[プレイ日記]妖怪ウォッチ1(5)先生を追いかけて再プレイ

B00CDIHUE6妖怪ウォッチ
レベルファイブ 2013-07-11

by G-Tools



バスターズもレベル上げしないと進めない感じになり、真打も残りの要素を遊ぶのみ、な、ところで、なぜか1を再プレイ。
なぜって、 理科の先生をですね、観察したくてですね…。

という理科の先生日記を追記。ニーズ皆無。









1と2では冴えが違うのだよ


1を再プレイしてみて…わかってはいたことですが、ほんとに2とは色々キャラや設定が違ってるんですよね…。まず主人公とウィスパーの性格があまりにも違う…という致命的な点以外にも、1で言ってた設定がなかったことになっている気がする細かいニュアンスとかを、結構感じていました。

今回はそういうところを気にしながらも、とにかく理科の先生を追っかけまくったのですが、先生はともかくキュウビ様の性格の冴えも、2以降は鈍い!と思いました。なんというか、神秘性を失って一般化してしまった…っていうところが大きい気がするんですけどね…1はいいですよ、ほんとにトリックスターでした。

というわけで以下は 自分用な先生絵日記です


先生を追いかけて絵日記


20150831-18.jpg

私、1回めのプレイの時…第1章で学校に入ることが出来なかったので(そして用務員さんが、夏休みだから先生も来ていないし入れないよと言ってたので)、肝試しのときまで入れるの知らなくってね! というわけで、今回は、最初から章ごとに毎回先生の所に通い詰めです。
最初から先生は普通に理科室にいて(キュウビ様の章では不在)、章ごとに台詞が違うっぽいです。

ところで、一人称…「私」でしたっけっか…。2ではボクだったような気が。先生が微妙に性別不明と思ったのも、この一人称のせいだったのかもしれません。 でもやっぱり再プレイしてみて、明らかに男性だと思います。立っている時の姿勢の感じが男性だと思いますハイ。


20150831-15.jpg

確かに、毎日学校に来てなにしてるんだろう…という疑問。というかどうして先生をやっているのかという疑問もここで回答が得られたという気もします。人間観察したい…の、かな? 桜町で起きている異変について観察したいという可能性もありますけどね。学校は位置的に重要だったっぽいので。



再プレイはとりあえず注目のキュウビ様の章までやったのですが…

20150831-19.jpg

フラワーロードで事件を嗅ぎまわっている先生は、主人公(名前を「せん」にしておりましたあしからず)の心配をしてくれているようだ。ウィスパーの会話の後意味深な真顔で無言を挟んでいたので、ウィスパーに対する警戒心なのだろうか?とも思います。でもウィスパーはあんまり悪いやつっぽく見えないだろうね…。あ、でもな、みんな白い奴らだったからねえ~ ウィスパーもそういえば白いぞ…。

20150831-17.jpg

かげむら医院で独り言を言っているキュウビ様の一人称が「僕」である。
でもたしか、基本は「ボク」だったような。
自由自在ってことで。

20150831-12.jpg

出ました、叩き潰す発言! なんと素晴らしい。
これで守り神とはふつう思えませんけど、妖怪だから攻撃的なのもこんなもんだろうと、普通に受け入れている主人公たち。肝が座っているというか…荒魂みたいなものを直感的に理解しているのかも。

20150831-14.jpg

田舎から出てきて桜町の神であるキュウビにご挨拶したら、妖怪だらけの危険な工事現場に呼び出されたというコマさん…。明らかに気まぐれだ…それは。泣いてるコマさんを楽しむため以外のなにものでもなさそうですが…たまたま主人公たちも同時に呼び出されたので一緒に行ったわけでした。
それでこの言いよう、なんと酷い!素晴らしい! 今このセリフやったらコマさんファンに恨まれそうですね~。1のころは、コマさんの性格も違ってて、天然というよりも弱虫泣き虫要素が強かったみたいです。
でもまあ、キュウビ様の計らいで、こうして主人公たちと試練を乗り越えて強くなったということかもしれませんね!

20150831-16.jpg

おぼろ入道撃破後のキュウビ様のセリフの素晴らしさよ…。大好きです。
このセリフ特に最高です。でも顔画像は、ニヤリ顔にしていただきたかった、なぜ普通顔になってるのだろうかむしろ!
この、自分で手を下さずに、敵の不幸(しかも全部仕組んだ)を嘲笑う残酷さ。実に清々しいまでのS!
その仕組み方も、自分にとって一番面白い見せ物になるように偶発的状況(主人公やコマさん)をうまく織り込んでるわけなんですよね。
なお、おぼろ入道戦前はムービーで華麗なるキュウビ様の哄笑が聞けて私は大変満足でした。

20150831-13.jpg

ここは、ボクになっております。

20150831-1.jpg

そのあとの先生のセリフはこんなことになっている。
今後の展開も予想済みで傍観をバッチリ決め込んでいますね。

ここまでやったらエンディングまで頑張って、先生のセリフを追いかけるべきだろうか…と悩んでいる今日このごろです。



ちなみに博物館まで6~7時間位?だったので、12時間以内でクリアできそうな気がしますね。
1はクエストがサクサクでやりやすいな…と思いました。2のクエストは歯ごたえのあるものばかりになっていて、ストーリー性は上がってたけど、難度高くストレス感じてた…1と比べてしまうとどうしても。

二日間で進めたため、ガチャを回す機会も2回しかなかったので、パーティはあんまり充実してませんが、なみガッパ、オオクワノ神、ワルニャン、バクロ婆、コマさん、と…かげまる? 前回プレイでもお気に入りだったなみガッパが入ってて、威圧感もちのオオクワが入っているので結構充実していますが、ヒーラーが…なので、アイテム回復でなんとか間に合わせて速攻撃破する戦術で来ています。なんか使えるヒーラーが入ってくれるとラクなんだけどな…。

B00CDIHUE6妖怪ウォッチ
レベルファイブ 2013-07-11

by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
[プレイ日記]妖怪ウォッチバスターズ 白犬隊 (4)行き詰まり感 | Home | [感想]妖怪ウォッチ オリジナルサウンドトラック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する