体に重たいあたりも彩度が足りない感じがするのかなあ…とか考えてた。

ファイナルファンタジー零式より
M12:我ら来たれリ

零式は…というか最近のスクエニは全然やってないんで、知らない曲でした。プレイしてないので、暗くて重たい曲だ…という印象しか受けなかったスイマセン。

ファイナルファンタジーVIIより
M13:戦う者達
M14:ゴールドソーサー~花火に消された言葉

私、昔FF7大好きでそうとうはまってたんですよね。特に戦う者達はかなり好きな曲でした、むしろすごく好きだったなあ。でも、申し訳ないんですが、その気持を思い出すことができませんでした。アレンジの問題なのかそれとも私の魂が擦り切れたのか。

ニーアゲシュタルト|レプリカントより
M15:光ノ風吹ク丘~カイネ 救済~イニシエノウタ 運命

アイリッシュで爽やかにボーカルが聞こえてきて素敵でした。エミさんの声って中毒性がある魅力的な声だなあと改めて思いました。カイネは、CDで聴いてた以上に発音が美しくて聞き惚れました。プレスタでもニーアを聴いたけど、オケで聴くニーアは最高ですね。エミさんの声の繊細さな質感が引き立てられていて本当に素晴らしかったです。今回のオケ付なイニシエノウタ 運命は、原曲を聴いた時に匹敵するほどの新鮮さを感じました。ニーアの音楽は、エミさんがいてほんとに幸せですね~…。エミさんのおかげほんとに大きいと思う素晴らしい声です~!!
ゲーサン友の会のニーア音楽ファンなぐっさんやみかんさんがこの会場に来てなくて私のような半端なファンが聴いて申し訳ないと思うくらい価値のある演奏でした。全てのニーアファンに聴いて欲しかったです。ほんとに。
そうそう、あと、これらの歌が何語なのかっていう話をしておられて大変興味深かったです!そーだったのかあ~。

ファイナルファンタジー8より
M16:Ending Theme

わ~なつかしい。8のエンディングなんて! よく聞きましたよ。っていうか、なんとエミさんがEyes On Meを歌うなんてもうそれだけで鼻血もんだな!!!と思いました! 黙ってたけど内心ではめっちゃウオオオオオ!!!!ってなってました。ボーカル無しかと思ってたんで、ウオオオオオ!!! フェイ・ウォンの甘い声のジュリアとも違う個性があって、とにかく美しい。清純で清らかで、この感動的なエンディングテーマのアレンジにぴったりで、これまた光の風が吹きます、大変感動しました!! フェイ・ウォンがダメってわけじゃないですよむしろ最上級にすごかったんだけど、だからこそ他の人が歌っても意味なんかないくらいすごかったんだけど、エミさんの歌はそれと匹敵するほどの価値があったと思いました。全く別の価値が。最高でした。歌の後の部分も何度も聴いててカッコイイなあと思って思い入れ深かったので、色々思い起こしてとても楽しかったです。あのロマンティックな終盤なんかねえ…うっとり。

アンコール:FF8バトルメドレー
FF8のオケアルバムを当時よく聞いてたんですが、実はあのアレンジは全体的にあんまり好きじゃなかった。それとも違っていて(たぶん)、今回のアレンジはとてもいいなあと思いました。音も気持ちよく聞こえてきました。ピアノがかっこ良く… ってピアノが谷岡さんだったんですよね、ほんとにびっくりしました。普通にいるし…。そして全体を通して出番、ソロが多かったですね、弾かせちゃえ的なかんじか?!負担大きくないですか?と思いました。谷岡さんの演奏、ほんとうに素晴らしかったです。この曲だけでなく、全体に華やかさをアップさせていたと思いました。



なお、感想を書くのが遅くなってしまい…また、判読不能の自分のメモのせいもあり、不正確な内容かもしれません

関連記事
スポンサーサイト
[プレイ日記]妖怪ウォッチ(3)クリア! | Home | [プレイ日記]妖怪ウォッチ(2)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する